ドイツのインフルエンザや風邪にまつわる6つの豆知識!

ドイツのインフルエンザや風邪にまつわる6つの豆知識!

(flickr By Roger W)

日本ではこの寒い時期、風邪やインフルエンザが大流行していますよね。子供からお年寄りまで外出時にはマスクをし、帰宅すると手洗い・うがいをしてインフルエンザ・風邪予防を怠りません。では、ここドイツでは、インフルエンザや風邪って日本と同じこの時期に流行するのでしょうか?日本と同じようにマスクや手洗いうがいで予防しているのでしょうか?冬にドイツ旅行をしたいあなたはきっと気になっているはずです。そこで今回は、ドイツのインフルエンザや風邪にまつわる6つの豆知識をご紹介します。



 

ドイツのインフルエンザや風邪にまつわる6つの豆知識!

 

1. 流行する病気と時期

ドイツではインフルエンザの事をGrippe(グリッペ)、Erkältung(エアケルトゥング)と言います。主に寒い時期(12月~3月)に流行し、日本と同じようにインフルエンザの集団感染で学校がお休みになることもあります。インフルエンザが流行する前に医者で予防接種を受けることもできます。風邪については、日本と同じように寒い時期だけに特定することはできませんが、街を歩いていれば風邪をひいている人を見かけます。こちらでは、くしゃみをする際、日本のように手で口を覆うことをしません。近くに風邪をひいている人がいる際は、自分から場所を移動することをお勧めします。

 

2. マスク

この時期、日本ではマスクが手放せませんよね。筆者も日本に住んでいた時はそうでした。ここドイツでは、まずマスク姿の人をみかけません。ドイツ人はマスクをしないのです。マスクをしている人は、重度の感染症と思われたり、怪しい・危険な人だと思われてしまいます。また、奇妙に見える事から、笑われたりすることもしばしばあります。私もドイツに来たばかりの頃、マスクにニット帽姿で電車に乗ったら、筆者の周りには誰も座らなかった事があります。日本では、風邪をひいている人達や、予防したい人達のエチケットにもなっているマスクですが、ドイツではなるべくしない方がよさそうですね。

 

3. インフルエンザ・風邪対策

インフルエンザ対策には、予防接種をする人もみかけます。ドイツでは予防接種をしない人もたくさんいるので、受けるかどうかはその人次第といったところでしょうか。日々の対策としては、「手洗い・うがい」ではなく、「手洗い・鼻うがい」を実践しているドイツ人の方が多いのではないかと思います。鼻うがいの方法は以下の通り。

1. 専用の容器にぬるま湯と塩を入れ、塩を溶かす
2. 洗面台の前で少し前かがみになり顔を斜め横に傾ける
3. 片方の鼻の穴から液体を流し込み、反対の鼻の穴から出す

鼻の洗浄ができて、スッキリとしますよ!

 

4. もし病気になってしまったら

もしあなたが病気になってしまったら、すぐ医者に行ってください。ただ、ドイツの病院は予約が必要な場合が多々ありますので、飛び込みの場合は朝一番に行く事をお勧めします。遅く行くと容赦なく診察を断られてしまいます。緊急の場合は各町にある救急センターに行ってくださいね。

 

5. 病気の時にすること、食べるもの

まず、風邪のひき始めには「お茶」。ドラッグストアや薬局に所狭しといろいろな種類のお茶が並んでいます。風邪用、ストレス用、咳用などなど、バラエティーに富んだお茶がたくさん。風邪の時のお勧めはSalbei(セージ)のお茶と飴ですね。ドイツで病気になって病院に行っても、よっぽどの時以外、薬は処方されません。処方されても、喉あめとか、植物性ののどスプレーなど。自然治癒力に任せるのがドイツ流なので、「安静にして良く寝る」というのが一番の薬のようです。私もこちらに来てから、抗生物質を飲んだことがありません。抗生物質は日本のようにどんどん処方されることはありません。風邪で辛い時などは、抗生物質飲んだら早いのにと思うことはありますが、長期的に見たらきっと自然治癒力で治した方がいいのかなと思います。

 

6. 病気という考え方の違い

日本では、本当に辛くなった時に病欠をしますが、ドイツではちょっと喉が痛いとか頭が痛いといったレベルで会社や学校を休みます。ドイツ人は少しでも身体の不調を感じると、もう立派な病気と思うようです。病気のハードルが低いな、と常々思わされますが、初期に身体を休めると、実際治りも早く、苦しい思いもしなくてすみます。会社も3日間までは、自由に休め、3日以上になると医者の証明書が必要になります。この証明書、実はすごく簡単にもらえます。こちらから言わなくても、医者の方から「証明書必要なら書くけど?」と聞いてきてくれることもしばしば。お国柄の違いをこんなところでも垣間見ることができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
インフルエンザや風邪は日本でもドイツでもこの時期には流行します。冬にドイツ旅行を計画しているあなた!せっかくの旅行が風邪の辛い思い出にならないように、体調にはくれぐれも気をつけてくださいね。

 

ドイツのインフルエンザや風邪にまつわる6つの豆知識!

1. 流行する病気と時期
2. マスク
3. インフルエンザ・風邪対策
4. もし病気になってしまったら
5. 病気の時にすること、食べるもの
6. 病気という考え方の違い

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!