ドイツ語の月・曜日を簡単にマスターする6つの法則!

ドイツ語の月・曜日を簡単にマスターする6つの法則!

ドイツ旅行をするときにドイツ語で月や曜日を言えると便利ですよね。レストランやホテルなどの予約もスムーズにできるようになります。日本語とは全く違うので難しく感じるかもしれませんが覚えてしまえば自然と出てくるようになりますよ。そこで今回は、ドイツ語の月や曜日を簡単にマスターする6つの法則をご紹介します。




 

ドイツ語の月・曜日を簡単にマスターする6つの法則!

 

1. 英語とそっくりなドイツ語の月の名前

ドイツ語の月の名前は、英語ととてもよく似ています。発音は違いますが綴りは少し違う程度の差です。また、ドイツ語の場合は文中でも必ず頭文字が大文字で始まります(名詞の頭文字が必ず大文字になるというのはドイツ語のルールです)。1月から12月の綴りと読み方は以下のようになります。

Januar / ヤヌアール / 1月
Februar / フェーブルアール / 2月
März / メルツ / 3月
April / アプリル / 4月
Mai / マイ / 5月
Juni / ユーニ / 6月
Juli / ユーリ / 7月
August / アウグスト / 8月
September / ゼプテンバール / 9月
Oktober / オクトーバー / 10月
November / ノヴェンバー / 11月
Dezember / ディツェンバー / 12月

英語の月の言い方を知っている方は違いを覚えると覚えやすいかもしれませんね。10月(英語ではOctober)と12月(英語ではDecember)は英語を知っていると逆に綴りを間違いやすいので注意が必要です。

 

2. ドイツ語の曜日の名前には規則性がある

ドイツ語の曜日の名前は、月と同じく文中でも必ず頭文字が大文字になります。また「週の真ん中」を意味する水曜日以外はすべての曜日に「tag」が付きます。水曜日と「ユダヤ教の安息日」を表す土曜日以外は北欧神話の神の名前に由来しているんですよ。

Montag / モンターク / 月曜日
月の神マニに由来
Dienstag /ディーンスターク / 火曜日
軍神テュールに由来
Mittwoch / ミットヴォッホ / 水曜日
週の真ん中(Mitte der Woche)の意味
Donnerstag / ドンナスターク / 木曜日
雷神トールに由来
Freitag / フライターク / 金曜日
美、愛、豊穣の神フレイヤに由来
Samstag / ザムスターク / 土曜日
ユダヤ教の安息日の意味
Sontag / ゾンターク / 日曜日太陽の女神ソールに由来

 

3. ドイツ語の曜日と月は略して書くことがある

ドイツ語では曜日と月を略して書くことがあります。頭文字はこの場合も必ず大文字です。最後に「.」(プンクト)をつけるのを忘れないようにしましょう。月の名前では4文字以下の短いものは略しません。曜日は必ず2文字に略します。

▼月の略し方
Januar → Jan.
Februar → Feb.
April → Apr.
August → Aug.
September → Sept.
Oktober → Okt.
November → Nov.
Dezember → Dez.

▼曜日の略し方
Montag → Mo.
Dienstag → Di.
Mittwoch → Mi.
Donnerstag → Do.
Freitag → Fr.
Samstag → Sa.
Sontag → So.

ドイツ語圏の人も普段日付や曜日を書く際には略した形で書くことが多いです。ですので略も覚えておくといいですね。

 

4. 毎日書いて、見て、使って覚えよう

ドイツ語の月や曜日の名前を覚えるのに一番効果的なのは、とにかく繰り返し書いて、見て、使って覚えることです。朝起きたら今日の日付と曜日を書いてみましょう。曜日と月の名前を一覧に書いて、よく見る場所に貼っておくのも効果的です。おすすめなのは手帳やカレンダーをドイツ語の表記があるものを使うことです。日本でも本屋さんなどの手帳コーナーで日付や曜日がドイツ語で書かれたものが簡単に手に入ります。毎日書いたり見たりしているうちに自然に頭に入っていきますよ。

 

5. 口に出したり、歌に合わせて覚えよう

文字と発音を結びつけることで、より記憶に残すことができます。ただ月や曜日を順番につぶやくだけでも効果はありますが、英語にも「ABCの歌」があるように歌に乗せると覚えやすいです。YouTube動画でドイツ語の月や曜日の名前を覚えるための動画を見ることができますので検索してみてください。月の名前は「Monate Lied deutsch」、曜日の名前は「Die Wochentage als Lied」で検索してみると色々と出てきますよ。

 

6. 身の回りの人のお誕生日や記念日で覚えよう

自分に関係のある単語だと覚えやすいですよね。まずは自分や家族、お友達の誕生日をドイツ語で覚えてみてはいかがでしょうか。お誕生日のカードを贈るときにもドイツ語で日付を書くと素敵です。喜ばれること間違いなしですよ。

 



まとめ

いかがでしたか?
ドイツ語の月と曜日の名前を覚えるには、最初は少し時間がかかるかもしれません。でも何回も書いたり、見たり、歌ったりしてしっかりと記憶に定着させれば自然にすらすらと出てくるようになりますよ。日常生活の中で楽しんで使いながら覚えていけるといいですね。

 

ドイツ語の月・曜日を簡単にマスターする6つの法則!

1. 英語とそっくりなドイツ語の月の名前
2. ドイツ語の曜日の名前には規則性がある
3. ドイツ語の曜日と月は略して書くことがある
4. 毎日書いて、見て、使って覚えよう
5. 口に出したり、歌に合わせて覚えよう
6. 身の回りの人のお誕生日や記念日で覚えよう

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!