ドイツの7月、8月、9月おすすめ人気イベント行事特集!

ドイツの7月、8月、9月おすすめ人気イベント行事特集!

ドイツの夏のイベントは実にたくさんあります。と言うのも、ドイツの冬は日照時間がかなり短く、寒くて薄暗い日々が続きますが、夏は日照時間が長く過ごしやすい気候なので、ドイツ人は夏をとても楽しみにしているんです。

そこで今回は、ドイツの夏、7月、8月、9月に開催されるおすすめのイベントをご紹介します!

 

ドイツの7月、8月、9月おすすめ人気イベント行事特集!

 

1. こどもが主役のお祭り「テンツェルフェスト」

「テンツェルフェスト(Tänzelfest)」は、バイエルン州カウフボイレン(Kaufbeuren)で行われるこども祭りです。1497年から続く、バイエルン州最古と言われるこの祭りには、毎年1000人以上のこどもたちが参加します。

このお祭りでは、15世紀の皇帝マクシミリアン1世の来訪を称え、こども達は当時の王様や貴族の仮装をしパレードを行います。こども祭りというだけあって、こども向けのプログラムが充実しています。ソーセージ作りや機織り、パン造りといった様々な職業を体験できるのも、魅力の一つです。

なお、付き添いの大人にはビールの試飲もあるので、子連れファミリーにはぜひ参加してほしいお祭りです! ちなみに2019年の開催は、7月11日~22日です。

2. ワーグナー好きは必見「バイロイト音楽祭」


バイロイト音楽祭(Bayreuther Festspiele)は、ドイツの作曲家であるリヒャルト・ワーグナーの作品のみを上演する世界最大級の音楽祭で、2019年7月25日~8月28日のおよそ1ヶ月間にわたり開催されています。

2019年の演目は、タンホイザー、ローエングリン、パルジファル、トリスタンとイゾルデ、マイスタージンガーです。ワーグナー作品のオペラや楽劇をメインに見ることができます。本場でみるオペラや演奏は、迫力があり圧巻です!バイロイト音楽祭のチケットは、毎年入手困難なので、行く場合はあらかじめ早めにチェックしておく必要があります。

3. 世界最長のビアガーデン「ベルリン国際ビールフェスティバル」


首都ベルリンで行われる「ベルリン国際ビールフェスティバル(International Berlin Beer Festival)」は、世界最長のビアガーデンとしてギネス認定もされたビールの祭典です。2019年の開催は8月2日~4日の3日間となります。ベルリンの大通り「カール=マルクス=アレー(Karl-Marx-Allee)」にて行われ、全長およそ2.2kmに渡ってビアガーデンとなっています。

ビアガーデンには、世界90ヵ国からおよそ350ヶ所のビール醸造所が集結し、2400種類ものビールを楽しむことができます!もちろん、ビールだけでなくソーセージやフライドポテト、ブレッツェルなどの食べ物も販売されており、どれもビールと相性抜群なものばかりです。

会場では、ドイツの民族衣装であるディアンドルやレーダーホーゼをはじめ、各国の民族衣装やコスプレに身を扮した人も多く、まるでカーニバルのような雰囲気も楽しめます。

4. ワイン好きにおすすめ「リューデスハイム ワイン祭り」


8月はドイツ各地でワイン祭りが開催されます。その中でも特におすすめなのが、ドイツワインの有名産地で行われる「リューデスハイム・ワイン祭り(Rüdesheimer Weinfest)」です。

リューデスハイムは高級ドイツワインの産地ラインガウとして知られ、ここで作られたワインはドイツワインの中でもトップレベルの美味しさです。リースリング種やシュペートブルグンダー種をはじめ、様々なドイツワインを思う存分楽しむことができます!

リューデスハイムは、フランクフルトから電車でおよそ1時間の小さな村。フランクフルトからも日帰りで行くことができるので、電車に乗ってライン川沿いのブドウ畑を見ながら行くのがおすすめですよ。2019年の開催は8月15日~19日の5日間です。

5. ライン川中流域で行われる「ラインの火祭り」

Koblenz, Romantischer Rhein 📷 @schoeneskoblenz . Dieses Wochenende findet in Koblenz das jährliche Koblenzer Sommerfest statt. Ein Highlight an diesem Wochenende ist das Feuerwerkspektakel „Rhein in Flammen“ mit seinem atemberaubenden Abschlussfeuerwerk🎆 In unserer Story zeigen wir euch heute Eindrücke von Rhein in Flammen! Also seid gespannt😊 . Teilt über #RLPerleben zum Reposten. . The festival „Koblenzer Sommerfest“ takes place in Koblenz this weekend. One of its highlights is „Rhein in Flammen“ an event with spectacular fireworks🎆 . Tag #romanticgermany to give us permission to repost. . #romanticcities #romantischerrhein #romantischerrheinerleben #visitrhinevalley #visitmiddlerhinevalley #middlerhinevalley #koblenz #koblenzerleben #feuerwerk #firework #festungehrenbreitstein #rheininflammen #rheininflammenkoblenz #rheininflammen2018 #deutscheseck #visitrlp #meinrlp #rheinlandpfalz #rlp #visitgermany #germanytrip #igersgermany #igtravel #travelergram

RLP Erleben | Romantic Germanyさん(@rheinlandpfalzerleben)がシェアした投稿 –


「ラインの火祭り(Rhein in Flammen)」は、ライン川沿いの街で行われる花火大会です。全部で5つの街や村で行われ、5月から9月に渡って開催されます。2019年の開催は以下の通りです。

5月4日:ボン(Bonn)
7月6日:リューデスハイム(Rüdesheim)
8月10日:コブレンツ(Koblenz)
9月14日:オーバーヴェーゼル(Oberwesel)
9月21日:ザンクトゴアハウゼン(St. Goarshausen)

ライン川に輝く花火がとても美しく、毎年多くの観光客を魅了します。 ボンやコブレンツは大きな街なので花火大会でも人がとても多いですが、それ以外の場所はかなり小さな街や村なので、人混みが苦手な方は、リューデスハイム、オーバーヴェーゼル、ザンクトゴアハウゼンをおすすめします。特にこの3つの街は、中世の古城と花火のコラボを見る事ができるので、とても美しいですよ。

1つ注意点としては、花火大会の開始時間が決まっていたとしても、ドイツは日が暮れるのが遅いため、太陽が完全になくなり暗くなってからの開始のため、時間が前後する場合があります。19時開始と書いてあっても、日によっては20時過ぎや21時過ぎになる場合もあるので、注意してください。

6. 中世の世界を味わえる「帝国自由都市フェスティバル」

#ontheblog…..If you happen to be in Germany and want to see the whole town of Rothenburg Ob der Tauber dressed up in medieval costume, re-enacting the towns history, starting today till the 9th is Rothenburg’s Imperial City Festival! ✨ — Every year for three days in September, the whole town celebrates centuries of history during the Imperial city festival. — We got to experience it last year and it was beyond amazing and one of the greatest experiences we’ve had in Germany! It truly felt like going back in time ✨ — I wrote a blog about it awhile back and you can read about our experience during this wonderful festival👉🏼link is in bio! — #rothenburgobdertauber #visitgermany #romanticroad #imperialcityfestival #best_photogram #traveleurope #europe_pics #postcardplaces #flashesofdelight #culturetrip #bestworldpics #travelblogger #traveltribe #familytrip #worldcaptures #travelbug #bucketlistjourney #photooftheday #topeuropephoto #wanderlustfamily #traveldeeper #familytravel #familytravelblog #littleexplorer #littletraveler #letthemexplore #tafriends2018 #familyadventures #kidswhoexplore

Skylar Aria’s Adventuresさん(@skylar_arias_adventures)がシェアした投稿 –


日本人に大人気の観光地ローテンブルク(Rothenburg ob der Tauber)で行われる「帝国自由都市フェスティバル(Imperial City Festival)」は、中世の時代ローテンブルクがハプスブルク家より帝国自由都市の特権を与えられ繁栄したことをモチーフにしたお祭りです。

まるでヨーロッパ中世の世界にタイムスリップしたかのような雰囲気を味わうことができ、メルヘンでおとぎの国のような街並みに、騎士や狙撃兵、農民など中世の衣装を着た人々が街中にたくさん登場します。

また、パレードや三十年戦争をテーマにした歴史劇、花火なども行われ、毎年多くの観光客で賑わいます。2019年の開催は、9月6日から9月8日までです。

 

まとめ

いかがでしたか?
夏に行われるイベントの中でも、特におすすめのものをご紹介しました。ビールやワイン、中世のお祭りなど、どれもドイツらしいイベントばかりですよね。こどもから大人まで楽しめること間違いなしのイベントばかりです。ドイツに旅行される際は、ぜひ行ってみてくださいね。

 

ドイツの7月、8月、9月おすすめ人気イベント行事特集!

1. こどもが主役のお祭り「テンツェルフェスト」

2. ワーグナー好きは必見「バイロイト音楽祭」

3. 世界最長のビアガーデン「ベルリン国際ビールフェスティバル」

4. ワイン好きにおすすめ「リューデスハイム ワイン祭り」

5. ライン川中流域で行われる「ラインの火祭り」

6. 中世の世界を味わえる「帝国自由都市フェスティバル」

 

あなたにおすすめの記事!

タイトルとURLをコピーしました