ベルリンを2泊3日で超快適に観光するおすすめ8つのコツ

ベルリンを2泊3日で超快適に観光するおすすめ8つのコツ

ドイツの首都ベルリン。ここは、観光やショッピング、芸術鑑賞など様々な楽しみ方ができる都市です。首都だから物価も高そうだなと思っているあなた!実はベルリンはとてもお手頃価格で観光できる都市なのです。お得に楽しみながら歴史ある都市を散策できるのもベルリン観光ならではの醍醐味。今回は、ベルリンを2泊3日で超快適に観光するおすすめ8つのコツを伝授します!

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

ベルリンを2泊3日で超快適に観光するおすすめ8つのコツ

 

1. ベルリンに行ったら絶対行くべき観光地

ベルリンは広い。広いからどこへ行っていいのかよく分からない。それでは時間がもったいない!では、是非この7つの場所へ行ってみてください。どれも見ておいて損のない場所ばかりです。

①貫禄ある建物に思わず見入ってしまうベルリン大聖堂
②かの有名なブランデンブルク門
③絶対見たいベルリンのシンボル、テレビ塔
④こんなに美しい広場があるのかと惚れ惚れしてしまうジャダルメンマルクト
⑤ガラス張りのドームを歩いてほしいドイツ連邦議事堂
⑥川の中州にある荘厳な博物館島
⑦ここを見ないとベルリンに行った意味がない!イーストサイドギャラリー。

是非あなたの旅の参考にしてくださいね。

 

2. 100番、200番バスを有効活用!

ベルリンの交通は非常に便利です。地下鉄やSバーン、トラム(路面電車)にももちろん乗っていただきたいのですが、ベルリンの中心地を2階建てバスで悠々と走りつつ、観光地めぐりもできてしまうのが100番、200番バス。乗り方はいたって簡単。1日乗車券か1回乗車券を買うだけ。ちなみに乗車券は券売機又はバスの運転手から買えます。ただし、このバスは結構混みあいます。そして、スリにあったという話もチラホラ。貴重品には十分に気をつけてくださいね!

 

3. ベルリンのローカルフードを堪能する

ベルリナーたちは安くておいしいものが大好き!アレクサンダープラッツにはパラソルを背負ってソーセージを歩き売りする人たちが多くいます。初めて見る人はその姿にビックリすると思いますが、小腹が空いた時などそこでソーセージを買い、食べながらあたりを散策するのもベルリンスタイルです。筆者がお勧めしたいのは、地下鉄のU6、U7のMehringdamm(メーリングダム)駅の近くにあるMustafas Gemüse Kebap(ムスタファの野菜ケバブ)とCurry36。このお店はかなり有名で、行列もできるほどですが、ベルリンにいるのであれば食べてみる価値はあります。2人以上であれは、ハシゴもお勧め!どちらとも量は多めなので、ひとつ買って二人で半分ずつ食べればどちらも堪能できます!ちなみにケバブを注文すると半分にしにくいのでDürüm(Wrap式ケバブ)がお勧め。頼むと半分に切ってくれます。

 

4. ドイツ連邦議事堂は予約を忘れずに!

折角のベルリン旅行、せっかくならあのガラス張りのドームも歩いてみたいですよね。数年前までは並べば入場できたのですが、現在は予約制になりました。運が悪いと数時間並ぶこともあったのですが、予約しておけばその時間に行けばすぐ入れるのでとても快適!公式ウェブサイトから事前予約しておきましょう。また、荷物チェックもあるので、危険物はもちこまないでくださいね。ちなみに入場無料です。

 

5. ホテルの決め方

2泊3日のベルリン旅行。せっかくならナイトライフも楽しみたいのではないのでしょうか。私のお勧めはKreuzberg(クロイツベルク)地区とHackescher Markt(ハッケッシャーマルクト)付近。バーや地元感あふれるレストランやインビスもあり、かなり賑わっています。日中しっかり周って夜はゆっくり寝たいという方には地下鉄、Sバーン、バス、トラム、なんでもいいのでとにかく駅に近いホテルをお勧めします。ベルリンは交通の便の良いところですから、2泊3日を有効活用できますね。

 

6. 美術館は絞ったほうが楽しめる

ベルリンには大きな美術館がたくさんあります。小さい規模のものであれば、1時間ほどで見てまわることができると思いますが、ペルガモン博物館や絵画館などはちゃんとみたら数時間はかかります。せっかくなら、美術館内を歩いてさっと済ますのではなく、ゆっくりと立ち止まって楽しんではいかがでしょうか。きっとさらに思い出深い美術館巡りになることと思います。

 

7. 注意しておきたいこと

日本では考えられませんが、ドイツのスーパーは日曜祝日がお休みです。飲食店以外のお店も日曜祝日は閉まっているので、買い物などしたい方は気をつけてください。平日でも20時まで21時までのお店が大半で、本当にきっかりその時間までしか営業しません(閉店5分前くらいからドアの前に店員が立っているお店もあります)。ただ、中央駅などは例外で、ここのスーパーは日曜祝日も開いています。どうしても困った、欲しいものがあるというあなたは中央駅またはOstbahnhof(オストバーンホッフ)へ行ってみてくださいね。

 

8. 日曜日は蚤の市へ

上記でも紹介しましたが、日曜日はほとんどのお店が閉まってしまいます。そんなときにお勧めなのが蚤の市。ベルリンではいろいろなところで開催されています。大規模なものはマウアーパーク。地下鉄U2のEberswalderstraße(エバースヴァルダー通り)駅から徒歩5分、またはトラムを使えば目の前で下車できます。ここはいつも多くの観光客やベルリナーで賑わっています。軽食なども買えますが、せっかくなので蚤の市を見た後はカフェで一服なんていかがでしょう。Eberswalderstr.の近くにはお洒落なカフェがたくさんあります。お勧めはKauf dich glücklich(カウフ ディッヒ グリュックィッヒ)。コーヒーとワッフル、アイスも美味しく、お値段もお手頃ですよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
2泊3日で快適にベルリン観光を楽しみつくすには、事前の情報収集と観光計画が重要です。“1. ベルリンに行ったら絶対に行くべき観光地“でご紹介したイーストサイドギャラリー以外の場所は全てUnter den Linden(ウンター デン リンデン)通りの近くにあります。1日目はそれを楽しみ、2日目はローカルフード+イーストサイドギャラリーへ行くなど、あなたのお好みのベルリン旅行を考えてみてくださいね。

 

ベルリンを2泊3日で超快適に観光するおすすめ8つのコツ

1. ベルリンに行ったら絶対行くべき観光地
2. 100番、200番バスを有効活用!
3. ベルリンのローカルフードを堪能する
4. ドイツ連邦議事堂は予約を忘れずに!
5. ホテルの決め方
6. 美術館は絞ったほうが楽しめる
7. 注意しておきたいこと
8. 日曜日は蚤の市へ

 

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!

The following two tabs change content below.
英語や韓国語など、他言語の役立つフレーズなどを紹介しています。現地在住ライターによるレアな情報も掲載!世界をもっと、地球をもっと近くに感じられるような役に立つ知識・情報をお伝えしていきます!