カナダ人と国際結婚!海外生活を満喫する9つのコツ

カナダ人と国際結婚!海外生活を満喫する9つのコツ

国際結婚と聞くと自分には縁のないこと…なんて思っていませんか?いまや日本人の30人には1人が外国人の方と結婚していて、国際化につれ今後もこの数は増える傾向です。そんな筆者もカナダ人の旦那さまを持つ国際結婚組みです。今回は、カナダ人と国際結婚して海外生活を満喫する9つのコツをご紹介します。



 

カナダ人と国際結婚!海外生活を満喫する9つのコツ

 

1. カナダ人と言ってもさまざま!

日本は単民族と言われている程、自分の祖先も日本で生まれ育っているなんていう方がほとんどだと思います。しかしカナダは世界でも有数の移民の国です。一言でカナダ人と言っても彼らの祖先はヨーロッパやアジア、南米など様々な国から移民してきている人が殆どです。なのでフランス系カナディアン(両親または祖父母がフランスから移民してきている)や中国系カナディアン、ブラジル系カナディアンなどの表現を良く耳にします。筆者の主人もお父さんがアジアからの移民、お母さんがヨーロッパからの移民のいわゆるハーフですが、れっきとしたカナディアン家族です。

筆者の周りの日本人で国際結婚しているお友達の旦那さまも、トルコ系、イタリア系、中国系にアフリカ系など様々です。みんな違う文化を持つ旦那さまがいるカナダでは、週末になるとそれぞれの旦那さまが自分の母国の料理を持ち寄ってパーティーなどを開きます。そこでは初めて食べる国の料理も沢山あってとっても楽しめます。ぜひカナダで国際結婚した際には世界中の家庭料理を堪能してみましょう。

 

2. どこに行くにも一緒!

日本ではお友達の結婚式や誕生日会は自分だけで行くことが殆どだと思います。しかしカナダではとても“パートナー”というものを大事にしています。なので自分が知らない主人のお友達の結婚式などでも、必ずカップルで参加します。最初は面後くさいなんて思う事もあるかもしれないですが、そこで新しいお友達が出来たり英語の上達にもなるのでとても楽しい時間になる事間違いなしです。何よりパートナーとの二人の思い出も増えて一石二鳥な気分になります。ぜひ積極的に参加しましょう。

 

3. 結婚したら本当の家族になる!

先ほども挙げたパートナーを大事にするのと同じ様に、カナダ人の人は家族の事もとても大事にします。なので義母の誕生日会、義父の誕生日会などファミリーの誕生日には必ずパーティーを開きます。豪華な料理でおもてなしをしなければいけないというよりは、お酒を飲みながらチーズなどをつまみのんびりと家族で過ごすのです。そうしていると自分も本当の家族になったような気分になれます。

 

4. 日本人の友達を作ろう!

もし留学で短期間しかカナダに滞在しないのであれば、外国人の友達しか作らない!という意気込みは素晴らしいと思います。でも、もしあなたが国際結婚をして住む事になったら日本人のお友達を作ることをおすすめします。実際に日本語が全くない生活はとてもストレスになると思います。カナダには沢山の日本人が住んでいます。トロントやバンクーバーなど大きい都市に行けば、日本人の公民館で日本の文化に触れたり映画を上映していたりとお友達を見つけることが出来ると思います。海外に住んでみて改めて日本人のお友達の素晴らしさに気づくこと間違い無しです。

 

5. 結婚?コモンロー?どっちにする!

カナダにはコモンローという制度があります。日本人にはなかなか馴染みのない制度ですが一言で言うと“事実婚”という意味です。この制度は結婚と同等の権利が与えられます。この制度は元々、同性愛の方の為に作られたと言われていますが、今では多くのカナダ人が結婚を選ばずにコモンローという制度にする事も多々あります。生涯コモンローという人もいれば子供が生まれるタイミングで結婚に切り替えるという人もいるようです。それは国際カップルも例外ではなく、日本人×カナダ人カップルでもコモンローを選択する人はいます。ただ、日本ではまだ理解されていない事もありやはり日本人は結婚を選ぶ人が多いです。

 

6. 犬と共に暮らそう!

カナダはとても動物に優しい国です。特に犬を飼っている家庭は多く、筆者自身も犬を飼っています。電車やバスにもケージに入れず普通に乗っています。アパートでも犬を飼える所が多く、夏の公園に行くとあちらこちらに犬がいます。苦手な人には少し大変かもしれないですが、子供の頃にしつけ教室に行っている犬ばかりなので急に噛み付いてきたりする事はないでしょう。もし犬好きであれば飼う事をおすすめします。散歩をしていると犬友達などが出来てそこでも会話の場が広がり英語の勉強にもなるでしょう。そして何より癒してくれるので少し心細いと思った海外生活も乗り切れます。

 

7. 結婚式を挙げよう!

カナダでは結婚をする場合、結婚式を挙げなくてはいけません。日本だったら婚姻届を提出して結婚成立という流れですが、カナダでは神父さんの前で契りを交わさなければいけません。もし盛大に挙げたくない場合は各地にあるシティーホールでささやかな結婚式を挙げることも出来ます。場所にもよりますが大体$200~300(2,3万円程度)です。ここではウエディングドレスを着なくても私服で結婚式を挙げられます。予約さえすれば直ぐに出来るので時間がない人やお金が心配な人には最適かと思います。もしちゃんと結婚式を挙げたいなと思う人には街や大学構内にある教会がお勧めです。宗派の関係もあるので必ず問い合わせて聞いてみましょう。

 

8. 季節ごとのイベントを楽しもう!

カナダには季節毎に様々なイベントがあります。中でも一番イベントが多い季節は夏です。6月~8月まで毎週必ずどこかで何かしらのイベントをしています。カリバナパレードと言ってブラジルのサンバパレードは中でも人気のようです。またドッグショーや航空ショー、ガレージセールなど自分の家の使わない商品を売ったり買ったりするイベントなど毎日楽しいです。冬はサンタクロースパレードもあり、日本とは一味違う一年が過ごせるのではないでしょうか?

 

9. 日本人である事に誇りを持とう!

日本に住んでいた時に、筆者を始め周りの友達もみな海外に憧れていました。外国人が格好良く見えたり何で日本人は目が小さいのか。。など考えた事もありました。しかしカナダに来てみると多くのカナダ人の人々は口を揃えて“日本が大好き”“日本人になりたい”“日本食最高”と言ってくれます。日本人は礼儀正しく、丁寧で、賢いと言うのがカナダ人のイメージの様です。ジャパセン(ジャパニーズ専門)と言って、日本人と結婚したいなんて人も良く見かけます。現に、日本人と国際結婚している人々は日本人の私たちよりも日本の事が詳しく、そして好きでいてくれています。海外に住んでみて改めて日本の素晴らしさに気づきました。外国人が相手だからって小さくなる事無く、日本人としての誇りを持って生活する事が一番大事だと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はカナダ人と国際結婚して海外生活を満喫する9つのコツをご紹介しました。海外で暮らすと言うことは確かに大変な事も沢山あります。ですがそんな事を忘れる位、楽しくてハッピーな毎日でもあります。国は違えど同じ人間です。必ず通じ合える部分は沢山あります。日本人であるという事に誇りを持ちながら国際結婚を楽しんでください。

 

カナダ人と国際結婚!海外生活を満喫する9つのコツ

1. カナダ人と言ってもさまざま!
2. どこに行くにも一緒!
3. 結婚したら本当の家族になる!
4. 日本人の友達を作ろう!
5. 結婚?コモンロー?どっちにする!
6. 犬と共に暮らそう!
7. 結婚式を挙げよう!
8. 季節ごとのイベントを楽しもう!
9. 日本人である事に誇りを持とう!

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!