台湾のクレジットカード事情!使えない場所など7つの注意事項!

台湾のクレジットカード事情!使えない場所など7つの注意事項!

格安航空会社が増え身近になった台湾。ちょっとしたご褒美に一度は行ってみたいと思う人は多いと思います。ただ、旅行で多額のお金を持って歩き回りたくない人もいますよね。そこで気になるのが、現地でクレジットカードが使えるかどうかです。

そこで今回は、台湾のどんなところでクレジットカードが使えるのか、どんなところでは使えないのか、困ったときに役立つちょっとしたフレーズを紹介していきます。

 

台湾のクレジットカード事情!使えない場所など7つの注意事項!

 

1. クレジットカードが使える場所

台湾のクレジットカード事情!使えない場所など7つの注意事項!1

鼎泰豊、高記などのレストラン、ホテルなどの宿泊施設はクレジットカードが使えます。その他、101などの大型商業施設、大きめのスーパー、最近はカフェ店などでも利用できます。

2. クレジットカードが使えない場所

台湾のクレジットカード事情!使えない場所など7つの注意事項!2

台湾にはたくさん魅力的な場所があります。その代表として朝市や夜市などがあります。でも残念ながら朝市や夜市などの市場など昔ながらおお店は使えないことが多いです。その他、マッサージ屋さん、交通機関、タピオカミルク店などの小さい店舗でも一部使えないところがあります。

3. クレジットカードをが使えるかどうか確認する場合

クレジットカードが使えるかどうか聞きたくてもわからなかったら、不安ですよね。その時、クレジットカードを使えるかどうかは「可不可以刷信用卡?(クブクーイ シュアー シンヨンカー)」と聞いてみてください。そうすればお店の人も理解してくれて、お店の人は可以(クーイ)/不可以(ブクーイ)と答えてくれますよ。

ちなみに可以(クーイ)は使えるという意味で、不可以(ブクーイ)は使えないという意味なので、注意深く聞いてみてください。

4. 台湾で使えるクレジットカード

主にVISA、JCB、MasterCardなど、大手ブランドであればほとんど使えます。台湾でJCBのクレジットカードを使うなら割引料金になったりして、うれしい特典もあります。ショッピングや観光を楽しむ場合、一枚あってもいいかもしれませんね!万が一の場合に備え、何種類がクレジットカードを持っていくとさらに安心です。

5. 台湾の交通機関でカードは使えるか

「台湾の悠遊カードがもっと便利に」 近くて気軽に旅行できる海外として人気の高い台湾。何しろ日本語を話せる人が多いし漢字文化圏なので韓国よりも初心者は迷わない。それに、あちこちにファミリーマートやセブン-イレブンなど日本のチェーンもいっぱい。一種、国内旅行の安心感で、楽しめる海外である。 そんな台湾旅行の時に、誰もが必ず買う物といえば「悠遊カード(ヨウヨウカー・イージーカード)」だ。SuicaやPASMOと同じ交通系ICカードとして、もっとも普及しているものである。 もともとは、台北を中心とした地域限定カードだったのだが、近年では台湾全土に利用できる地域が広がっている。 そんなカードが、10月からさらに使いやすくなる。外国人向けに旅行者が自分の国で発行されたクレジットカードでチャージできるようになったのである。 台湾ではクレジットカード一体型のものもあるが、外国人が利用する場合には駅やコンビニなどでチャージする必要があった。その手間が省けることで、何度も台湾を訪れている人は、前回の訪問時に購入した悠遊カードを、次の訪問時にチャージしてから入国することもできるわけだ。実に、この悠遊カードは日本のものよりも格段に便利である。まず何よりもデザインが日本よりも自由すぎる。日本でも各種のデザインをプリントした交通系ICカードはある。でも、台湾の場合、もはやカードの形すらしていないものも。キャラクターの形をしたキーホルダータイプがあるかと思えば、腕時計と一体化しているものもある。要は、ICチップが読み取れるならば、なんでも構わないというわけだ。 そして、悠遊カードを使うとオトクなサービスもたくさん。専用のスマホアプリをインストールしておくと各種のキャンペーンを教えてくれるのだが、ファミマのおにぎりが二割引きとか、ケンタッキーなどで特別価格。さらに、各種イベントの入場料の割引きサービスなども。とにかく日本よりも格段に利用した場合の特典が充実している。 なので、小銭が貯まったらチャージしておけば、コンビニで使えて、より便利に。 そして、メインの地下鉄やバスも現金より格段に安くなるというのである。 先日、久しぶりに台湾を訪問した筆者だが、日本の交通系ICカードに比べて、そのオトク感に感涙した。 Easy cards in Taiwan can be charged with credit card issued in their own country. #台湾 #Taiwan #悠遊カード #悠遊card

cheさん(@cheshinche)がシェアした投稿 –


台湾の公共の乗り物にはタクシー、バス、捷運MRT(台湾の地下鉄)では使えません。ただ、特急、新幹線を用いるときはクレジットカードが使えます。台湾にも、日本でいうSuicaのようなものがあり、悠遊カード(ヨウヨウカー)と言います。

悠遊カードは台湾で使える交通系ICカードで、台湾人のほとんどがそのカードを使っています。悠遊カードはコンビニや台湾の地下鉄「MRT捷運」にて販売されています。その都度乗車券を払うより安くなりますし、何より便利です。今後何回も台湾へ旅行する人は、ぜひ入手しておくことをおすすめします。

台湾の交通事情については以下に詳しくまとめましたので、合わせて読んでみてください。

台湾のタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!
(Tomás Fano) 台湾を個人やお友達同士で旅行することになったら、現地での移動手段はどうするか、また現地のタクシーなどの交通手段は何がおすすめか気になりますよね。台湾の交通事情は比較的良好ですが、旅行前にいくつか知っておきたいポイントがあります。そこで今回は、現地在住の筆者が、タクシーや電車などの交通料金...

6. クレジットカードを持つ際の注意点

どんなに治安がいいといっても、スリなどには注意しましょう。ある友人はコートのポケットにiPhoneを入れていたところ、何者かによってすられていました。できるだけポケットはファスナーがあれば閉めておき、かつ肌身離さず持っておくようにしましょう。

もし盗難などにあった場合はすぐに警察に伝えてください。「我被偷盗了信用卡(ウォー ベイ トウダオラ シンヨンカー)私のクレジットカードが盗まれました」と言えば、警察官も助けてくれると思います。また、無くなったのが分かった時点でクレジットカード会社に連絡し利用停止対応をしましょう。

7. クレジットカードのその他良いところ

クレジットカードには海外旅行傷害保険がついています。クレジットカードに含まれている保険には、死亡・後遺障害、疾病治療費用、傷害賠償責任、携帯品損傷、援助者費用が含まれています。こうした保険が付いてくるなら安心ですよね。

しかし、カードによっては保険が降りる条件や金額が違います。クレジットカードを持っているだけで適用される自動付帯型なのか旅行費用にカードを使って適用される利用付帯型なのかも違ってくるので、よく注意してください。

また、クレジットカードの種類によってはATMでお金を降ろすことができるキャッシング機能もあります。もし現金が必要になったとき、現金通貨を必要な分だけ降ろすことができるのは安心ですよね。現金を降ろすときは周囲をよく確認して、荷物の忘れ物に注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
最近台湾でもクレジットカードがどんどん普及してきています。今は使えるとことが限られているかもしれませんが、これから使えるところが増えると思います。でも、持っていることに越したことはないと思います。

台湾の屋台にはおいしい食べ物がたくさんあり、果物の小売店もいっぱいあります。レトロなカフェ店もたくさんあります。台湾を満喫するなら、現金とクレジットカード両方持つことをおすすめします。あなたの台湾旅行が楽しいものになりますように。你的旅行快樂!!

 

台湾のクレジットカード事情!使えない場所など7つの注意事項!

1. クレジットカードが使える場所

2. クレジットカードが使えない場所

3. クレジットカードをが使えるかどうか確認する場合

4. 台湾で使えるクレジットカード

5. 台湾の交通機関でカードは使えるか

6. クレジットカードを持つ際の注意点

7. クレジットカードのその他良いところ

 


あなたにおすすめの記事!