ロシア・ペテルブルグのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき8つの事!

ロシア・ペテルブルグのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき8つの事!

(Lassi Kurkijärvi)

ロシアのペテルブルグへ旅行となると不安なのが、現地での移動手段や観光がスムーズに出来るのかということではないでしょうか。英語が通じないというイメージのロシアで、タクシーと交渉したりバスや電車のチケットを買ったりするのは少し大変です。

そこで今回は、ペテルブルグを愛してやまない現地在住の筆者が、ロシアの観光地ペテルブルグでのおすすめ移動手段をご紹介します。実はペテルブルグはロシアの中でも最も観光におすすめできる街です。本記事では、その移動手段や観光方法など、よりペテルブルグ旅行を楽しんでいただくための技を解説いたします。

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

ロシア・ペテルブルグのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき8つの事!

 

1. サンクトペテルブルグの空港から市内へはバスかタクシーの2択

ロシア・ペテルブルグのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき8つの事!バス

(Jinhee Kim)

残念ながら2018年現在、サンクトペテルブルグにはモスクワにおけるアエロエクスプレスのような空港直結の鉄道駅はありません。空港⇔市内間の移動手段はバスかタクシーになります。バスにはエクスプレスバス(К-800)、市バス(39、39Э)、マルシュルートカがあります。約15分間隔で運行し、どれも地下鉄2号線マスコフスカヤ駅まで所要約20分です。運賃も40~50ルーブルとお得ですが、大きい荷物はプラス料金がかかります。お金はバスの中を巡回してくるおばちゃんに直接支払います。

またバスが到着するマスコフスカヤ駅は空港に一番近いメトロの駅があるところであり、街の中心部ではないので、そこからメトロに乗って目的の駅まで移動することになります。

 

2. 空港からタクシーなら、白タクとのトラブルに要注意!

タクシーの場合は、出口を出ると白タクの運転手がたむろして客引きしています。ですが、できれば出口に行く前に、空港内で正規のタクシーを予約しましょう。タクシー予約窓口の人に場所を伝えれば確実に目的地まで連れて行ってくれますし、値段も事前に決まるので安心です。

金額は2018年現在2000ルーブル(約4000円)と、高めですが、白タクでのトラブルは後を絶ちませんので、何よりも安全第一に正規タクシーが確実です。スーツケースを持っての移動は想像以上に大変なので、直でホテルまで行けることを考えるとバスよりもタクシーが良いかもしれません。

また市内でタクシーを使う場合には、アプリで予約がおすすめです。詳しくは「ロシア・モスクワのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!」をご覧ください。

 

3. メトロの切符はコイン型!とっても便利な一律料金!

ロシア・ペテルブルグのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき8つの事!メトロ

(matúš pajor)

ペテルブルグのメトロはどこまで乗っても一律料金45ルーブルです。(2018年現在)改札前の窓口で必要な分のジェトンを購入します。ジェトンを改札に入れるとゲートが開きます。ジェトンは戻ってきませんが、出口では必要ないのでご心配なく♪

毎回購入するのが面倒ならチャージ式のICカードタイプを購入することも可能です。チャージは改札前の機械もしくは窓口の係員にお願いしましょう。残念ながら駅はスリ等の温床でもあります…。駅窓口での行列や深く長いエスカレーターでは常に自分の持ち物や周りの様子に注意を払っていてください。

 

4. 世界遺産の町並みは、歩いて散策がおすすめ!バスもうまく活用しましょう

ロシア・ペテルブルグのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき8つの事!街並み

(Pasquale Paolo Cardo)

モスクワと違い、見どころが街の中心部に凝縮しているのがペテルブルグのいいところ!気候のいい季節なら、ネフスキー大通り周辺を歩いて散策してみてください。小道に入ってみたり、気まぐれに川沿いを歩いてみたり、帝政ロシアの時代からのいろいろな表情が街のそこかしこに残っていてロシアの歴史を肌で感じられるはずです。普通の住居の壁に何か記念プレートのようなものを見かけたらぜひじっくりご覧ください。ドストエフスキーやプーシキンなど偉人たちゆかりの建物であることが記されておりとても興味深いです。

とはいえ、ネフスキー大通りの端にあるエルミタージュ美術館から逆の端にあるアレクサンドラネフスキー修道院までは約5キロ。歩くのがしんどくなってきたら迷わずバスに乗りましょう!ネフスキー沿いを通るバスはたいていモスクワ駅まではまっすぐ進みます。その先はルートが分かれることもありますが、「あっ、曲がったな。」と思ったら降りてまたネフスキーまで戻ればOKです。ただバスは急いでいるときにはおすすめできません…。停留所の時刻表はあってないような状態ですし、渋滞も頻繁にあり、はまると全く進めなくなります。

 

5. バス、マルシュルートカでは独特の支払い方法!

ロシア・ペテルブルグのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき8つの事!マルシュルートカ

(Emi Jane)

空港からのバス同様、市内バスはバス内に常駐しているおばちゃんに直接支払い、料金と引き換えに小さな切符をもらいます。これが何ともロシアらしいので、ぜひ一度体験していただきたいです!どんなに混雑していてもおばちゃんはバスの中を行ったり来たり、乗降口にも目を光らせていますが、時にはおばちゃんが自分のところにたどり着く前に停留所に着いてしまうことも…。予期せぬ無賃乗車でハラハラするくらいなら、乗ってすぐおばちゃんに払いに行く方が気楽かもしれません。バスによってはメトロと共通のICカードを車内の機械にタッチして支払うことも可能です。

また、小型バスである「マルシュルートカ」を使う場合は、小銭を用意しておいた方が良いです。というのも、マルシュルートカの支払いは乗客同士で前後の人にお金を渡すバケツリレー方式で運転手さんまで届けるのです。お釣りは逆のルートで戻ってくることになります。お釣りが戻ってくるまでそわそわしてしまいますよね。

 

6. シティバスやボートで見どころを一挙に満喫!

ロシア・ペテルブルグのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき8つの事!シティバス

(Alexxx Malev)

短い時間でペテルブルグの見どころを網羅したい方におすすめなのが、街を一周するシティバス。バスは2社が展開しており、ルートやスケジュールが異なります。観光案内所(エルミタージュ美術館の前の宮殿広場等主な観光地の近くにある)に行けば、シティバスのスケジュールやチケット購入ができます。チケットはオンラインでも購入可能です。

シティバスはなんと日本語ガイド付き!約2時間座っている間に街の歴史などを学べる優れものです。白夜の季節は水上観光にトライしてみてください。なんとこちらもモイカ川沿いのケンピンスキー前から出る船など日本語ガイドがある船も登場しています。ただ日本語ガイドがあるような船の場合他の珍しい言語もあったりして予約でいっぱいのこともあるので事前にチェックしてみてくださいね。

 

7. サンクトペテルブルグから鉄道の旅

ロシア・ペテルブルグのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき8つの事!鉄道

(Vinci71)

ロシアと言えばシベリア鉄道ですよね。憧れるけどそんなに長い日程は難しい…という方はモスクワ⇔ペテルブルグ間を寝台列車で移動するというのもなかなか味があっていいかもしれません。一晩かけて移動する寝台だけではなく、サプサンという特急もあります。

またペテルブルグはいろんな国との玄関口。寝台や高速鉄道で行ける国も意外といろいろあるんです。特にお勧めはフィンランドのヘルシンキへの電車の旅!とても快適な高速鉄道で3~4時間で行けちゃいます。おまけに電車の中で座席に座ったままパスポートや税関チェックも済んでしまうので楽ちんです。海外に出てまたロシアに戻る予定の場合はビザに要注意です!2度(もしくは複数回)入国出来るビザを取得しておく必要があります。ロシアの鉄道駅の名前は変わっていて、その駅からでる列車の終着地の名前が駅名になっています。つまり、ペテルブルグ発―モスクワ行きの列車に乗りたければ、ペテルブルグにある「モスクワ駅」から乗車、ペテルブルグ発―ヘルシンキ行きの列車は「フィンランド駅」からという具合です。

ちなみにモスクワ発―ペテルブルグ行きの列車はペテルブルグの古い名称である「レニングラード駅」から乗車することになりますので注意してくださいね。

 

8. 犯罪に巻き込まれないために

実はペテルブルグでは在住者には有名なスリが特に多発している場所と言うのがあります。それをいくつかご紹介させていただきます。

(1)カザン聖堂、ドムクニーギ前の横断歩道
ここはそもそも歩行者用信号の待ち時間が長いうえに、目を奪われる美しさの建物が向かい合っており写真を撮ろうと立ち止まる人も多く非常に混雑する場所です。特に我々日本人は日常でスリを気にした生活をする必要がないことから気付いたらかばんが後ろ側にあったり、貴重品をポケットに入れていたり…。ぜひこの場所に立ったら自分の持ち物に注意を向けていただきたいです。

(2)ネフスキー通りとその近くの細道
やはり観光客が多いということでこの周辺はスリの被害も多くなっています。何か売りつけようと数名で取り囲もうとして来たり、道を尋ねるそぶりをして地図を目の前に広げてきたりする輩はほぼスリです。すぐにその場を立ち去りましょう。

(3)ペテルゴフ宮殿の噴水周辺等
特に観光客が集まり、その美しさに夢中になっている場所は当然ですが狙われやすいです。隣で楽しそうに噴水を見ていて目があったら微笑んできた人が実はスリだった…という苦い経験が私にもあります。

(4)夜道
夜の暗い道は極力歩かない方が賢明です。大通りは明るくても、細い道に入ってホテルまでのほんの数メートルで暴漢に襲われる…と言うこともあるようです。こんなことを書いてしまうと旅行が怖くなってしまうかもしれませんが、備えあれば憂いなし。少しでも心に留めておいていただければ幸いです。

なお、ロシアの治安については「ロシアの治安は大丈夫?旅行前に知るべき7つのポイント!」に詳しくまとめていますので、合わせて一読することをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたか?
ここ数年、ソチオリンピックやW杯など国際的なイベント目白押しのロシアは観光客に優しくなってきています!特にサンクトペテルブルグは外国人観光客が多い土地なので、英語表記も増えてきていますし、英語を話す店員なども多く見受けられます。地元の人と一緒にメトロやバスに乗れば本物のロシアの息遣いが感じられますし、陸からや川から見るペテルブルグはそれぞれ別の表情をしていてとても味わい深いです。

どうぞ美しい街ペテルブルグでロシアの歴史や文化をじっくりと感じてみてくださいね。

 

ロシア・ペテルブルグのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき8つの事!

1. サンクトペテルブルグの空港から市内へはバスかタクシーの2択

2. 空港からタクシーなら、白タクとのトラブルに要注意!

3. メトロの切符はコイン型!とっても便利な一律料金!

4. 世界遺産の町並みは、歩いて散策がおすすめ!バスもうまく活用しましょう

5. バス、マルシュルートカでは独特の支払い方法!

6. シティバスやボートで見どころを一挙に満喫!

7. サンクトペテルブルグから鉄道の旅

8. 犯罪に巻き込まれないために

 

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!

About spintheearth

英語や韓国語など、他言語の役立つフレーズなどを紹介しています。現地在住ライターによるレアな情報も掲載!世界をもっと、地球をもっと近くに感じられるような役に立つ知識・情報をお伝えしていきます!