ロシアの4月、5月、6月おすすめ人気イベント特集!

ロシアの4月、5月、6月おすすめ人気イベント特集!

(Dmitry Dzhus)

ロシアでは4月、5月、6月にかけて今までにないほど楽しいイベントが開催されます。中でも一番人気なのが5月9日の戦勝記念パレード。「戦勝記念日」と聞くとあまり良いイメージは湧かないかもしれませんが、ロシア人がいかに自分の国を愛しているのかを実感でき、また戦争の悲惨さを二度と繰り替えさないように国中でなくなった人々を悼む日でもあります。

また、他にも「パスハ」というロシア正教のお祭りや、世界で初めて宇宙飛行を成し遂げた、ユーリ=ガガーリンを祝福する、「宇宙飛行士の日」。ロシアのシェークスピアこと、プーシキンの生誕をお祝いする「プーシキンの日」など、この季節な政治的、宗教的、文化的…とかなり多岐に渡るおすすめイベントが開催される時期です。

今回は、そんなロシア旅行におすすめの春の季節に開催されるイベントについて詳しくご紹介します。この機会を逃してロシアを訪れることはできませんよ!

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

ロシアの4月、5月、6月おすすめ人気イベント特集!

 

1. 4月8日 ロシア正教復活祭「パスハ(Православная Пасха)」

ロシアの4月、5月、6月おすすめ人気イベント特集!ロシア正教復活祭

まず最初にご紹介するのがこちらのパスハ。これはイエス=キリストの復活にちなんで始まった正教版イースターです。パスハは毎年違った日に行われますが4月の日曜日、ということは確実です。この日はロシア各地にある正教会の中で様々なイベントや催し物が行われます。筆者が聞いたところによると、教会によって、チャリティーバザーや、フリーマーケット、正教の歴史をかいつまんで説明してもらえる講義や、自分たちが手づから作ったアート作品の展示会…といったようにいろんな催し物がなされるみたいです。

この日、一番の目玉となるのがイースターエッグ作りです。こちらは教会に限らず様々な場所でワークショップ形式で行われます。正教におけるこのイースターエッグの色・模様つけはかなり重要で、それぞれの卵の色や模様に「幸運・恋愛・金運・健康」などの意味を持ちます。

また、伝統工芸品として、今日では販売されているほど美しい仕上がりになりますので、ぜひご自分に合ったイースターエッグを作ってみてくださいね!

 

2. 4月12日 宇宙飛行士の日「ジェン・コスモナフチキ(День Космонавтики)」

ロシアの4月、5月、6月おすすめ人気イベント特集!宇宙飛行士の日

(e_format)

続いてはこちら、「宇宙飛行士の日」です。これは、人類史上初めて軌道飛行が成功したことを記念して、ソ連時代に制定された日です。

ちなみに、世界で初めて有人宇宙飛行を達成し、かの有名な台詞、「地球は青かった」や「神はいなかった」をのちに残した人物の名前を皆さんはご存知でしょうか?ユーリ=ガガーリンと答えられたあなたは大正解!1961年4月12日に当時、若干27歳だった若きソ連人宇宙飛行士、ガガーリンは同日、ボストーク1号という船に乗って1時間48分かけて地球を一回りしたそうです。(ちなみにここまでの情報はだいたいのロシア人がそらで言えます。)これを記念して、毎年この日にはロシア大統領の方から宇宙飛行士へ向けて熱烈な応援メッセージが届けられ、街中でもガガーリンのポスターが見られたり、ガガーリンに関するグッズのようなものが露天に並んだりします。

もちろん、都市によって行われる催し物の規模の大きさは様々ですが、モスクワにある「宇宙飛行士博物館」などではかなり興味深いイベントが行われることと思います!この機会にぜひ一度ロシアを訪れてみてくださいね!

 

3. 5月1日 春と労働の日「ジェン・ベスニーイトゥルーダ(День Весны и труда)」

ロシアの4月、5月、6月おすすめ人気イベント特集!春と労働の日

いわゆるメーデーにあたるのがこの日です。実際にロシア人が春闘デモをやっているのを筆者は見たことがありませんが、かつては頻繁に行われていたみたいです。

ロシアも5月に入るとだいぶ暖かくなり、場所によっては25度を越えるところもあります。春の訪れと労いの意味を込めてこの日の前後では各都市で様々なイベントが行われます。例えば、とある大学では4月の最終週から5月の1日までを「国際ウィーク」と定め、毎日各国の文化や食事を楽しめる文化祭のようなお祭りを行うことで、都市中の人を集めているところもありますし、同じ週に日頃の労働者への感謝の気持ちを込めて、コンサートを行ったり、縁日の形でハンドメイドの商品を売ったり…といったところもあります。

また、ロシアの第三都市である、ノボシビルスクという町から始まった「何でもありデモ(モンストラーツィア)」という一風変わったデモを各地で見かけることもできます。

 

4. 5月9日 戦勝記念日「ジェン・パビエドゥイ(День Победы)」

ロシアの4月、5月、6月おすすめ人気イベント特集!戦勝記念日

(Marco Fieber)

おそらく1年を通してもっともおもしろいイベントの一つがこちら、「戦勝記念日」です。これはソ連が1945年にドイツとの戦争を終わらせたことを記念して、設けられた日です。街中ではこの日に誇りを感じ、ソ連の旗やリボンを持って祝福して回る人々だけでなく、亡くなったご先祖さまに会いにお墓参りに向かう人々もたくさん見られました。

第二次世界対戦の中で、世界でもっとも多くの死傷者を出したロシア人にとって、この日は戦勝を喜ぶ、というよりも戦争の恐ろしさをみんなで思い出し、子どもたちにも伝えていく日、という風にも見受けられました。どんな小さな町でも可能な限り大きなパレードが行われます。特にモスクワの赤の広場で行われるものが、もっとも規模が大きく、豪華だと思います。

この日は一日中出店が並び、夜中まで花火が上がり、道端ではさまざまなコンサートやダンスなどのイベントが見られます。この時期に旅行を計画される場合は、できるだけ大きな町に行って事前にイベントの内容をチェックしていくことをおすすめします。

 

5. 6月6日 プーシキンの日「ブーシキンスキー・ジェン ラシー(Пушкинский день России)」

ロシアの有名作家、プーシキンの名を皆様はご存知でしょうか?いわゆる、ロシアのウィリアム=シェークスピアとはこの人のことを指します。この日はさほど大きなお祭りが行われるわけではありませんが、ロシア文学や詩が好きな方にとってはかなり楽しめる日になることと思います。

聞くところによると、モスクワでプーシキン好きのためのイベントが行われるらしく、そこで意見を交換しあったり、プーシキンの作品に燗するレクチャーが受けられるんだとか…。少しマニア向けなイベントの一つかもしれませんが、タイミングがあえば、ぜひ訪れてみてくださいね。

 

6. 6月12日 ロシアの日「ジェン・ラシー(День России)」

ロシアの4月、5月、6月おすすめ人気イベント特集!ロシアの日

(Dmitry Dzhus)

最後はこちら、「ロシアの日」。これはロシア連邦の建国を祝って創立された祝日らしいのですが、当初はアメリカに倣って「独立記念日」とされていたんだとか…。一体全体何から何が独立したんだという疑問から結局呼称はロシアの日で収まったみたいです。

この日は夏休みと5月の連休の間にある中休みという感じで、やはり街中には建国を祝う人で溢れています。主に開催されるイベントの内容としてはコンサートやダンスパーティー、モスクワの赤の広場でも盛大なセレモニーが行われるため、かなり見応えのあるイベントの一つにもなっています。もちろん夜には、祝日のくくりとして花火が打ち上げられますので、こちらも見逃せません!

 

まとめ

いかがでしたか?
基本的にロシアでは祝日があれば、その日に盛大なお祭りが行われます。タイミング良くロシアの祝日周辺で旅行に行かれる方は、普段では味わえない町の雰囲気を楽しんだり、珍しいお土産などを購入したりして、その特別感を満喫しましょう!

 

ロシアの4月、5月、6月おすすめ人気イベント特集!

1. 4月8日 ロシア正教復活祭「パスハ(Православная Пасха)」

2. 4月12日 宇宙飛行士の日「ジェン・コスモナフチキ(День Космонавтики)」

3. 5月1日 春と労働の日「ジェン・ベスニーイトゥルーダ(День Весны и труда)」

4. 5月9日 戦勝記念日「ジェン・パビエドゥイ(День Победы)」

5. 6月6日 プーシキンの日「ブーシキンスキー・ジェン ラシー(Пушкинский день России)」

6. 6月12日 ロシアの日「ジェン・ラシー(День России)」

 

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!

The following two tabs change content below.
英語や韓国語など、他言語の役立つフレーズなどを紹介しています。現地在住ライターによるレアな情報も掲載!世界をもっと、地球をもっと近くに感じられるような役に立つ知識・情報をお伝えしていきます!