ロシア通貨を徹底調査!旅行前に知りたい7つのポイント!

ロシア通貨を徹底調査!旅行前に知りたい7つのポイント!

ロシアの通貨はロシア・ルーブルとカペイカです。米ドルやユーロと違い、私たち日本人にはあまり馴染みのない通貨ですよね。あなたはルーブルの紙幣は何種類あるかご存知ですか?今回は、ロシア旅行を考えているあなたに役立つ、ロシアの通貨情報についてご紹介します。

お金の両替情報や、ちょっと注意が必要なカペイカ通貨のことなど、様々な角度から旅行に役立つ情報を解説していきます!




 

ロシア通貨を徹底調査!旅行前に知りたい7つのポイント!

 

1. ロシアの通貨について

通貨単位はロシア・ルーブルで、表記はP、補助通貨単位はカペイカで、表記はkです。100カペイカが1ルーブルに当たります。2014年の経済制裁前は1ルーブル≒3.5円ほどでしたが、2017年6月では1ルーブル≒1.9円です。一時期1ルーブル≒1.5円でしたので、それに比べると少し高くなりました。

 

2. 紙幣の種類について

ロシア通貨を徹底調査!旅行前に知りたい7つのポイント!ルーブル

(frankieleon)

ロシア・ルーブルの紙幣は全部で6種類あります。
10、50、100、500、1000、5000
10ルーブル札は硬貨版もあるため最近ではあまり流通しなくなってきています。もちろん使うことはできます。

 

3. 硬貨の種類について

ロシア通貨を徹底調査!旅行前に知りたい7つのポイント!コイン

硬貨は全部で8種類あります。
1、5、10、50カペイカ
1、2、5、10ロシア・ルーブル

 

4. 厄介者のカペイカ

ロシア通貨を徹底調査!旅行前に知りたい7つのポイント!カペイカ

(Adam “Dser”)

ユーロでいうところのセントに当たるのがこちらのカペイカです。ソ連時代にはカペイカショップなどもあり、それなりに通貨価値があったようです。しかし、現在では度重なるインフレでカペイカの存在価値はほぼありません。スーパーのレジなどでも、例えば支払いが153.10ルーブルの場合、端数である10カペイカは切り捨てられます。また、道端にカペイカが落ちていることも少なくありません。もちろん通貨価値はほぼないので、拾う人もいません。買い物の際にうまく使わないとカペイカだけ残ってしまいます。大変かもしれませんが、なるべく使うようにしましょう。

なお、1カペイカ、5カペイカはほぼ流通しなくなっていますし、見かけることもなくなりました。スーパーなどのお釣りでまれに使われることがありますが、こちらが支払おうとするとほぼ100%の確率で断られます。そういう場合は記念に持ち帰るといいかもしれません。

 

5. 高額紙幣の扱いには注意しましょう

ロシアで取り扱いに注意したいのが5000ルーブル紙幣(約10000円)。お釣りがたくさんある場合、店員に嫌な顔をされます。それだけならいいのですが、場合によっては受け付けてくれないこともあります。ですので、あらかじめ細かいお金を用意しておきましょう。事前に両替される方は、5000ルーブル紙幣ではなく、100、500と1000ルーブル紙幣にしておいてください。

なお、マルシュルートカ(乗り合いタクシーに似たバス)に乗車される方はお釣りがでないように硬貨を準備してください。紙幣で支払いもできますが、面倒です。ロシアでは日本のように「お客様は神様」という考え方は一切ありません。お互い不快にならないためにも、できるだけ支払い方には気をつけましょう。

 

6. 両替について

一番簡単なのは、成田空港で両替する方法です。基本的に成田空港にとどまらず、円⇔ルーブルのレートはどこもよくありません。また交換できるところも少ないのが現状です。もし現地で両替をする場合は、円ではなく米ドル、ユーロを持って行って両替したほうが便利です。場合によってはそちらのほうがレートがいいこともあります。両替する場所は町のいたるところにあり、両替所の外には本日のレートが電光掲示板で映し出されているため、比較的見つけやすいと思います。

また、スーパーやショッピングモールなどいたるところにATMが設置されているので、国際キャッシュカードでその都度下ろすのも便利かもしれません。なお、ATMではPLUSとCitrus両方使えるところが多いです。

 

7. クレジットカードについて

よくロシア国内ではクレジットが使えないと聞きますが、実際2014年の経済制裁以降、VISAやMastercardが利用できない状況が起こっています。実は筆者も三井住友のVISAカードを持っているのですが、2016年12月にとあるお店でクレジット決済をしようとしたところ利用できませんでした。都市部の高級レストランでは対応しているお店もありますが、対応していないレストランが多いことには変わりませんので、カードが使えないことを想定し、現地通貨を準備しておきましょう。

 



まとめ

いかがでしたか?
ロシア国内では現地通貨を持っていることが一番確実ではありますが、ロシア・ルーブルに両替しすぎて使い切れない場合、円に両替し直す必要がでてくるので損をします。筆者のおすすめは、国際キャッシュカードでその都度下ろす方法です。ロシア国内には日本と同じかそれ以上にATMが設置してあるので、両替所を探すよりも簡単で便利です。

なお、トラベラーズチェックはロシアではあまり流通していないのでご注意ください。せっかくロシアへ来るんですから、通貨で苦労しないようにしっかり事前準備しましょう。では、快適なロシア旅行を楽しんでください!

 

ロシア通貨を徹底調査!旅行前に知りたい7つのポイント!

1. ロシアの通貨について
2. 紙幣の種類について
3. 硬貨の種類について
4. 厄介者のカペイカ
5. 高額紙幣の扱いには注意しましょう
6. 両替について
7. クレジットカードについて

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!