メキシコ3つの時差と主要都市へのフライト時間調査!

メキシコ3つの時差と主要都市へのフライト時間調査!

メキシコと日本の時差、あなたはご存知ですか?メキシコの面積は実は日本の約5倍もあり、時差も国内に3つ存在します。今回は、メキシコに存在する3つの時差、日本からメキシコへのフライト情報、そしてメキシコの魅力あふれる観光地について、現地在住の筆者が詳しくご紹介します。



 

メキシコ3つの時差と主要都市へのフライト時間調査!

 

1. 日本と3ゾーンとの時差

日本とメキシコの時差は3ゾーンに分かれます。といっても、メキシコの主要都市はほぼ同じゾーンに属しています。また、メキシコにはサマータイムというものも存在しており、4月の第1日曜日に始まり10月の最終日曜日まで適用されます。サマータイムの間は日本との時差が1時間縮まります。しかし、面白いことにメキシコに存在する31州1連邦区のうちの1州、ソノラ州というところはサマータイムを採用していないため日本との時差は1年中変わりません。

[日本との時差]
※サマータイムはここから1時間減らして計算してください。
・メキシコシティ、カンクン 15時間
(大体がこのゾーンに属している)
・ロスカボス、ラパス  16時間
・バハカリフォルニア 17時間

 

2. 日本からのフライト時間

日本からメキシコの主要都市までのフライト時間は以下のようになります。
・メキシコシティ 約13時間
・カンクン(メキシコシティ乗継で13+3時間)約16時間
・ロスカボス(メキシコシティ乗継で13+3時間)約16時間

メキシコで日本からの直行便があるのはメキシコシティだけ。その他の都市へは、メキシコシティで乗り継ぎをして行くか、もしくは米系のエアラインでアメリカで乗り継ぎをすることになります。

 

3. 日本からメキシコへ行くには?

さて、日本からメキシコへ快適に、かつお得に行くにはどのような方法があるでしょうか。先程も言ったように日本からメキシコシティには直行便があり、アエロメヒコ航空が運航しています。こちらのフライト、日本からの運航日は毎週月・水・土・日です。時差がありますので、メキシコシティに到着するのも同日になります。このフライトの魅力はなんといっても快適なこと。13時間と、フライト時間は決して短いとはいえませんが、日本で出国審査をして、飛行機に乗り込むだけで、次に降りるときはもうメキシコに着いています。

しかも、アエロメヒコは2013年からボーイング787という最新の航空機をこの成田-メキシコシティ間に導入したので、最新の機材で快適なフライトを楽しむことが出来ます。米系エアラインでアメリカを経由していくと、アメリカで入国したり、ESTAという渡航認証を取得しなければいけなかったりと、いろいろ煩わしいことが出てきます。ただ、価格を考慮すると、やはり米系エアラインの方が基本的に安価です。アエロメヒコも、プロモーションなどをやっていて安く航空券を売り出すときもありますが、不定期ですので、もしお得にメキシコへ行きたいという方はやはり米系の方が有力になってくるかと思います。

また、アメリカのすぐ南に位置するメキシコですので、アメリカから陸路で入国することも可能ですが、治安の関係上あまりおすすめはできません。

 

4. 中南米への入り口、メキシコシティ

ブラジルを除く、中南米唯一の日本からの直行便就航都市、メキシコシティ。中南米への入り口としてとても貴重で、重要視されています。ここで乗り継ぎをして他の中南米の都市へ向かう方もとても多いです。このメキシコシティ、800万以上の人口を有した巨大都市です。あまり知られていませんが、メキシコシティは標高2240mという高地に位置し、昼間は暑くなることが多いですが、朝晩は逆に涼しくなります。冬になれば、朝晩はコートが必要なくらい冷え込みます。

また、実はたくさんの文化が見られるとても面白い都市なんです。アステカ帝国の遺跡、スペイン人たちが建設した数々の教会、修道院、そして現在の高層ビルや現代的な建物。その背景にある侵略、独立の歴史。すこし観光してみるだけでもとても魅力があるということが分かると思います。

 

5. 屈指のリゾート、カンクン

メキシコといえば、そうです、あの有名なリゾート地カンクンですよね。ユカタン半島に位置するカンクンはメキシコシティとは違い、一年中とても温暖な気候です。9~10月はハリケーンシーズンと言われており、ハリケーンの通り道になることもしばしばですが、それ以外は1年のうち3分の2が晴天と言われています。カンクンは非常に観光客が多い都市ですので、メキシコの中でも英語が最も通じる場所でもあります。また、メキシコの通貨ではなく米ドルが一番流通しており、そのまま使用することが出来ます。

リゾート地の特徴でもあるように、ホテルはオールインクルーシブのところが多く、これはホテル内での食べ物、飲み物が全て込なので好きなときに、好きなだけ飲食することが出来るものです。ホテルの周りには大規模なショッピングセンターも点在しており、買い物を楽しみたい方にもぴったりです。もちろん、カンクンの海はキラキラと輝いて美しく、ハネムーナーに人気があるのも分かります。

 

6. その他おすすめのメキシコの都市はどこ?

・ロスカボス
メキシコ第二のリゾートとして注目されているのがロスカボスです。こちらはカンクンとは反対側の太平洋側に位置しており、カンクンとはまた違った美しい海を堪能できます。北アメリカの方々には人気のリゾート地となっています。

・オアハカ、グアナファト
スペイン殖民地時代の影響が色濃く残る、コロニアル調の町並みと、メキシコ先住民であるインディヘナの文化が融合した可愛くて美しい街です。手でひとつひとつ織られた色鮮やかな織物や、手作りの小物など、メキシコらしい民芸品がたくさん手に入るのもこれらの都市の特徴です。

 

7. 知っておきたいメキシコの治安

メキシコと聞いて、あまり治安がよくない、麻薬が蔓延してそう、などネガティブなイメージを持つ方もいるのではないでしょうか。実際、メキシコには治安があまりよくない地域がありますが、そこは旅行者があえて行くような場所ではありません。観光地であっても、深夜1人でフラフラと出歩かない、自分の持ち物には注意を払う、流しのタクシーは利用しないなど、最低限のことに気をつけていれば、他の国を普通に旅行するのと何ら変わりはありません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
メキシコは日本との時差は大きいですが、意外とアクセスしやすいと思われたのではないでしょうか。ひとことでメキシコと言っても、旅の目的次第ではどのようにでもアレンジできるとても魅力的な国です。次の旅行には、ぜひメキシコも選択肢に入れられてみてはいかがでしょうか。大満足の旅行になること間違いなしです!

 

メキシコ3つの時差と主要都市へのフライト時間調査!

1. 日本と3ゾーンとの時差
2. 日本からのフライト時間
3. 日本からメキシコへ行くには?
4. 中南米への入り口、メキシコシティ
5. 屈指のリゾート、カンクン
6. その他おすすめのメキシコの都市はどこ?
7. 知っておきたいメキシコの治安



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!