ありがとうをマレー語で言おう!超便利15フレーズ!

ありがとうをマレー語で言おう!超便利15フレーズ!

(Lan Rasso)

マレー語で「ありがとう」をどう言うか、あなたはご存知ですか?マレーシア人の英語力は公用語に英語が含まれるフィリピンやシンガポールと並んでアジアトップクラス。よって、マレー語を知らなくても旅行で困ることはありませんが、せっかくマレーシアを訪れるなら、マレー語で感謝の気持ちを伝えてみませんか?

そこで今回は、マレーシア人の友人を数多く持つ筆者が、マレー語の感謝を表すフレーズをご紹介します。旅行前に覚えて、ぜひ現地でお世話になったマレーシア人にマレー語で「ありがとう」を伝えてみましょう。




 

ありがとうをマレー語で言おう!超便利15フレーズ!

 

1. Terima kasih トゥリマカシィ / ありがとうございます

英語のThank youにあたる、マレー語の一般的なお礼の言葉です。マレー語でトゥリマ(terima)は「受け取る」、カシィ(kasih)は「愛(恋愛を意味する愛ではなく、慈悲を意味する愛)」。つまり、「あなたの愛を受け取りましたよ」という意味から「ありがとう」という言葉につながっています。とっても素敵な言葉ですよね。筆者がマレー語を勉強しようと思ったのも、この言葉の成り立ちを知ったことがきっかけでした。

 

2. Makasihマカシィ / ありがとう

英語のThanksにあたる、トゥリマカシィ(Terima kasih)よりもくだけた「ありがとう」です。トゥリマ(terima)のマ(ma)とカシィ(kasih)が合体したトゥリマカシィ(Terima kasih)の省略形で、主に親しい間柄や仲の良い友達同士で使われます。いわゆる「タメ口」ですから、初対面や目上の人に対して、あるいはビジネスの場で使うのは避けたほうが無難でしょう。

 

3. Terima kasih banyak トゥリマカシィバニャッ / 本当にありがとうございます

英語のThank you very(=so) muchにあたる、トゥリマカシィ(Terima kasih)よりも丁寧な「ありがとう」です。「たくさん」という意味のバニャッ(banyak)をつけて感謝の気持ちを強調します。

 

4. Terima kasih atas segalanya トゥリマカシィ アタス スガラニャ / 色々とありがとうございます

英語のThank you for everythingにあたります。Terima kasihにアタス(atas)をつければ、英語のThank you for~のように、具体的な感謝を表現することができます。アタス(atas)の後ろには名詞を置きます。

 

5. Terima kasih kerana sudi bantu saya トゥリマカシィ クラナ スディ バントゥ サヤ / 手伝って(助けて)くれてありがとうございます

Terima kasihに「なぜなら」「~なので」という理由を表すクラナ(kerana)をつければ、してくれたことに対しての感謝を表現することができます。

 

6. Terima kasih kerana sudi guide saya トゥリマカシィ クラナ スディ ガイド サヤ / 案内してくれてありがとうございます

5の応用編で、ガイドしてくれてありがとうと言いたい時はbantuの部分をguideにすればOKです。

 

「ありがとう」と言われたら「どういたしまして」と返したいですよね。日本人は謙遜の気持ちが強く、「ありがとう」に対して「いいえ」とか「どうも」と簡単に済ませ、「どういたしまして」はあまり使いません。しかし、諸外国同様マレーシアでも「ありがとう」に対する「どういたしまして」は必須。そこで「どういたしまして」の言い方についてもいくつかご紹介します。

 

7. Sama-sama サマサマ / どういたしまして

英語のsameにあたるサマ(sama)を繰り返して、「お互いさま」「どういたしまして」という意味で使います。マレー語の一般的な「どういたしまして」です。

 

8. Tidak apa-apa ティダッ アパアパ / 大丈夫ですよ

こちらが何かしてあげたことに対して「ありがとう」と言われた場合に返す「どういたしまして」です。直訳すると「何も(問題などが)ない」という意味で、何もない=大丈夫ですよ、という意味で使います。日本語の「いいえ」に近い表現です。

 

9. Tak apa タッパァ / 大丈夫ですよ

Tidak apa-apaの省略系。日常会話ではこちらのほうをよく使います。親しい人には「~だよ」を表すラァ(lah)をつけてタッパァ ラァ!(Tak apa lah!)などと言ったりもします。

 

10. Terima kasih juga トゥリマカシィ ジュガ / こちらこそありがとうございます

英語のThank you tooにあたる「どういたしまして」の表現。こちらからも感謝を伝えたい場合に使います。

 

マレーシアは多民族国家。マレー語以外の「ありがとう」も日常的に使われています。

 

11. Thank you テンキュー / ありがとうございます

英語の授業で習ったようにthの発音を気にしながら格好良く「サンキュー」と言うのではなく、「テンキュー」と言うことでグッとマレーシア人っぽくなります。

 

12. 谢谢 シエシエ / ありがとうございます

実は、マレーシアの人口の約1/4は華人系。華人系同士は中国語で会話をします。華人系のマレーシア人にはシエシエ(谢谢)と中国語で「ありがとう」を伝えてみてもいいかもしれません。

 

13. Ounsikou オウンシコウ / ありがとうございます

ボルネオ島最大の先住民族であるカダザン・ドゥスン族が使う「ありがとう」です。筆者の友人もそうであるように、コタキナバルでガイドをしているマレーシア人はカダザン・ドゥスン族である可能性が高いです。コタキナバルを訪れる人はぜひ使ってみてください。

 

14. Saya hargai awak サユ ハルガイ アワッ / あなたに感謝しています

「感謝している」という動詞を使って「ありがとう」を表現する場合はこのような言い方があります。英語のI appreciate youにあたる表現です。

 

15. Alhamdulillah アルハンドゥリッラー / 神様ありがとうございます

ラジオやテレビ、日常会話の中でも本当によく聴く表現です。マレーシアは敬虔なイスラム教国。何か嬉しいことがあった時、嬉しいことをしてもらった時、真っ先に神様に対する「ありがとう」を表現すればマレーシア人との距離もグッと近くなること間違いなしです。

 



まとめ

いかがでしたか?
マレーシア人は英語が堪能なので、基本的な会話は英語でも全く問題ありません。しかし、たった一言「ありがとう」をマレー語で伝えるだけで、どんなに忙しい人も、無愛想な人も、たちまち笑顔で「サマサマ」と返してくれることでしょう。

ぜひ勇気をだしてマレー語で「ありがとう」と伝えてみましょう。そうすればまだ知らないマレーシアの魅力にあなたもきっと気がつくはずです。

 

ありがとうをマレー語で言おう!超便利15フレーズ!

1. Terima kasih トゥリマカシィ / ありがとうございます

2. Makasihマカシィ / ありがとう

3. Terima kasih banyak トゥリマカシィバニャッ / 本当にありがとうございます

4. Terima kasih atas segalanya トゥリマカシィ アタス スガラニャ / 色々とありがとうございます

5. Terima kasih kerana sudi bantu saya トゥリマカシィ クラナ スディ バントゥ サヤ / 手伝って(助けて)くれてありがとうございます

6. Terima kasih kerana sudi guide saya トゥリマカシィ クラナ スディ ガイド サヤ / 案内してくれてありがとうございます

7. Sama-sama サマサマ / どういたしまして

8. Tidak apa-apa ティダッ アパアパ / 大丈夫ですよ

9. Tak apa タッパァ / 大丈夫ですよ

10. Terima kasih juga トゥリマカシィ ジュガ / こちらこそありがとうございます

11. Thank you テンキュー / ありがとうございます

12. 谢谢 シエシエ / ありがとうございます

13. Ounsikou オウンシコウ / ありがとうございます

14. Saya hargai awak サユ ハルガイ アワッ / あなたに感謝しています

15. Alhamdulillah アルハンドゥリッラー / 神様ありがとうございます

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!