韓国の治安は大丈夫?現地で気をつけるべき7つの事!

韓国の治安は大丈夫?現地で気をつけるべき7つの事!

(therealrealjd)

韓国は日本からも近く、日本人がもっとも気軽に行くことができる国の1つです。韓国は治安も良く、食べ物も美味しいとても魅力的な国ですが、いくら治安が良いといっても油断は禁物です。そこで今回は、ソウル在住の筆者が、せっかくの楽しい旅行がたったひとつのトラブルで台無しになってしまわないよう、韓国旅行で特に気をつけるべき治安事情についてご紹介します。

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

韓国の治安は大丈夫?現地で気をつけるべき7つの事!

 

1. スリ

韓国はそこまでスリが多い国ではありません。ただし、観光客が多く訪れる有名観光地や満員電車など、人が多く集まる場所にはスリも多く集まっているのだということをしっかりと心に留めておく必要があります。人が多い場所に行くときは、必ずファスナーのついたカバンに貴重品をしっかり入れ、そのカバンは目に届く位置に常に持っておくなど、最低限のスリ対策をしましょう。

 

2. 真夜中や空港でのタクシー

韓国のなかでも特にソウルなどの大都市は一晩中街が賑やかです。そのためどうしても夜の遅い時間まで買い物などを楽しんでしまいがち。買い物を終えてホテルまで帰ろうとしても、地下鉄の終電時間が過ぎてしまっており、タクシーを利用することも増えてしまうでしょう。

しかし真夜中のタクシーは、外国人観光客を狙ったぼったくりの被害が多発しているということを忘れてはいけません。ぼったくりの具体的な手段は、乗車してもメーターを動かさない、乗車前から高額な値段を提示してくる、お釣りをごまかすなどです。韓国にはオルペミバスという、地下鉄の終電後から翌日の始発までの間だけ運行している深夜バスもありますので、どうしても夜中にホテルまで帰る必要がある場合には、タクシーではなくオルペミバスを利用するようにしましょう。

また、仁川国際空港や金浦空港で客待ちをしているタクシーに乗車した際も同様のぼったくり被害に遭うケースが多発していますので、空港からホテルに行く際には地下鉄または空港バスを利用するようにしましょう。

 

3. 押し売り

市場巡りも韓国旅行の楽しみのひとつですが、市場で働く人のなかにはノーと言えない日本人の性格を利用して、必要のない物まで強引に売りつけようとする人が多くいます。強引に商品を押し付けられても、それがあなたにとって必要のないものであれば、勇気を出してはっきりと断るようにしましょう。はっきりと断らずに曖昧な態度を取ることは、相手を期待させてしまうことにも繋がります。どうしても断りづらい場合は、思い切ってお店を出てしまうなど、しつこい店員には強気の姿勢で臨みましょう。

 

4. 携帯電話の置き忘れ

トイレやタクシーの中などに携帯電話を置き忘れてしまった場合、その携帯電話を拾った人は、まず警察には届けてくれないと思った方が良いでしょう。拾った携帯電話を自宅に持ち帰り、その携帯電話を引き渡す代わりに高額の料金を請求してくるケースが韓国人同士でも多く発生しています。通常は5万ウォン(約5000円)が引き換えの相場ですが、相手が外国人だと分かると、さらに高額の料金を請求してくることもありますので、こういったトラブルに巻き込まれないよう、携帯電話は常に肌身離さず持ち歩くように注意する必要があります。

 

5. 性犯罪

韓国は日本と比べても性犯罪、特にレイプ犯罪が多い国です。実は韓国ではアダルトサイトへのアクセスを国として規制しているため、韓国人男性は自由にこれらのサイトを見ることができないのです。そのため韓国人男性のなかには、日本はアダルト大国であるというイメージを持ち、日本人女性とならば簡単に遊ぶことができると思い込んでいる人も少なくありません。

こういった誤った情報を持った人達からの被害にあわないよう、自分の身は自分で守る必要があります。特に女性は移動する際に人通りの多い道や公共交通機関を利用するようにし、夜遅い時間に1人で出歩かないよう注意しましょう。

 

6. 歴史問題

韓国は反日感情がいまだに根強く残っている国です。そのため、反日デモをしている場所や慰安婦像が設置されている場所に興味本位で近づくと、思わぬトラブルを引き起こすきっかけにもなりますので、そういった場所にはなるべく近づかないようにしましょう。

また、韓国では旭日旗が非常に嫌われていますので、旭日旗を連想させるようなデザインの洋服を着ないように注意する必要があります。日本人の私たちにとってはまったく悪気のない小さな行動や言動であっても、韓国の人にとっては怒りの導火線となってしまうこともあります。韓国には日本語を理解する人も多くいるため、日本語であっても歴史的な話をすることは控えるようにしましょう。

 

7. 北朝鮮問題

普段は治安の良い韓国ですが、実は北朝鮮とは休戦状態であるということを忘れてはいけません。北朝鮮問題は韓国に旅行する人が1番気になる問題だと言っても過言ではないでしょう。万が一の事態が起こった場合に、日本政府からの緊急連絡を素早く受け取ることができるように、韓国に旅行する前には必ず外務省海外旅行登録「たびレジ」(URL:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/)への登録を忘れないようにしましょう。また、これは当然のことですが、外務省のホームページで危険情報が出ているときには韓国への旅行は中止または延期しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
韓国は治安の良い国ですが、油断した行動によって、思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。万が一、旅行中に何らかのトラブルに巻き込まれてた場合には、警察または観光苦情申告センター(URL:www.touristcomplaint.or.kr(日本語) 電話番号:韓国国内からは市外局番なしの1330、海外からは+82-2-1330)に連絡し、指示を仰ぐようにしましょう。注意すべき7つの要素とトラブルが起きた際の連絡先をしっかり覚え、楽しい韓国旅行をしてください。

 

韓国の治安は大丈夫?現地で気をつけるべき7つの事!

1. スリ
2. 真夜中や空港でのタクシー
3. 押し売り
4. 携帯電話の置き忘れ
5. 性犯罪
6. 歴史問題
7. 北朝鮮問題

 

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!

About spintheearth

英語や韓国語など、他言語の役立つフレーズなどを紹介しています。現地在住ライターによるレアな情報も掲載!世界をもっと、地球をもっと近くに感じられるような役に立つ知識・情報をお伝えしていきます!