イタリア語の丁寧な断り方!ビジネスでも使える断るフレーズ15選!

イタリア語の丁寧な断り方!ビジネスでも使える断るフレーズ15選!

イタリア語でも丁寧な断り方ができるようになりたいですよね。特にビジネスの場面で相手からの申し出を断るときには丁寧に断らなくてはいけません。

イタリア語にはあなた(tu)の敬称として(Lei)があり、目上の人にはこの(Lei)を使います。お店などでは店員はお客に対して(Lei)で話しかけます。また条件法を使うと丁寧にお願いすることができます。

文法上は一般的にこうして丁寧さを表現することができますが、丁寧いに断るためにはこれだけではありません。日本人とは考え方が違うところがあるイタリア人、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

今回は、そうしたイタリア人の考え方も一緒に見ていきましょう。

 

イタリア語の丁寧な断り方!ビジネスでも使える断るフレーズ15選!

 

1. Mi dispiace, devo andare a lavorare a Milano. / ミ ディス ピアーチェ / 残念ながら、仕事でミラノへ行かなくてはなりません。

申し出を断らなくてはならないときには、まずはMi dispiaceと残念に思っていることを伝えましょう。それから具体的にどうして断らなくては行けないのか理由を伝えます。イタリア人はできるだけ前向きに断ろうとする人が多いです。

2. Sarei venuto(a) volentieri, ma ho l’appuntamento con il mio cliente. / サレイ ヴォルート/タ ヴォレンティエリ マ オ ラプンタメント コン イル ミオ クリエンテ / 喜んで行きたいところですが、顧客と約束があります

このように条件法を使うと相手は断られているのかなと思います。この条件法の後にできない理由も伝えると、相手は断られていることをはっきり理解します。

3. Grazie dell’invito. Ma ho già un impegno. / グラツィエ デル インヴィート マ オ ジャ ウン インぺーニョ / お招きありがとうございます。しかしながらすでに用事があります

イタリア語では頻繁にありがとうと感謝の気持ちを言葉にします。断る場合にも誘ってくれたことに対してありがとうと言いましょう。後半のフレーズはイタリア人がさりげなく断りたいときに最も使うフレーズです。

4. Grazie per l’invito, ma non posso, avevo già preso un altro impegno. / グラツィエ ペル インヴィート マ ノン ポッソ アヴェーヴォ ジャ ウン アルトロ インペーニョ / お招きありがとうございます。しかしながら先約があって行けません

前々から予定が入っていて予定がどうにもならず、もう少しはっきりと断りたいときはこのように言うことができます。

5. No, grazie. Ho un altro impegno. / ノ グラツィエ オ ウン アルトロ インペーンニョ / すみません、ありがとうございます。他に用事があります

丁寧に断りたいときにNoというのは日本人としては気が引けるのですが、イタリア人は日本人が思っているほど気にしません。特に後にgrazieをつけるとこでネガティヴなイメージはなくなります。シンプルにあっさりと断りたいときは定番のフレーズの組み合わせです。

6. Sono desolato(a) di non partecipare. / ソノ ディソラート/タ ディ ノン パルテチパーレ / 参加できなくて申し訳ありません

申し訳ないと思う気持ちを伝える別の表現です。

7. Sono sinceramente dispiaciuto(a). / ソノ シンチェラメンテ ディス ピアチュート/タ / 本当に申し訳ありません

さらに申し訳なく残念に思っていることを伝える表現です。

8. Devo uscire per un affare urgente. / デーヴォ ウッシーレ ペル ウン アファーレ ウルジェンテ / 急用で出かけなくてはなりません

イタリア人は言い方の丁寧さよりも理由を伝えることによって誠意を見せる傾向があります。このフレーズのようにできる限りの範囲でいいので断る理由を伝えましょう。

9. Non posso partecipare per motivi famigliari. / ノン ポッソ パルテチパーレ ペル モティーヴィ ファミリアーリ / 家庭の事情で参加できないのです

イタリアでは家族は仕事よりも優先されるべきことです。このフレーズは日本人が思っている以上に重要な理由です。

10. La ringrazio per il suo caro pensiero. / ラ リングラツィオ ペル イル スオ カーロ ペンシエロ / お心遣いに感謝します

敬称(Lei)を使った感謝の気持ちを伝えるかなりフォーマルな言い方です。

11. Grazie di tutto. / グラツィエ ディ トゥット / 色々とありがとうございます

例えば時間を変えたり場所を変えたりと色々と検討してもらったけれど、やはり断らなくてはならないときもあります。最後にこのように言うとすべてのことに対してお礼の気持ちを伝えられます。

12. Mi potrebbe dare il tempo di pensare? / ミ ポトレッベ ダーレ イル テンポ ディ ペンサーレ / 考える時間をいただけますか?

どうしてもすぐに返事が出せないこともあります。このフレーズでは条件法(potrebbe)と敬称(Lei)を使って丁寧にお願いしています。

13. Devo consultarmi con il mio capo. / デーヴォ コンスルタルミ コン イル ミオ カーポ / 上司に相談します

職場で自分ですぐに判断できないときにはこのように言うことができます。イタリア人もやはり上司に相談となると問題が重要視されていると感じますので効果のあるフレーズですね。

14. Mi dispiace, non posso rispondere. / ミ ディスピアーチェ ノン ポッソ リスポンデレ / すみませんが、お答えできません。

立場上、仕事の内容上、答えられないときもありますよね。日本ではお客さんに対してできないと言うことにかなり抵抗がありますが、イタリアではできないときにははっきりとできないと言います。

15. Non sono d’accordo. / ノン ソノ ダッコールド / 同意することはできません。

相手の言っている内容に納得できなければこのように言いましょう。このあとにどうして同意できないのかも伝えるといいですよ。

 

まとめ

いかかでしたか?
それぞれのフレーズを覚えると同時に、イタリア人にとって丁寧な断り方はどうなのかを常に頭に入れておくことも大切ですよ。イタリア人のようになるべくポジティブに断るようにすると、きっとあなたの誠意も伝わりましすよ。

 

イタリア語の丁寧な断り方!ビジネスでも使える断るフレーズ15選!

1. Mi dispiace, devo andare a lavorare a Milano. / ミ ディス ピアーチェ
残念ながら、仕事でミラノへ行かなくてはなりません。

2. Sarei venuto(a) volentieri, ma ho l’appuntamento con il mio cliente. / サレイ ヴォルート/タ ヴォレンティエリ マ オ ラプンタメント コン イル ミオ クリエンテ
喜んで行きたいところですが、顧客と約束があります

3. Grazie dell’invito. Ma ho già un impegno. / グラツィエ デル インヴィート マ オ ジャ ウン インぺーニョ
お招きありがとうございます。しかしながらすでに用事があります

4. Grazie per l’invito, ma non posso, avevo già preso un altro impegno. / グラツィエ ペル インヴィート マ ノン ポッソ アヴェーヴォ ジャ ウン アルトロ インペーニョ
お招きありがとうございます。しかしながら先約があって行けません

5. No, grazie. Ho un altro impegno. / ノ グラツィエ オ ウン アルトロ インペーンニョ
すみません、ありがとうございます。他に用事があります

6. Sono desolato(a) di non partecipare. / ソノ ディソラート/タ ディ ノン パルテチパーレ
参加できなくて申し訳ありません

7. Sono sinceramente dispiaciuto/a. / ソノ シンチェラメンテ ディス ピアチュート/タ
本当に申し訳ありません

8. Devo uscire per un affare urgente. / デーヴォ ウッシーレ ペル ウン アファーレ ウルジェンテ
急用で出かけなくてはなりません

9. Non posso partecipare per motivi famigliari. / ノン ポッソ パルテチパーレ ペル モティーヴィ ファミリアーリ
家庭の事情で参加できないのです

10. La ringrazio per il suo caro pensiero. / ラ リングラツィオ ペル イル スオ カーロ ペンシエロ
お心遣いに感謝します

11. Grazie di tutto. / グラツィエ ディ トゥット
色々とありがとうございます

12. Mi potrebbe dare il tempo di pensare? / ミ ポトレッベ ダーレ イル テンポ ディ ペンサーレ
考える時間をいただけますか?

13. Devo consultarmi con il mio capo. / デーヴォ コンスルタルミ コン イル ミオ カーポ
上司に相談します

14. Mi dispiace, non posso rispondere. / ミ ディスピアーチェ ノン ポッソ リスポンデレ
すみませんが、お答えできません。

15. Non sono d’accordo. / ノン ソノ ダッコールド
同意することはできません。

 


あなたにおすすめの記事!


タイトルとURLをコピーしました