お疲れ様です等ビジネスで使える超便利イタリア語10フレーズ!

お疲れ様です等ビジネスで使える超便利イタリア語10フレーズ!

あまりイタリア語が得意でなくても、ビジネスの場面で相手の母国語で「お疲れ様です」などちょっとした一言が言えたらいいですよね。そういう何気ない言葉が仕事をうまく進めるコツだったりします。そこで今回は、現地在住の筆者が、「お疲れ様です」などビジネスで使える超便利イタリア語フレーズをご紹介します。

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

お疲れ様です等ビジネスで使える超便利イタリア語10フレーズ!

 

1. buongiorno, tutto bene? / ブオンジョルノ トゥット ベーネ? / お疲れ様です

「ブオンジョルノ トゥット ベーネ?」は「こんにちは。順調ですか?(問題なく全てOK?)」という、日常会話でもとてもよく使われる表現です。日本語の「お疲れ様です」に該当する言葉はないので、ビジネスでも、プライベートでも知人に会ったらまずこの言葉をかければ間違い無いでしょう。

 

2. grazie per il lavoro che state facendo / グラッツィエ ペル イル ラヴォーロ ケ スターテ ファチェンド / いつもお世話になっております

「いつもお世話になっております」に代わる言葉はありませんが、強いて言うなら「グラッツェ・ペル・イル・ラヴォーロ・ケ・スターテ・ファチェンド」という先方の仕事にお礼を言うこの言葉で代替できます。直訳すると「あなたたちのしている仕事に感謝します」と言う意味です。

 

3. grazie per il vostro supporto / グラッツィエ ペル イル ヴォストロ スッポルト / よろしくお願いします

「よろしくお願いします 」もぴったりくる言葉はありませんので「grazie per il vostro supporto / グラッツィエ ペル イル ヴォストロ スッポルト / あなたたちのサポートに感謝します」や、「grazie per la vostra collaborazione / グラッツィエ ペル ラ ヴォストラ コッラボラツィオーネ / あなたたちのご協力に感謝します」などの感謝の言葉に変換しましょう。

 

4. pronto / プロント/ もしもし

電話好きのイタリア人はどこでも大声で電話をするので、イタリアではイタリア人の電話を聞く機会も多いでしょう。始まりの「もしもし」は「プロント」と言います。プロントは「準備ができた」と言う意味の単語で、その昔、交換台で電話回線を繋いでいた頃に「準備ができましたよ」と言っていた言葉が現在でもそのまま使われているそうです。

 

5. avrei bisogno di un consiglio / アヴレイ ビゾーニョ ディ ウン コンスィーリオ / ご相談させてください

直訳すると「あなたの助言が必要なんですが…」と言う意味です。上記の他に「Le chiederei un consiglio / レ キエデレイ ウン コンスィーリオ」の表現もよく使われます。この場合は、相手が複数の場合は最初のLeがvi(ヴィ)に、相手が目上でない場合はti(ティ)に変わります。相談事を話し始める前の一言です。

 

6. buona fortuna / ブオナ フォルトゥーナ / 皆様のご多幸を心からお祈りしております

英語のグッド ラックに相当する言葉ですが、イタリア語の「buona fortuna / ブオナ フォルトゥーナ」は、丁寧なビジネスの表現でも使えます。

 

7. d’accordo / ダッコルド / 承知しました

相手の意見に賛成した時、了解した時の「承知しました」「了解しました」は「ダッコルド」と言います。また、単純に「分かりました」と言う時は「ho capito / オ カピート」が使われます。友人間でもビジネスでも使えます。

 

8. scusi se la disturbo / スクーズィ セ ラ ディストゥルボ / お忙しいところ恐縮ですが

日本語の「お忙しいところ恐縮ですが 」に一番近い言葉が「スクーズィ セ ラ ディストゥルボ」です。直訳すると「邪魔してしまって申し訳ないですが…」と言う意味です。また「scusi se la interrompo / スクージ・セ・ラ・インテッロンポ」も同じように使えます。こちらは「中断させちゃってすみませんが…」と言う意味で、相手が何かをしている最中に話しかける時に使います。

メールなどでは「mi scuso per il disturbo / ミ スクーゾ ペル イル ディストゥルボ」と言う表現を使います。いずれもこの言葉の後に、要件を言う形で使います。

 

9. c’è stato un malinteso / チェ スタート ウン マリンテーゾ / そういうつもりではありませんでした(誤解を解くために)

「チェ スタート ウン マリンテーゾ」は、双方の思い違いがあったり、うまく話が通じていなかったり、誤解があった時に使う言葉です。「思い違いがあったようですね」と言う言葉で、どちらが悪いと指摘することなく誤解があったことを指摘できます。逆に「私が意図していたことはこう言うことではありません」と言うには「non è ciò che intendevo / ノネ チョー ケ インテンデーヴォ」と言います。

 

10. mi dispiace tanto / ミ ディスピアーチェ タント / 大変申し訳ありませんでした

「mi dispiace / ミ ディスピアーチェ」は「ごめんなさい」と言う言葉で日常会話でもよく使います。そこに「tanto / すごく」を追加して「本当にごめんなさい」「大変申し訳ありませんでした」となります。上記は過失が誰にあっても使えます。

一方「sono desolato / ソノ デゾラート」という言葉は、まさに自分の過失を認めて謝る時の強めの言葉です。本人が女性の場合は最後のoがaに変わります。主語が複数の場合はsonoが「siamo / スィアーモ」に、文末のoも女性複数の場合eに、男性複数もしくは男女混合の場合はiにそれぞれ変化するので気をつけましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
ビジネスでも人と人の繋がりを大事にするイタリア人ですので、少しでもイタリア語で話しかけられればより深い関係を築けるはず。イタリア語は発音もそれほど難しくないので、短いフレーズや決まり文句は、何度も口に出して練習して、いざという時にスムーズに口から出るようにしておくといいですね。

 

お疲れ様です等ビジネスで使える超便利イタリア語10フレーズ!

1. buongiorno, tutto bene? / ブオンジョルノ トゥット ベーネ?
お疲れ様です

2. grazie per il lavoro che state facendo / グラッツィエ ペル イル ラヴォーロ ケ スターテ ファチェンド
いつもお世話になっております

3. grazie per il vostro supporto / グラッツィエ ペル イル ヴォストロ スッポルト
よろしくお願いします

4. pronto / プロント
もしもし

5. avrei bisogno di un consiglio / アヴレイ ビゾーニョ ディ ウン コンスィーリオ
ご相談させてください

6. buona fortuna / ブオナ フォルトゥーナ
皆様のご多幸を心からお祈りしております

7. d’accordo / ダッコルド
承知しました

8. scusi se la disturbo / スクーズィ セ ラ ディストゥルボ
お忙しいところ恐縮ですが

9. c’è stato un malinteso / チェ スタート ウン マリンテーゾ
そういうつもりではありませんでした(誤解を解くために)

10. mi dispiace tanto / ミ ディスピアーチェ タント
大変申し訳ありませんでした

 

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!

About spintheearth

英語や韓国語など、他言語の役立つフレーズなどを紹介しています。現地在住ライターによるレアな情報も掲載!世界をもっと、地球をもっと近くに感じられるような役に立つ知識・情報をお伝えしていきます!