フランス語の丁寧な断り方!ビジネスでも使える断るフレーズ15選!

フランス語の丁寧な断り方!ビジネスでも使える断るフレーズ15選!

フランス語で断るフレーズには、はっきり断る断り方と、日本のような遠回しな表現ではないにしろ丁寧に断る断り方があります。フランス語で断るのであれば基本的にはすべて「Non」といってしまえばいいのですが、今回はシチュエーション別にフランス語で最適な断り方をご紹介しますね。

ビジネスシーンでも日常フランス語会話でも発生する「何かを断る場面」。相手に不愉快な思いをさせずにハッキリと断れるようになりましょう。

 

フランス語の丁寧な断り方!ビジネスでも使える断るフレーズ15選!

 

1. Non merci. / ノン メルスィ / お断りします

フランス語で断るときに、一番ハッキリとした断り方です。フランスのビジネスでも使えることはもちろん、すべてのシチュエーションで断るときに使えます。

断る相手を威嚇する必要はありませんが、相手の目をしっかりと見てハッキリと断るようにしましょう。あなたにまとわりつくムダな勧誘や物乞い、押し売りやナンパなどのすべてを断ることのできるフランス語です。惜しみなく使ってくださいね。

2. Merci c’est gentil, mais non merci. / メルスィ セ ジャンティー、メ ノンメルスィ / ありがとう、でもお断りします

フランス語で断るときにはハッキリと確実にお断りするのが一番なのですが、相手によっては少し穏やかに断りたいと思う人や、長時間手間を取らせてしまって申し訳ないと思う場合もありますよね。

そんな時には、フランス語の定番お断りフレーズの「Non merci(ノン メルスィ)の前に、「merci c’est gentil(メルスィ セ ジャンティー)」というフランス語フレーズを付けるとちょっと穏やかな断り方になります。

ビジネスでも、買い物中に親切に説明してくれた販売員などに対してもすべてのシチュエーションで使うことのできる断り方です。

3. Je ne comprends pas. / ジュ ヌ コンプラン パ / わかりません

フランス語のビジネスシーンなどで、たたみかけるような話し方をしてくる人も少なくありません。もし、相手の言い分が理解できないときに「わかりません」と断るときに使えるフランス語フレーズです。

自分が普段使わないフランス語は、普段会話に困ることのない人でも理解できないことがあるものです。わからないときには遠慮なく、このフランス語の断り方を覚えておくと便利ですよ。

4. Je ne sais pas. / ジュ ヌ セ パ / 知りません

フランス語の断り方で、ビジネスだけでなく一般的な日常会話の中でも、自分が知らないことを「知らない」と断るときのフレーズです。

短いフランス語ですが、特に強い断り方でもなく相手に不愉快を与える断り方ではないので、気兼ねなく使うことができますよ。

5. Je n’aime pas. / ジュ ネム パ / 好きじゃないです

フランス語で断るときに、自分が好きではないものや事柄をすすめられた場合に「好きではない」という断り方です。短いフランス語フレーズですが、どんな時にでも的確に伝えることのできる断り方です。

もっと丁寧に断りたいときには「Merci c’est gentil,mais~(メルスィ セ ジャンティ-、メ)」と付けると、やんわりとした表現になります。

6. Je regrette. / ジュ ルグレット / 申し訳ございませんが

フランス語で丁寧に断りたいときには、まず最初にこのフレーズを付けると、相手に不愉快な思いをさせずに断ることができます。ビジネスシーンで無理な要望を突き付けられたときや、しつこいお誘いを断るときに最適なフランス語フレーズです。覚えておいて損のないフランス語です。

7. C’est pas mal,mais~ / セ パ マル、メ~ / 悪くはないのですが~

フランス語で断るときの断り方として、相手の意見を否定せずにやんわりと断りたい場合、「悪くはないのですが」と断る前にワンフレーズ付けることで、相手に不快感を与えることなく断ることができます。

例えば、ビジネスシーンで相手側にすすめられた案件に対して、「Non」だけで断るよりも丁寧な断り方をすることができます。日常会話でも使うことができるフランス語なので、ぜひ覚えておきましょう。

8. Je ne sais pas exactement. / ジュ ヌ セ パ エグザクトゥマン / ハッキリとはわかりません

フランス語で断るときに、ビジネスシーンでも日常的にも尋ねられたことに対して、確実にはわからない場合の断り方です。確信のないできごとに対して話す場合には、この断り方を覚えておくと便利ですよ。

9. Je n’ai pas envie de manger maintenant. / ジュ ネ パ アンヴィ- ドゥ マンジェ マントゥナン / 今は食べたくありません

ビジネスシーンでも日常的にも、食事に誘われることってありますよね。時間帯や腹具合、または出された食べ物によってお断りしたいときもあるでしょう。そんな時にお相手にハッキリ丁寧に断ることのできる、フランス語フレーズです。ただ「Non merci.(いりません)」と断るよりも丁寧な断り方ができますよ。

10. Ce sera pour une autre fois. / ス スラ プール ユンヌ オ-トル フォワ / また別の機会にしましょう

フランス語で丁寧に断るときの断り方ですが、ビジネスシーンや日常的な会話やメールでも使うことのできるフランス語フレーズです。やんわりとした表現なので相手に不快感を与えることはありません。ちょっと日本の社交辞令的な表現でもあるので、相手をよく見て使うようにしましょう。

11. Je ne m’y intéresse pas. / ジュ ヌ ミ アンテレス パ / 興味ありません

フランス語で断るときには、「Non」だけでも断ることは出来るのですが、ビジネスや日常生活で興味のないことをすすめられることも多くありますよね。そんな時には、ただ「Non」というよりも、「興味がない」とハッキリ断ることをおすすめします。訪問販売や宗教の勧誘などに対しても使える断り方です。

12. Vous ne pouvez pas entrer avec ça. / ヴゥ ヌ プヴェ パ アントレ サ / この荷物は持ち込めません

ビジネスシーンや日常生活の場面において、持ち込み禁止物というものがあります。フランス語で「ça(サ)」というのは、「この荷物」という意味になりますが、このçaを他の名詞に変えれば色々使える便利なフランス語のお断りフレーズになります。

犬の同伴禁止なら「votre chien(ヴォ―トル シャン)」、自転車なら「Votre vélo」と変えるだけ。丁寧な言い方なので、相手に不快感を与えることも有りません。

13. Je ne peux pas accepter votre commande. / ジュ ヌ プ パ アクセプテ ヴォ―トル コマンド / そのご注文はお受けできません

ビジネスシーンなどで色々な注文を受ける場合もあると思いますが、相手の要望に添えない場合には、はっきりとこのフランス語フレーズを使って断りましょう。ハッキリ断る言い方ですが、丁寧な言い方でもあるので、押しに負けずに躊躇せずに使ってくださいね。

14. Je suis vraiment désolé,mais~ / ジュ スイ ヴレマン デゾレ / 本当に申し訳ございませんが

フランス語で「申し訳ございませんが」と会話の最初に付けることで、相手に対してとても丁寧な断り方をすることができます。お誘いを受けて断るときでも、先に「申し訳ございませんが」と付ければ、ただ忙しいと断るよりも柔らかい表現になります。

誰に対しても使う言い回しではありませんが、シチュエーションごとに区別して使うと便利なフランス語フレーズです。

15. Ce n’est pas possible. / ス ネ パ ポッスィーブル / それはできません

不可能なことを押しつけられたり、無理難題を吹っかけられた時には「それはできません」とハッキリ断るフランス語フレーズです。人によっては本当にむちゃくちゃなことを言ってくる人もいるので、湾曲的なフランス語を使うよりもその場で一発で断れる断り方です。

 

まとめ

いかがでしたか?
フランス語でも丁寧な言い方はありますが、物ごとを断るときには毅然とした態度でハッキリと、相手の目を見てしっかりとお断りするようにしましょう。

フランスでは特にアジア人差別というわけではありませんが、日本人は大人しくて断らないと思いこんでいる人も多く存在します。無理なことは無理と毎回キッチリ断るようにしましょう。フランス人はあっさりしているので、なにかを断ったところで腹に溜め込む人はいません。逆に、しっかり断った方が好感度がアップするので、断るときには今回ご紹介したフランス語の断り方を参考にしてくださいね。

 

フランス語の丁寧な断り方!ビジネスでも使える断るフレーズ15選!

1. Non merci. / ノン メルスィ
お断りします

2. Merci c’est gentil, mais non merci. / メルスィ セ ジャンティー、メ ノンメルスィ
ありがとう、でもお断りします

3. Je ne comprends pas. / ジュ ヌ コンプラン パ
わかりません

4. Je ne sais pas. / ジュ ヌ セ パ
知りません

5. Je n’aime pas. / ジュ ネム パ
好きじゃないです

6. Je regrette. / ジュ ルグレット
申し訳ございませんが

7. C’est pas mal,mais~ / セ パ マル、メ~
悪くはないのですが~

8. Je ne sais pas exactement. / ジュ ヌ セ パ エグザクトゥマン
ハッキリとはわかりません

9. Je n’ai pas envie de manger maintenant. / ジュ ネ パ アンヴィ- ドゥ マンジェ マントゥナン
今は食べたくありません

10. Ce sera pour une autre fois. / ス スラ プール ユンヌ オ-トル フォワ
また別の機会にしましょう

11. Je ne m’y intéresse pas. / ジュ ヌ ミ アンテレス パ
興味ありません

12. Vous ne pouvez pas entrer avec ça. / ヴゥ ヌ プヴェ パ アントレ サ
この荷物は持ち込めません

13. Je ne peux pas accepter votre commande. / ジュ ヌ プ パ アクセプテ ヴォ―トル コマンド
そのご注文はお受けできません

14. Je suis vraiment désolé,mais~ / ジュ スイ ヴレマン デゾレ
本当に申し訳ございませんが

15. Ce n’est pas possible. / ス ネ パ ポッスィーブル
それはできません

 


あなたにおすすめの記事!


タイトルとURLをコピーしました