ブラジルの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

ブラジルの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

(Gordon)

地球の裏側に位置するブラジル。行ってみたいと思いつつも、日本から一番遠い国なだけあって、情報収集が難しいことも多々あります。筆者も昨年ブラジルへ留学していましたが、留学前に一番困ったのが服装でした。ブラジルの天気は?気温は?服装はどうしたらいいの?と初めて行く国でドキドキでした。

そこで今回は、ブラジルの天気について徹底調査したいと思います。




 

ブラジルの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

 

1. 地域によって違う気候

ブラジルは一年中暑い国だと思っている方が多いのではないでしょうか。もちろん筆者もその一人で、キャリーケースに詰めていった服は、半そで・半ズボン・タンクトップなど、まさに夏の装い!

たしかに、ブラジルが暑い国であることに間違いはありません。しかし、それは地域によって違うのです。ブラジルの面積は8,516,00k㎡。日本の22個分の大きさです。これだけ大きければ国内で気候が違ってもおかしくありませんね。

筆者はクリチバというブラジルの南に位置する都市にいったのですが、到着時の気温は10℃。ニットがほしいくらいの寒さでしたし、実際現地の人たちはブーツやコートなど着ていました。(笑)

ブラジルは南半球に位置するので、日本とは逆で、南にいくほど寒くなり、北に行くほどあたたかくなります。オリンピックが開催されたリオデジャネイロより上の地域では、一年中暖かい気候です。アマゾンの方へ行くと、暖かいどころではなく、暑いです。逆に、南のサンタカタリーナ州では、雪が降る地域があるほどなのです!

 

2. 湿気とはさようなら

日本の夏のつらいところといえば、湿気ですよね。高温多湿気候なので仕方ないと思いつつも、耐えられません。ブラジルの夏は確かに暑いですが湿気がないので、日本の夏よりも涼しく感じます。日本のように、風が吹いても熱風ということはありません。

 

3. 乾季・雨季、どっちがおすすめ?

日本には四季がありますが、ブラジルは乾季と雨季の二種類に分けられます。では、乾季と雨季、どちらが旅行を楽しむことができるでしょうか?

ちなみに、雨季は12月下旬~5月、乾季は6月~11月です。雨季が夏にあたり、乾季が冬にあたります。地域によって誤差はありますが、だいたいこのくらいを目安にして大丈夫です。乾季はなかなかあまり雨が降らないので、ブラジル旅行には乾季がおすすめです。

しかし、雨季にしか見られない光景もあります。レンソイス・マラニャンセス国立公園をご存知ですか?ここには、純白の砂丘が広がっています。乾季に行くと、ただの真っ白な砂丘なのですが、雨季にはこの砂丘に、エメラルドグリーンの湖が生まれるのです。ここの湖はまさに絶景であり、ブラジルに行ったら絶対に訪れるべき場所です。ですから、筆者個人としては、雨季にブラジルに行くことをおすすめします。

 

4. 雨はどんな風に降るの?

季節と地域によって雨の降り方は異なるのですが、だいたいスコールをイメージしていただければと思います。さっきまで晴れていたのに、突然雨が降り出す、なんていうこともよくあります。折り畳み傘を常に持っておくことをおすすめします。

ただ、雨が降るときは一気に豪雨になるので、傘を出す前にびしょ濡れになり、傘を出すのも嫌になるということもたびたびありました。

また、クリチバという地域は、ブラジル1曇りと雨が多い地域で、一年の3分の2は曇り、と言われているほどです!筆者もクリチバに3ヶ月ほど滞在していましたが、確かに晴れ間を見ることは少なかったです。(笑) ちなみに、その年の11月は、一回も晴れなかったと、ニュースになっていたほどでした。

 

5. 天気予報は当たる?

筆者の受けた印象では、天気予報はだいたいはずれます。天気予報では雨と言っていたのに、カラッと晴れたり、晴れだと言っていたのに、土砂降りだったり。天気予報は基本あてにしない方が良いです。

 

6. 天気に左右される電気事情

ブラジルの電気事情は、日本ほどしっかりしておらず、大雨が降ったり、雷が鳴り始めると、停電するということがよくありました。停電したらもちろんWi-Fiも切れてしまいます。これは、観光客にとって大きな痛手ですね。

こういう時のために、プリペイド式の現地のSIMカードを買うことをおすすめします。自分の部屋にいて、雨の音が大きくなってきたら、9割の確率で停電していました。こういった電気事情は地域によるのかもしれませんが、筆者の住んでいたところはとにかくよく停電していました。

 

7. ブラジルの日差し、どうする!?

日本人の女性が一番気になるのがお肌のケアですよね。美白をたもちたいという女性が多いのではないでしょうか。ブラジルの日差しは、やはり日本に比べてかなり強いです。同じ時間、外にいたとしてもブラジルの方が日焼けするのは確実です。

ブラジルの日差しの場合、日焼けするというよりも、やけどすると考えた方がいいかもしれません。肌が強い方であっても、真っ赤になること間違いなしです。日焼け止めは現地でも買えるので、ビーチに行く際は、なるべく強い日焼け止めを購入しましょう。これは余談ですが、ブラジルは日本とは逆に、美白よりも日焼けしている女性がモテます。

 



まとめ

いかがでしたか?
ここで紹介したブラジルの気候は、ほんの一部でしかありませんが、旅行に行く際の参考にしていただけたらと思います。記事の中でも述べましたが、ブラジルはとても大きい国で、地域によって全く気候が異なります。ブラジルを縦断して、いろんな気候を味わってみるのも楽しいですよ。

 

ブラジルの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

1. 地域によって違う気候
2. 湿気とはさようなら
3. 乾季・雨季、どっちがおすすめ?
4. 雨はどんな風に降るの?
5. 天気予報は当たる?
6. 天気に左右される電気事情
7. ブラジルの日差し、どうする!?

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!