カンボジアの治安は大丈夫?現地で気をつけるべき7つの事!

カンボジアの治安は大丈夫?現地で気をつけるべき7つの事!

(Philip Brookes)

あなたは「カンボジアの治安」と聞くとどんな印象を持ちますか?割と治安がいいイメージ?それとも悪いイメージでしょうか。筆者はカンボジアに実際住んでいますが、治安は思ったほど悪くはありません。しかし自分の身を守るために注意いただきたい点があります。そこで今回は、カンボジア旅行を安全に楽しむために気を付けるべきポイントをご紹介します。

平和な日本にいると周囲への注意は意外とおろそかになりがち。安全に旅行を楽しむためにぜひこの記事を旅行前にチェックしてください。




 

カンボジアの治安は大丈夫?現地で気をつけるべき7つの事!

 

1. バイク事故にとにかく注意!

カンボジア旅行中に一番気を付けていただきたいのが交通事故です。交通ルールはあるのだろうかと思えるような運転で、大通りでも小道でも、場合によっては歩道でさえも車やバイクが走り抜けます。

観光に夢中になって、道に大きく広がって歩くのは避けましょう。前方をしっかり確認していないバイクが後ろからいつやってくるか分かりません。また道路を横断するときも要注意。慌てて走って道を横断すると逆に危険です。バイクと車をしっかり見ながら、ゆっくりと一定のペースで歩いて渡るようにすると、相手が上手に避けてくれます。

日本とは違い右側通行ですし、こちらのバイクは予想外の走行をします。海外でのバイクの運転に慣れていない場合は、レンタルバイクの利用は避けたほうが安全でしょう。

 

2. スリも頻発!移動中は持ち物をしっかりケア!

スリもカンボジアでよくみられる犯罪のひとつです。特にプノンペンのセントラルマーケットやロシアンマーケット、またシェムリアップのオールドマーケットといった人が多くいる場所は治安が悪くなりがちです。十分に注意しましょう。

口が大きく開いた、スマホや財布などが見えるトートバッグなどはカンボジア旅行には不向きです。カバンは口がしっかりと閉まるもの、できればリュックなどにして、体の前にかかえて歩いたほうが安全でしょう。

買い物をした後カバンの口を閉めるのを忘れて歩くのも危険です。買い物の後はすぐに財布をしまい、カバンの口もしっかり閉めてからその場を動くようにしましょう。

 

3. ひったくりは歩行者だけでなくバイクからも!

ひったくりもまたカンボジアで特に多い犯罪のひとつです。軽犯罪が多いという意味では、カンボジアの治安はまだまだ良いとは言えません。歩道を歩くときはカバンを道路の反対側に持ち、なるべく道路から離れたところを歩きましょう。

最近はバイクに乗っている時にカバンをひったくられるという事件も増えています。肩かけカバンのひもをハサミで切り、落ちたカバンを拾って逃げるといった悪質な犯罪も見られます。バイクタクシーやトゥクトゥクに乗る時は、カバンを自分のお腹のあたりでかかえるようにして、カバンが道路側にブラブラしないように気を付けましょう。

 

4. 夜の一人歩きは目立つので用心しよう!

カンボジア人は歩くのが嫌いで、ほんの少しの距離でもバイクを使って移動します。そのため外国人が道を歩いていると大変目立ちます。目立つということは、その分犯罪者に目を付けられる可能性も高くなるということ。後を付けられて、人目の少ないところでスリやひったくりの被害に遭うことも少なくありません。

長い距離の移動時は出来るだけトゥクトゥクなどを使うようにしましょう。特に夜の時間帯に1人で出歩くのは避けたほうが無難です。プノンペンのリバーサイドやシェムリアップのパブストリートにはバーが立ち並び、夜遅くまで店が開いていますが、時間帯が遅くなるほど治安が悪くなります。深夜の一人歩きは絶対に避けましょう。

 

5. スマホを使う時は周囲に気をつけて!

スマホのおかげで海外旅行もずいぶんと楽になりました。しかしカンボジアでは、その取扱いに注意が必要です。道路沿いでスマホを見ようとして、あるいは写真を撮ろうとして、後ろからやってきたバイクにスマホをすられるという犯罪がひっきりなしに起きています。

地図のアプリや翻訳アプリ、カメラなどスマホで行いたいことはたくさんあるかもしれません。しかしスマホを取り出す場所にはぜひ注意してください。カンボジアにはたくさんのカフェがありますから、少し店に立ち寄ってスマホを取り出すほうが安全でしょう。

 

6. 日本語で話しかけてくる人に気を許してはダメ!

日本語で親しげに話しかけてくる現地の人には十分注意してください。日本語を勉強しているので教えてほしい、一緒に食事をしようなどと声をかけ、巧みに金品を奪う詐欺事件がカンボジアでも横行しているからです。

慣れない外国の地で日本語を聞くと安心してしまうかもしれませんが、相手がどんな人か分かりません。悪い人に見えなかったとしても、ついて行ったり一緒に食事をするのは絶対に避けましょう。知らない人に親しげにされても、相手にするのをやめたほうが安全でしょう。

 

7. トゥクトゥクやバイクタクシーでのトラブルに注意!

乗り物に乗る時も注意が必要です。トゥクトゥクやバイクタクシーでは料金のぼったくりが日常的に行われています。しかし無理に値段交渉をしすぎると、相手の機嫌を損ねて目的地まできちんと連れて行ってくれないという可能性もありますので、ほどほどにしましょう。明らかに怪しげなバイクタクシーなどを使うのも避けましょう。人通りの少ないところに連れて行かれ、金品を奪われるという事件もまれに起きています。

カンボジアでは近年路線バスが開通しましたし、メーター制のトゥクトゥクを呼べるアプリも登場し始めています。そのような安心できる移動手段を確保し、安全に市内を移動できるよう気を付けましょう。

 



まとめ

いかがでしたか?
気を付けるべきポイントをおさえておけば、カンボジア旅行はあなたが思うよりも安全に楽しめるはず。しかしいざという時のために、緊急連絡先などをまとめたメモを用意しておくとより安心です。安全な日本を離れているということだけは忘れずに行動して、旅行全体をいい思い出で飾れるようにしたいですね。

 

カンボジアの治安は大丈夫?現地で気をつけるべき7つの事!

1. バイク事故にとにかく注意!
2. スリも頻発!移動中は持ち物をしっかりケア!
3. ひったくりは歩行者だけでなくバイクからも!
4. 夜の一人歩きは目立つので用心しよう!
5. スマホを使う時は周囲に気をつけて!
6. 日本語で話しかけてくる人に気を許してはダメ!
7. トゥクトゥクやバイクタクシーでのトラブルに注意!

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!