ベトナムでビザを取得する時に苦労する6つのポイント!

ベトナムでビザを取得する時に苦労する6つのポイント!

(Daniel Greer)

近年、外資系企業の進出や世界各国から徒越される留学生の増加によってビザの取得は年々厳しくなっています。日本を含む7カ国はベトナム国とビザ免除協定を結んでいる為、一定期間ならビザを取得せずに入国する事が可能です。今回は、ベトナムで取得する際のポイントについて詳しくご紹介します。



 

ベトナムでビザを取得する時に苦労する6つのポイント!

 

1. ビザ取得の際に必要なもの

・申請書

・6ヶ月以上の有効日数があるパスポート

・証明写真4×3を2枚以上(カラー)
※労働許可証を取得する際は必ず白地のワイシャツに青の背景←この設定は写真屋で修正可能な為、どんな服を着て写真撮影をしても問題ありません。)

・健康診断書
(労働許可証(ワークパーミットを取得する際、健康な身体でベトナムで働く事が出来ますと証明する為))

・無犯罪証明書(労働許可証を取得する場合)
※こちらはベトナムでも取得可能

・学校卒業証明書(労働許可証を取得する為)

・在職証明書(労働許可証を取得する為、過去の職業先で発行してもらう)
※必ず日本の公証役場で手続き済みのものを提出すること

 

2. 時間がかかる

ベトナムでビザを取得する際、日本で取得するのとそれ程変わりません。ベトナムでは申請してから取得するまでの時間が1週間程度です。酷い時は、現地スタッフの手違い等で1ヶ月ほどだとか。ビザの種類によりますが、日本で取得する場合は半日あれば必ず取得できます。観光ビザの場合はとても作業が早く、タイミングが合えば申請してから取得まで15分かからない時もあります。

 

3. 観光ビザ

日本人の場合、15日以内であればビザ免除で入国することができます。15日以上滞在する為に必要なビザを観光ビザと言います。1ヶ月もしくは3ヶ月のものしか発行されない為、3ヶ月以降滞在する予定があればベトナム現地で申請することが可能です。申請場所はベトナム司法省(ハノイ・ホーチミン)ですが、そこには日本語は通用しない為、自信がなければ日系旅行代理店で申請してもらうのが安心です。観光ビザは期間の違いとシングル、マルチタイプがある為、金額は異なるが、短期間の旅行を考えている場合は1万円前後で申請することが可能です。

 

4. ビジネスビザ

15日以上の滞在や商談をする際に必要なのはビジネスビザになります。種類は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年があります。また、2015年からビジネスビザを取得する際に在ベトナム企業からの申請に基づく許可証が必ず必要になっています。

 

5. 一時滞在許可証・労働許可証

ベトナム国内で就労する際に取得しなければならないのが一時滞在許可証です。現在は労働許可証をもつ外国人労働者にたいして最大2年間の一時滞在許可証が発行されます。期限が切れた場合は更新になります。外国人はベトナム国内にいる際いつどんな時でも身につけていなければならない大切なビザの一つになります。実際のものは青いパスポートサイズのカードになり、そこには労働者の情報が記載されてます。パスポートと同じくらい大切なもので無くしてはいけません。また、申請代金は殆どの場合企業が支払います。

 

6. 就学ビザ

ベトナムで留学する学生が取得すべきビザです。実際に大学に通う期間中のみビザの発行をすることができます。ベトナム司法省から大学の受け入れ許可証や、願書等のコピー等を提出するように指示がある場合がある為、事前の準備が必要です。申請代金は1万2千円前後。※日本人学校に入学している子供はビザの申請が不要。

 

まとめ

いかがでしたか?
申請方法には人それぞれですが、一番良い方法としては在日ベトナムで事前にビザを取得しておくことです。在日ベトナム大使館では必ず1日あれば取得できますし、金額も現地で取得するのと大して変わらないからです。現在は、申請書をネットでダウンロードすることができます。その申請書に取得したいビザ情報を記入し、パスポートと共に封筒に入れ在日ベトナム領事館あてに郵送すると1週間程でビザを取得することができとても便利です。時間はかかりますが、大使館まで行く時間がない人や、家が遠い人向けに使われているとのこと。

また、現地でやむを得なくビザを取得しなければならない場合、取得する場所はハノイ司法省あるいはホーチミン司法省になります。司法省には日本語が話せるスタッフが1人もいません。よって司法省に取得したいビザについて説明が出来ない場合があったり、記入する用紙もベトナム語の為、困ることがあるかと思います。その場合は、現地の日系旅行代理店に依頼をすると時間とサポート料金は取らますが、安心してビザを取得する事が出来ると思います。また、今回は上記4つのビザについてご紹介しましたが、実はベトナム現地で取得できるビザの数は20種類くらいあります。あなたの旅行日程に一番あうビザを取得できたらいいですね。是非、旅行に行く前に上記4点を参考にして頂ければと思います。良い旅をお過ごしくださいね。

 

ベトナムでビザを取得する時に苦労する6つのポイント!

1. ビザ取得の際に必要なもの
2. 時間がかかる
3. 観光ビザ
4. ビジネスビザ
5. 一時滞在許可証・労働許可証
6. 就学ビザ

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!