ベトナム・ハノイ空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!

ベトナム・ハノイ空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!

(David McKelvey)

ベトナム・ハノイへ旅行を考えているあなた!旅の始まりは空港から。第一関門の空港でトラブルに遭ったりしたら先行き不安になりますよね。そこで今回は、あなたの旅を楽しく安全なものにするために、ハノイ在住の筆者から、ハノイにある空港「ノイバイ空港」での過ごし方や注意点などをご紹介します。




 

ベトナム・ハノイ空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!

 

1. ノイバイ国際空港

ハノイにある空港といえば、Nội Bài(ノイバイ)国際空港です。2015年に新ターミナルが開港し、国際線発着はすべてこの新ターミナル(第2ターミナル)となりました。以前はお土産すら品揃えは悪く、雰囲気も暗く、首都にある国際空港とは思えないほどの空港だったのですが、新ターミナルになってからは国際空港らしくなりました。現在国内線ターミナルとして利用されている第1ターミナルは、以前の古い建物のままです。ターミナル間には無料のリムジンバスがあるので、国内線乗り継ぎの場合は、バスで移動しましょう。ノイバイ空港へは成田、羽田、関西、中部、福岡から直行便があり、非常にアクセスもしやすいです。

 

2. 空港での過ごし方

ノイバイ空港での乗り継ぎや、出発時刻までの待ち時間にオススメの過ごし方があります。国際線の場合は出国後エリアのほうが楽しめますので、早めに入ってしまいましょう。出国後エリアではラウンジでゆっくりするもよし、免税店でショッピングするもよしです。しかし、そこまで大きくない空港ですので、時間を持て余してしまうかもしれません。そんな時にオススメなのは、フットマッサージ!空港価格のため少々高いですが、日本でのマッサージと比べると安いです。ぜひ旅の疲れを癒してみてはいかがですか?ただし、高額なチップを要求するマッサージ師もいるようですので、その場合はきっぱりと断って大丈夫です。ラウンジが使える人は、ラウンジにはシャワーも付いていますし、マッサージチェアもありますのでそちらで十分かもしれませんね。

 

3. 荷物が出てくるのは遅い

入国が終わったら、荷物の受け取りをする人が多いと思いますが、ノイバイ空港では荷物が出てくるのは遅いです。筆者は運良く長時間待たされた経験はありませんが、基本的には遅く、1時間待ちは普通のようです。ロストバゲージだと思ってしまうほどですが、まずは待ちましょう。出張などで時間がない人は、できるだけ荷物を預けないほうが無難ですね。

 

4. 両替は空港でもOK

空港の両替はレートが悪いというイメージですが、ノイバイ空港の両替所のレートは市内とさほど変わりません。(新ターミナル開港前はレートが悪かったのですが、現在はそれほど悪くありません。)市内で両替所を探すのも面倒ですし、悪い両替所にあたってトラブルが起きることもありますので、空港である程度の両替を済ませておいたほうが良いでしょう。到着ロビーに出ると、左右に両替所があります。どこもレートは同じですので、空いているところに行けば大丈夫です。ちなみに成田や羽田でも両替はできますが、レートは非常に悪いので、現地で両替したほうが良いです。

 

5. 空港からのタクシーはメーターで!

ノイバイ空港はハノイ中心部から北へ約45 km離れており、車で約40分程度の距離です。空港から市内への移動は、タクシーが最も使いやすいでしょう。空港の出口を出て左端に、「TAXI」と書かれたタクシー乗り場があります。途中「taxi, taxi」と声をかけてくる人がいますが、トラブルになりやすいので、タクシー乗り場まで行きましょう。タクシー乗り場には順番待ちのレーンがありますので、そこに並びます。

最近はほとんどが安全なタクシーなのですが、ドライバーによってはトラブルになることもあります。比較的安心できるタクシー会社は、白色に赤ラインの「Taxi Group(CPとも言う)」と、緑色に白文字の「Mai Linh(マイリン)taxi」です。住所を伝えて、メーターで行きましょう。ドライバーのほうから定額料金を言ってくる場合は、メーターより高い金額を吹っかけてくることが多いので、メーターを使うように交渉するか、次のタクシーに乗り換えましょう。空港から市内中心部までは、大体35万ドン〜40万ドン(≒1750円〜2000円)程度が相場です。

 

6. タクシー以外の交通手段は?

タクシーの他に、市バス、乗り合いバス、航空会社のリムジンバスがあります。また、ホテルの送迎を頼める人はそれが最も安全でしょう。市バスは3万ドン(≒150円)で市内まで行けるのですが、土地勘がない人にはオススメしません。乗務員かドライバーに住所を伝えると一番近い降り場で教えてくれますが、混んでいたり、乗務員が忘れていたりで降りそびれることもありますので、気をつけましょう。また、終点バスターミナルではスリなどが多いので注意してください。

乗り合いバスは、人数が集まれば出発します。住所を伝えればそこまで連れて行ってくれますが、他の乗客のホテルを回って行くため、急いでいる人にはオススメしません。また、トラブルも起こりやすいので、あまり慣れていない人はやめておいたほうがいいでしょう。金額は大体10万ドン(≒500円)前後です。値段交渉も必要になります。

最近では、航空会社のリムジンバスも出ています。ベトナム航空、ベトジェット、ジェットスターの3社から出ています。こちらは4万ドン(≒200円)で、比較的安心して利用できます。市内の航空会社オフィスなどで停留しますので、そこからタクシーに乗るなどしてホテルに向かう必要があります。

 

7. 市内から空港へのアクセスは?

筆者オススメはタクシーです。空港から市内へのアクセスとは異なり、定額制で安く、時間も確実です。時期にもよりますが、大体19万ドン〜25万ドン(≒800円〜1250円)です。各タクシー会社に電話で予約をする必要があります。筆者はいつも緑のMai Linh(マイリン)タクシーを利用しています。空港タクシーは英語も通じますが、ホテルに「Taxi Mai Linh Airport」と言ってお願いすればよいでしょう。

大体指定時間の15分前頃から待機しています。時間にはルーズな国なのですが、空港タクシーはしっかり時間を守ってくれますので安心してください。乗車時に、念のためドライバーに金額を確認したほうが確実です。

 

まとめ

いかがでしたか?
ノイバイ空港は毎年お店も増えてきているので、さらに良くなっていくことでしょう。せっかくの旅行や留学を台無しにしないためにも、この記事を読んでトラブルを避け、空港での快適な時間を過ごしてくださいね。

 

ベトナム・ハノイ空港を徹底調査!旅行前に知るべき7つの特徴!

1. ノイバイ国際空港
2. 空港での過ごし方
3. 荷物が出てくるのは遅い
4. 両替は空港でもOK
5. 空港からのタクシーはメーターで!
6. タクシー以外の交通手段は?
7. 市内から空港へのアクセスは?

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!