女の子には花束を?イギリスのバレンタインデー6つの豆知識

女の子には花束を?イギリスのバレンタインデー6つの豆知識

(flickr By Karsten Seiferlin)

2月14日はバレンタインデー。日本では、女性が男性にチョコレートを贈る大切な愛の贈り物から、職場の男性に対する感謝の意味での義理チョコ、または友達に渡す「友チョコ」などがあります。では、イギリスではどんなバレンタインデーとなるのでしょうか。今回はイギリスのバレンタインデー事情を詳しくご紹介します。



 

女の子には花束を?イギリスのバレンタインデー6つの豆知識

 

1. イギリスのバレンタインデーは、日本と違う?

日本とイギリスのバレンタインの違いってなんでしょうか。女の子から男の子へ、チョコレートを好きな人に渡す大事な日、というのが日本のバレンタインデーです。ですが、イギリスのバレンタインは、チョコレートは渡しません。歴史も日本より古く、18世紀中ごろ、愛する人に送った愛のノートが始まりだったといいます。19世紀には刺繍を織り込んだカードや写真たてといったものに変わりますが、時代が変わっても、想いを伝える、ということのようです。そのころからの伝統を受け継いで今もカードを送る風習が残っています。

 

2. バレンタインカードってどんなもの?

カードだけのプレゼント、というよりも最近は、プレゼントにカードを添えるというものが多いようです。赤いバラに一枚のカード。送るときは自分の名前を書かない、というのがバレンタインカードのルールです。そして、バレンタインカードに書く宛名は、かならず、

From your secret admirer.

と書き込みます。付き合っている彼がなぜ彼女に送るときは、「あなたの秘密の信奉者より」なんてこの言葉を入れるのか。この古典的な言い回しを入れるところが、いかにも英国風ですね。しかし、これ、問題が発生してしまうことが結構あるそうです。なぜなら彼からのプレゼントだと思って受け取ってしまうケースが多々あるとか。カレ的に「どうして知らない人からのプレゼントを受け取るんだよ」と言われて「だって密かに愛する者って書いてあるんだもの。誰だかわからないでしょっていうか、あなた、私の彼なのにプレゼントもくれないわけ?」と逆切れされるケースもあるとか…。こんなときは、女性も周りを用心しなくてはいけないかも、しれませんね。(ストーカーの可能性もあるかも…)

 

3. バレンタインは、どんな食事をするの?

バレンタインは女の子に奉仕する日。イギリスのイケメン君たちは、なぜか料理が得意です。(そしてイケメンの男の子はゲイの可能性も有。判断にくりょするところではありますが…)イケメン君たちはどんな料理を作ってくれるのでしょうか?料理が得意な彼らのレシピにあるバレンタインディナーは、

ローストチキンのラズベリーソース添え
ピンクホイップのカップケーキ
エビの蒸し焼き
ベジタブルピザ
フィッシュケーキなどなど

ほとんどが「ママから教えてもらったんだ」というと思いますが、自分で努力した人も多いはず。彼女の好きなものを作って食べる、もしくは彼女と共に作って食べるのがイギリス流のようです。食事のあとは、ワインとカナッペをつまみに、リビングでまったりとロマンティックな映画を見る。明かりはキャンドルで、バレンタイン時期もきれいでかわいいキャンドルが売りに出されています。元々、イギリスにはこのまったり派が多いのではないでしょうか。

 

4. バレンタインに旅行をしよう

ショートトリップでは、大体1泊2日から2泊3日で行ける旅行のことを指しますので、ユーロスターでの旅行。人気なのは、恋の国、フランスのパリや芸術の国、ベルギー、または直接ユーロディズニーランドに行くことも可能です。または、スコットランドのエジンバラ、ヨークなど、自分の住む場所とは違った、ところで甘い時間を過ごしたのち、ホテルに泊まってロマンティックな夜を過ごす、というのが定番です。

 

5. ロマンティックな夜を。バレンタインディナー

もし、リッチにバレンタインディナーを楽しむなら、どんなところがいいのか。やはりこういったときは「非日常で、ゆっくりと甘い気分が過ごせる場所」が人気です。

▼おすすめ1
ロンドンテムズ川ディナークルーズ
「え?水の上?っていうか、クルーズって観光客用じゃないの?」とおっしゃる方が多いですが、ロンドンディナークルーズは、「食事良し、お酒良し、ロケーション良し。音楽良し、ロマンティック度100%」なので大変人気のあるものです。そして、2月14日には特別にバレンタインディナークルーズがあります。おしゃれした老若男女がこぞってやってくるクルーズは本当に素敵です。それに、このクルーズ、食事と食前シャンパンと赤いバラ付き…。この日は船内では、女性の前で膝を折って花を捧げる男性が現れることでしょう。ゆっくりと非日常の空間でロマンティックな時間が過ごせること請け合いです。

▼おすすめ2
R18魔法学校ホグワーツでのバレンタインを祝おう
イギリス生まれのベストセラー小説「ハリーポッター」の世界でバレンタインはいかがですか?ワーナーブラザーズスタジオツアー主催の本物のホグワーツでのディナーを楽しもうというツアーです。もちろん食事はあの大食堂、グレートホールで英国料理のコース料理を味わえます。長い机にたくさんのお皿、デザートに恋の媚薬にバタービール、ハリーポッターの世界に思いを馳せながら、自分も魔法学校の生徒になった気分を味わえるイベントです。バレンタインに午後6時40分~真夜中までということで、18歳以上の方限定のイベントでもちろんカップルでの申し込みとなります。もしかすると、本物の魔法使いに会えるかもしれません。

 

6. イギリスにホワイトデーはあるの?

一昔前まで3月14日のホワイトデーはなかったイギリスです。が、最近になって、男性のための日、Steak & Blowjob Dayができつつある、らしいです。Steak & Blowjob Dayとは、日本のホワイトデーのように、男性が女性に「キャンディ」や「マシュマロ」でお返し、とか3倍返しとかそういうものではなくて「ステーキ」と女性の奉仕、ってところがいかにも肉食。彼女に対してちゃんとプレゼントも渡したし、ロマンティックな時間をあげたんだから、今度はちゃんと返してね、という日らしいのですが…。イギリス女性は、一見かわいくて素敵だけれど強い意志を持った女性が多いですから、心優しいイギリス男性は無理強いできない人が多いでしょう。おそらく根付くのは「よっしゃ、3月14日だからステーキを焼いてあげるわ」「わーい、ありがとう」くらいです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
イギリスのバレンタインデーは、日本に比べてかなり地味です。そしてバレンタインのイベントが増えてきているようですが、内容を見るとあまり普段と変わらないようなイベントだったりします。それでも、街には楽しげに歩くカップルなどがいて、愛に満ちた日、といえるでしょう。店先にはハート形のバルーンアートが飾られ、LOVEという文字が街の至る所で乱舞する、そんな時期。寒いけれど、ほんわりと温かくなる2月14日。スタンドで買ったホットワインを飲みながら、のんびり街を眺めてみるのはいかがでしょうか?

 

女の子には花束を?イギリスのバレンタインデー6つの豆知識

1. イギリスのバレンタインデーは、日本と違う?
2. バレンタインカードってどんなもの?
3. バレンタインは、どんな食事をするの?
4. バレンタインに旅行をしよう
5. ロマンティックな夜を。バレンタインディナー
6. イギリスにホワイトデーはあるの?

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!