スイスの時差を分析し最高の旅行にする6つのコツ

スイスの時差を分析し最高の旅行にする6つのコツ

赤の地に白十字の国旗が印象的な国、スイス。あなたはスイスと日本の時差がどれくらいかご存知ですか?スイスと言えば、マッターホルンなどアルプスを代表する4000m級の名峰がそろい、雄大な絶景を楽しむことができます。また、車窓からの景色を含め世界遺産に登録されている鉄道や美味しいチョコレートなど魅力に満ちています。今回は、そんな魅力に満ちたスイスを十分に満喫する為に、スイスの時差を把握して最高の旅行にする6つのコツをご紹介いたします。



 

スイスの時差を分析し最高の旅行にする6つのコツ

 

1. スイスの時差は7〜8時間

スイスの国土面積は日本の九州よりやや小さいくらいで、日本と同様に国内の時差はありません。日本との時差は8時間。日本の方が8時間進んでいて、例えば、日本が朝7時の時、スイスはまだ深夜の1時となります。又、スイスは毎年サマータイムを実施していて期間は3月の最終日曜AM2:00(=AM3:00)〜10月の最終日曜AM3:00(=AM2:00)となり、1時間時間が早くなります。その為、日本との時差も1時間減ることになりこのサマータイム期間中の時差は7時間となります。

 

2. フライト時間は約12時間〜

スイスまでのフライト時間は、まず直行便を利用すれば12時間〜13時間。ちなみに現在日本とスイスを直行便で結んでいるのはスイス・インターナショナル・エアラインズのみです。乗り継ぎが無いのでとても便利ですね。また、他の国を経由して乗り継いで行く場合は、KLMオランダ航空、エールフランスやブリティッシュ・エアウェイズ、また南回りで行くならエティハド航空などがあります。

 

3. お勧めは直行便のスイス・インターナショナル・エアラインズ!

他の国を乗り継ぎして行く場合に比べて、料金は少々上がりますが直行便だと所用時間も短くなり現地で使う時間も増え、結果的にはお得かと思います。逆に南回りのエティハド航空などを利用すると所用時間は40時間ほどかかり到着も2日後となってしまいます。時間はかかっても低コストで行きたい場合やマイルを貯めたい場合は良いかもしれませんが、限られた時間を有効に使いたい場合にはおまりお勧めできません。もし他の国を経由して行くならば、スイスはヨーロッパの中央辺りに位置しているのでヨーロッパ各国の航空会社を利用すると効率良くアクセスできます。エールフランスやブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザドイツ航空、KLMオランダ航空、スカンジナビア航空などです。いずれの航空会社を利用しても同日中に到着する便があります。

 

4. 旅の出発、お勧めはチューリヒとジュネーブ!

スイスを代表する大都市と言えばチューリヒとジュネーブ。チューリヒはスイスで1番の都市でありホテルの種類も多く、美術館や博物館なども大変充実しています。更にスイスの鉄道道路の起点にもなっていて、周辺地域への移動はとても効率良くできます。ジュネーブは国連ヨーロッパ本部などがあり、やはり交通網は発達していてスイス各地へそのまま向かう事ができます。日本からの直行便はチューリヒ空港に到着しますが、途中乗り継いで行く場合は、到着した後の事を考慮して空港を選んだ方が良いでしょう。国内にはこの他にベルン、バーゼル、ルガーノなどに空港がありますが、小規模の空港で利便性もあまり良くないので出発点としては非効率かもしれません。

 

5. 時差ボケしない到着時間は?

時差による影響はできれば最小限に留めたいものですね。例えば、現地時間に合わせて機内では眠らないようにしよう、など色々と方法もあるかと思います。スイスへ行く場合、ヨーロッパ系の航空会社を利用すると日本を大体、午前中に出発してスイスに夕方到着するパターンが多いです。ですので例えば、夏の時期スイスに到着したのが夕方5時頃とすると日本では夜中の12時となります。ちょうど眠くなる時間ですが、そのままホテルへ直行して眠ってしまうと夜中の2時〜3時に目が覚めてしまい調子が狂ってしまいますね。ですのでスイスの空港へ到着したら近場のレストランで食事をするか空港で何か買ってホテルで食べるなどして適度に時間を潰してから眠ると翌朝、爽やかに目覚められそうです。

 

6. 国境を越えて効率よく他国を楽しもう!

フランス、ドイツ、イタリアなど4つの国に囲まれたスイスでは隣の国の空港に到着してスイスへ入ってもそんなに時間はかかりません。イタリアのミラノやドイツのフランクフルトなどは地理的に便利ですね。パリからではフランスの高速列車TGVに乗車すれば3時間半程でジュネーブへ到着します。スイスならではの交通の便の良さを活かしてプラスに楽しんでみてはいかがでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
どんなプランでスイスへ出発するか決まりましたでしょうか?スイスならではの交通の便の良さや地の利を活かして、色々と旅の選択肢を広げる事も出来そうですね。まずは自分にとってより有益な航空チケットはどれかを選んでみてはいかがでしょう。ぜひ楽しく良い旅を!

 

スイスの時差を分析し最高の旅行にする6つのコツ

1. スイスの時差は7〜8時間
2. フライト時間は約12時間〜
3. お勧めは直行便のスイス・インターナショナル・エアラインズ!
4. 旅の出発、お勧めはチューリヒとジュネーブ!
5. 時差ボケしない到着時間は?
6. 国境を越えて効率よく他国を楽しもう!



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!