現地で絶対食べたいおすすめポルトガル料理10選!

現地で絶対食べたいおすすめポルトガル料理10選!

「ポルトガル料理はおいしい。」ポルトガル帰りの人々がよく口にする言葉です。日本ではそこまでメジャーではありませんが、実はポルトガルには日本人の口に合う料理が沢山あるんです。今回は、ポルトガルに行ったら絶対に食べたいおすすめ料理を10品ご紹介します!

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

現地で絶対食べたいおすすめポルトガル料理10選!

 

1. パステス・デ・バカリャウ(Pasteis de Bacalhau)

現地で絶対食べたいおすすめポルトガル料理10選!_パステス・デ・バカリャウ

ポルトガルは魚介類の料理がたくさんありますが、最も消費量が多いと言われているのがバカリャウ。これはタラの身を塩漬けにして乾燥させたもので、その調理方法は365日分あると言われるほどに豊富です。その中でもバカリャウのコロッケはバカリャウ料理の代表的存在。前菜として出てくることの多いこの料理、ほぐしたバカリャウとじゃがいも、たまねぎなどが入った生地を油で揚げたものです。スナック感覚でも食べられるおすすめの一品です。

 

2. カルド・ヴェルデ(Caldo Verde)

現地で絶対食べたいおすすめポルトガル料理10選!_カルド・ヴェルデ

スープといえばこちら。ケールやちりめんキャベツなどとじゃがいも、たまねぎ、チョリソーを使ったシンプルな味付けのスープです。ガーリックの香りが素材のおいしさを引き立てます。カルド・ヴェルデは緑のスープという意味があります。お食事と一緒にぜひ頼んでみてください。

 

3. カルネ・ド・ポルコ・アレンテジャーナ(Carne de Porco a Alentejana)

現地で絶対食べたいおすすめポルトガル料理10選!_カルネ・ド・ポルコ・アレンテジャーナ

豚肉とあさりのアレンテージョ風という名のこの料理、豚肉とあさりの炒め物にコリアンダーを加えたアレンテージョ地方の料理です。豚肉とあさりの旨みがたっぷりでお酒がすすみそう。ポルトガルではコリアンダーを使った料理が多いのですが、アジアで使われるパクチーよりもクセがないので苦手なあなたでも意外と食べられるかもしれません。

 

4. コジード・ア・ポルトゥゲーザ(Cozido a Portuguesa)

現地で絶対食べたいおすすめポルトガル料理10選!_コジード・ア・ポルトゥゲーザ

ポルトガル風の煮込み料理で、塩と水でいろいろな部位の豚肉、野菜、豆、腸詰などをゆでたポトフのようなもの。こういった素朴な料理は現地で食べるとおいしさも格別です。血の入ったソーセージや豚足や耳など、見た目はワイルドですが豚の旨みがスープにたっぷり出ているのでとても深い味わい。寒い日にぴったりです。

 

5. バカリャウ・ア・ブラス(Bacalhau a Braz)

現地で絶対食べたいおすすめポルトガル料理10選!_バカリャウ・ア・ブラス

干しダラと細切りのフライドポテトに卵を加えて炒めた優しい味の一品で、よく食べられるバカリャウ料理のひとつです。ブラックオリーブが散りばめられているバカリャウ・ア・ブラスをよく見かけますが、このオリーブが良いアクセントになり料理の味を引き立てています。

 

6. サルディーニャス・アサーダス(Sardinha Assadas)

現地で絶対食べたいおすすめポルトガル料理10選!_サルディーニャス・アサーダス

代表的なポルトガル料理のイワシの塩焼き。玄関先でイワシを焼いている人なんかもポルトガルに行くとよく見かける光景です。粗塩が振られたイワシの塩焼きをフォークとナイフでほぐしてオリーブオイルやビネガーなどをかけて食べます。身がふんわりしていてとってもおいしい。異国の地で食べるイワシの塩焼き、ちょっと不思議ですね。

 

7. アロス・デ・マリスコス(Arroz de mariscos)

現地で絶対食べたいおすすめポルトガル料理10選!_アロス・デ・マリスコス

こちらはシーフードリゾットです。他にもタコのリゾットやあんこうのリゾットなども有名ですが、まずは数種類のシーフードが入ったこちらを食べてみてください。魚介の旨みがぎゅっと凝縮されたスープが絶品。2人前からのオーダーというお店が多いので注意が必要ですが、とにかくこれは絶対におすすめしたい一品です。

 

8. パステル・デ・ナタ(Pastel de Nata)

現地で絶対食べたいおすすめポルトガル料理10選!_パステル・デ・ナタ

エッグタルトの元祖とも言われているこのパステル・デ・ナタは、リスボンにあるジェロニモス修道院から生まれたそうです。そしてこの修道院の近くにあるパステイス・デ・ベレン(Pasteis de Belem)という洋菓子店が初めて修道院のパステル・デ・ナタを再現して売り出したお店ということで、こちらはリスボンに行ったら必ず立ち寄りたいお店のひとつです。たっぷりの粉糖とシナモンをかけて食べるのがポイント。パイ生地がパリパリで甘さも控えめなのでいくつでも食べられそうです。

 

9. パン・デ・ロー(Pao de lo)

現地で絶対食べたいおすすめポルトガル料理10選!_パン・デ・ロー

カステラの原型であるパン・デ・ローは日本のものと少し違い、丸くて中が半熟になっています。これはたくさんの卵、少量の小麦粉、砂糖を使って作るためです。ポルトガルの北部が発祥の地と言われています。材料がシンプルで素朴な味のパン・デ・ローはポルトガルの伝統的、大衆的な菓子の一つ。最近日本でも半熟カステラが出てきていますが、ぜひ本場ポルトガルでも食してみてください。

 

10. ヴィーニョ・ヴェルデ(Vino Verde)

現地で絶対食べたいおすすめポルトガル料理10選!_ヴィーニョ・ヴェルデ

直訳すると「緑のワイン」と言われる微炭酸のワインは若いワインを意味しており、爽やかでとても飲みやすいワインです。よく冷えたヴィーニョ・ヴェルデはポルトガル料理にとってもよく合います。アルコール度数も普通のワインに比べると低いので、おいしい料理と合わせたらついつい飲みすぎてしまいそう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は比較的ポルトガルのどの地域でも食べられる料理を中心にご紹介しました。その他にもさまざまなローカルフードが地域ごとに存在します。現地に行くと、胃袋がもう一つあればいいのに!なんて思うぐらいに食べたいものが次々見つかること間違いなしです。ぜひ旅先でのお気に入りのレストランを見つけてみてくださいね。

 

現地で絶対食べたいおすすめポルトガル料理10選!

1. パステス・デ・バカリャウ(Pasteis de Bacalhau)
2. カルド・ヴェルデ(Caldo Verde)
3. カルネ・ド・ポルコ・アレンテジャーナ(Carne de Porco a Alentejana)
4. コジード・ア・ポルトゥゲーザ(Cozido a Portuguesa)
5. バカリャウ・ア・ブラス(Bacalhau a Braz)
6. サルディーニャス・アサーダス(Sardinha Assadas)
7. アロス・デ・マリスコス(Arroz de mariscos)
8. パステル・デ・ナタ(Pastel de Nata)
9. パン・デ・ロー(Pao de lo)
10. ヴィーニョ・ヴェルデ(Vino Verde)

 

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!

The following two tabs change content below.
英語や韓国語など、他言語の役立つフレーズなどを紹介しています。現地在住ライターによるレアな情報も掲載!世界をもっと、地球をもっと近くに感じられるような役に立つ知識・情報をお伝えしていきます!