モスクワ観光旅行を効率よく楽しむ6つのおすすめプラン

モスクワ観光旅行を効率よく楽しむ6つのおすすめプラン

ロシアの首都モスクワ! 今回は「ここだけはおさえたい観光スポット」をまとめてご紹介します。初ロシアの人のための必見スポットはもちろん、ありきたりの観光地だけでなく通な楽しみ方もしたい! そんなあなたに送る6つのおすすめプランです。モスクワ旅行の計画に、ぜひ参考にしてみてください。



 

モスクワ観光旅行を効率よく楽しむ6つのおすすめプラン

 

1. とことんお買い物プラン

旅行の楽しみは、何といってもショッピング。モスクワ旅行の思い出に、ご家族やお友達に、ロシアらしいお土産はいかがでしょう?

・マトリョーシカ
木製の人形で、中は入れ子になっています。可愛い女の子だけでなく、いろいろなデザインがあります。

・チェブラーシカ・グッズ
アニメ映画も有名ですね。ロシアの子どもたちに大人気のチェブ。ぬいぐるみ、絵本やポストカードなど、お土産に喜ばれます。

・ホフロマ
ロシアの伝統工芸品です。黒地に、金や赤で鮮やかな模様が描かれています。

・琥珀
ロシア周辺は琥珀の名産地です。高価なアクセサリーも、日本より安く手に入ります。

また、モスクワでお土産を探すならこんな場所がオススメです。

・旧アルバート通り&新アルバート通り
モスクワ中心部のアルバート広場から伸びる旧アルバート通り。街の中心街で、歩行者天国になっています。大道芸やお土産の屋台をひやかしながら、ぶらぶら歩くだけでも楽しくてオススメ!

・イズマイロフ市場(通称:ヴェルニサージュ)
いわゆるフリーマーケットです。モスクワ市内よりお値段ひかえめで、ロシア土産の定番なら、だいたい買うことができます。地下鉄3号線パルチザンスカヤ駅より徒歩3分。街の中心部からは20分くらいです。

・グム百貨店
老舗デパートで、市内でもっとも有名な高級百貨店です。中はブランド店がずらり。モスクワの中心地「赤の広場」にあります。

 

2. 世界遺産を楽しむプラン

モスクワの象徴は、何と言っても「赤の広場」。ユネスコの世界遺産に登録されています。徒歩で回れる周辺の必見スポットをご紹介します。

・クレムリンと赤の広場
ロシア語で「城塞」のことを「クレムリ」と言います。12世紀の木造の砦から壮麗な宮殿となり、現在もロシアの政治の中枢です。中の博物館では、ロマノフ王朝の宝物庫などが見学できます。

・聖ワシリー寺院(正式名:ポクロフスキー大聖堂)
ロシア正教会の寺院です。カラフルで丸いキューポラ(ねぎ坊主)を眺めていると、おとぎの国に迷い込んだような気分になりますね。

・国立歴史博物館
「聖ワシリー寺院」の向いに建つ、赤レンガの重厚な建物です。建造は19世紀で、石器時代から近代までの歴史について展示しています。

 

3. アートを極めるプラン

実は芸術大国なロシア。文化の中心であるモスクワにも、多くの美術館があります。その中で、絶対に訪ねてみたいオススメはこちら。

・プーシキン美術館(新館)
近代ヨーロッパ絵画の名作がそろっています。ピカソ、ルノワール、マチスなど、近現代美術が好きなら必見。

・「金魚」(アンリ・マティス)
・「赤い葡萄畑」(ゴッホの生前に売れた唯一の作品)
・「白い睡蓮」(クロード・モネ)
・「アルルカンと女友達」(ピカソ「青の時代」の作品)

本館は、ロシア人学生のための美術史の展示がメインです。

・トレチャコフ美術館
せっかくモスクワに来たのだから、ロシア美術にも触れてみたい!そんなあなたにオススメなのが、トレチャコフ美術館です。所蔵作品数は15万点以上を超えます。

・「見知らぬ女」(クラムスコイ)
・「イワン雷帝とその子イワン」(レーピン)

ロシア正教のイコン(宗教画)の名作も多く、時間を忘れて見入ってしまうかも?

・「三位一体」(アンドレイ・ルブリョフ)

 

4. ちょっと寄り道、モスクワ郊外プラン

モスクワから気軽に出かけられる、周辺のスポットをご紹介します。大都会を離れて、郊外まで足をのばしてみるのはいかがでしょう?

・チャイコフスキー博物館のある街、クリン
モスクワの北西約90km(車で約1時間半)。ロシアを代表する作曲家のチャイコフスキーが、晩年をすごした街です。彼の邸宅が博物館になっています。

・世界遺産セルギエフ・パサード(旧ザゴルスク)
街の中心にはトロイツェ・セルギエフ大修道院があります。ロシア正教の元・総本山で、ウスペンスキー大聖堂は、4つの青いドームに囲まれた、金色の大きなドームが有名です。

・ヤースナヤ・ポリャーナ
文豪トルストイの生家があり、彼の邸宅が博物館となっています。『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』など、ここで数々の小説が書かれました。モスクワの南方約190kmにあり、美しい農村風景が今も残されています。

 

5. ナイトプラン

夜のモスクワを楽しむためのスポットはこちらです。

・ボリショイ劇場
毎晩のようにバレエやオペラのコンサートが楽しめる、モスクワ最大の劇場です。(夏はオフシーズンのため休演。)帝政時代のゴージャスな雰囲気が味わえるかも?夜にライトアップされた外観も、思わずカメラを構えたくなる壮麗な美しさです。

・すずめが丘
夕焼けから日没の景色がすばらしく、モスクワ市街の夜景を眺めるにはベストスポットです。(夏は日没の時刻が遅くなります。)

 

6. 食べ歩きプラン

せっかくロシアに来たからには、ぜひ食べておきたい定番のロシア料理はこちら。

・ピロシキ(揚げパン)

・ボルシチ(赤カブのスープ。サワークリームがポイントです)

・ペリメニ(ロシア風水餃子)

・キャビア(チョウザメの卵。高級食材!)

・アイスクリーム(ロシア語では「マロージェナヤ」。街中に屋台が出ています)

・黒パン(クセになる酸っぱさ!)

ハズレのないモスクワのおすすめカフェ&レストランをご紹介します。旅先で気軽に立ち寄れるお店はこちら。

・PAUL
フランス発のベーカリー・カフェ。日本でもチェーン展開していますね。モスクワ市内にいくつも店舗があります。カフェスペースもおしゃれで、観光に疲れた時、ちょっと一休みするのに便利です。

・丸亀製麺
なんと、日本の丸亀製麺がモスクワに出店。気軽に立ち寄れるうどん屋さんです。店内はスタイリッシュな和のムードで、落ち着ける雰囲気。トレチャコフ美術館のすぐそばです。

・やきとりや
モスクワの有名な日本食レストラン。お寿司や焼き鳥など、居酒屋気分で楽しめます。他に「いちばんぼし」も、リーズナブルにロシアバージョンの日本食が楽しめてオススメです。

モスクワ最後の夜の記念に・・・。いつもより豪華なディナータイムをすごすには? 高級レストランもご紹介。

・カフェ・プーシキン
モスクワを代表する高級レストラン。文豪プーシキンの活躍した19世紀の雰囲気が楽しめます。日本語メニューもあります。

・トゥーランドット
2005年オープン。オペラのタイトルが店名の、豪華で優雅な内装のレストランです。中はまるで宮殿のよう。味もサービスも超一流、夢のような一夜がすごせるはず。

 

まとめ

モスクワ観光旅行のご案内、いかがでしたでしょうか?
上記で紹介した場所は、短い日数でもモスクワを楽しめる厳選スポットばかりです。ショッピングを楽しみたい人はお買い物プラン、ロシアの本場の味を楽しみたい人は食べ歩きプランを、ぜひチェックしてみてください。歴史や文化に触れる旅をしたい人には、世界遺産やアートをめぐるプランがおすすめです。旅先の景色を写真に撮るのも、いい思い出になりますよね。夜景を楽しみたい時はカメラもお忘れなく!また、ゆったり滞在できそうな人はモスクワ郊外プランもぜひ検討してみてはいかがでしょうか?「ロシアは初めてだけど、何をしたらいいの?」という人から、「ツアーでは行けないような上級者向きの旅にしたい!」という人まで、少しでも参考になれば幸いです。素敵な旅行になりますように!

 

モスクワ観光旅行を効率よく楽しむ6つのおすすめプラン

1. とことんお買い物プラン
2. 世界遺産を楽しむプラン
3. アートを極めるプラン
4. ちょっと寄り道、モスクワ郊外プラン
5. ナイトプラン
6. 食べ歩きプラン



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!