フランス通貨を徹底調査!旅行前に知りたい7つのポイント

フランス通貨を徹底調査!旅行前に知りたい7つのポイント

EU加盟国であるフランスの通貨はフランスフランではなくユ-ロです。ユ-ロと少額の通貨としてセント(サンチ-ム)が使用されています。今回は、あなたがフランスへ来て買い物する時の注意点や、両替する時の損をしない両替方法や両替所をご紹介します。



 

フランス通貨を徹底調査!旅行前に知りたい7つのポイント

 

1. 通貨の種類について

フランスでは、0.01・0.02・0.05・0.10・0.20・0.50セント〈サンチ-ム)硬貨と1ユ-ロと2ユ-ロ硬貨があります。

・0.01セント・0.02セント・0.05セント〈サンチ-ム):
フランスを象徴するマリアンヌの肖像画が刻印されており銅貨

・0.10セント・0.20セント・0.50セント〈サンチ-ム):
種を蒔く人の絵が刻印されており銅貨

・1ユ-ロ:
中央が銀色で外回りが金色の硬貨で、柄は木と六角形とフランスのモット-である自由・平等・友愛。

・2ユ-ロ:
1ユ-ロと逆の色合いで中央が銀色で外回りが銀色の硬貨で、絵柄は1ユ-ロ硬貨と同じ。

フランスのユ-ロ硬貨の柄は、上記の通り3種類あります。実は、このユ-ロ硬貨の柄はユ-ロ圏内の全17か国において全て柄(刻印)が違うんです。その為、各国のユ-ロ硬貨を集めるコレクタ-も多く居ます。よく注意して見て頂けるとわかるのですが、オリンピックなど国を挙げてのイベントがあった時などは年数も刻印されて、そのイベントにちなんだ刻印がされている事もあります。外国硬貨を集めている方へのお土産としても喜ばれますので是非、注意して見てみて下さいね。ちなみに、各国のユ-ロ硬貨を手に入れられる可能性の高い場所は、パリの空港、郵便局、観光地の土産物店(なるべく小さなお店で現金取引しかしていない様なお店が穴場です。)で入手出来る確率が高いです。ご興味・関心のある方は是非どうぞ。

 

2. 紙幣の種類について

現在フランスで流通している紙幣は7種類あります。

・5ユ-ロ:
灰色が混じったような青い感じの色をしています。紙幣の中では一番小さいサイズです。

・10ユ-ロ:
表が赤い色で裏面は少し茶色っぽいです。

・20ユ-ロ:水色。

・50ユ-ロ:オレンジ色で部分的に黄色があります。

・100ユ-ロ:緑色。

・200ユ-ロ:黄色。

・500ユ-ロ:紫色。

2013年5月2日に5ユ-ロ紙幣の新札が発行されました。紙幣の柄は硬貨と違って全てのユ-ロ圏内で統一されています。新札にはヨ-ロッパの語源となったと言われているギリシャ神話に登場するエウロペ王女の肖像画透かし絵にデザインされています。紙幣には年号が印刷されており、EUの銀行総裁のサインが入っています。この銀行総裁は時々変わるので、サインも変わっています。徐々に新札へ移行して行きますが、旧札は流通が非常に多いので大事にコレクションとして持っていても付加価値はないそうです。

 

3. 10ユ-ロ硬貨について

実はフランスでは、知る人ぞ知る「10ユ-ロ硬貨」が存在します。一般的に使用されてはいませんが、普通にこの10ユ-ロ硬貨でも、きちんと買い物が出来ます。但し、市場で出回っている通貨ではないので、偶然に買い物のおつりで貰えるなどと言う事は有り得ません。

この10ユ-ロ硬貨は、郵便局で購入できます。コレクタ-に非常に大人気なのが地方別10ユ-ロ硬貨です。もちろん筆者在住のロワ-ル地方にもオリジナル硬貨があります。各地方ごとにデザインが違い、綺麗な銀色をしているので人気です。目立った宣伝はされていないので、もし興味があれば郵便局の窓口で尋ねてみて下さい。どこの郵便局にでもあるものではなく、置いていない所もあるので必ず購入出来る訳ではありません。故に「知る人ぞ知る硬貨」なのです。もし手に入れたい方がいらっしゃったら、根気よく郵便局を回ってみて下さい。観光地周辺の大きな郵便局にはあるかも知れません。

また、この地方別10ユ-ロ硬貨とは別に、可愛い物語の絵の入った10ユ-ロ硬貨も不定期に郵便局の窓口で売られます。滅多に出ないものなので非常に貴重です。外貨コレクタ-には絶対におススメです。

 

4. 高額紙幣には注意しましょう

フランスでは高額紙幣の100ユ-ロ・200ユ-ロ・500ユ-ロ紙幣には十分に注意して下さい。一般的にフランスでは現金で高額を支払う事はなく、高額紙幣は流通していません。実際に見た事がないと言うフランス人が多いです。その為、買い物などでこれらの高額紙幣で支払いをしようとすると普通に断られてしまいます。500ユ-ロ札で高額支払いをして。おつりが10~20ユ-ロと言う場合には受け取って貰える場合もありますが、少額の買い物の際にはまず使えません。フランス人はカ-ド払いが一般的ですので、お店のレジにはおつりで出せる現金がないのです。パリ市内の高級店やデパ-トでは使える事もありますが、その際は偽札ではないか専用の探知機を使って確認されます。これらのお店でも受け取って貰えても歓迎はされないので出来れば高額紙幣の使用は避けた方が無難です。カ-ドは持たずに常に現金払いの精神をお持ちの方は、両替時にどんなに大金であろうとも10ユ-ロと20ユ-ロ紙幣で交換して貰う様にしましょう。高額の支払いでも、小額紙幣での支払いであれば歓迎されますのでご安心ください。

 

5. クレジットカ-ドのご用意を!

フランスでは、パン屋さんやマルシェなどの少額での支払い以外はクレジットカ-ドでのお支払いを強くおススメします。こちらの方が、日本から観光などにいらっしゃる方の場合は為替やレ-トも現金に両替するよりも安く済みます。フランスのス-パ-、モノプリやカルフ-ルなどの大型のお店では最低下限額が1ユ-ロからになっています。他のお店でも大体の所では最低下限額は10ユ-ロからと設定されておりますので、10ユ-ロを超えるお支払いの場合にはカ-ドの方が便利です。フランス全土のほとんどのお店で利用出来るクレジットカ-ドはVISAとMASTERカ-ドです。AMEX・DINERS・JCBカ-ドはパリの高級ブランド店でもない限りは使用出来ない場所がほとんどですのでくれぐれも御注意下さい。

 

6. 両替について

日本円からフランスの通貨のユ-ロへ両替する場合ですが「現地の方がレ-トが良い」と思われる方が多くいらっしゃいますが、日本での両替を強くおススメします。フランスでの両替は時間と手間がかかる上にレ-トが非常に悪いです。各場所により手数料が大きく異なりますので、日本出国の際に必ず空港で両替をしていらして下さい。パリの国際空港や大きなホテルなどでもレ-トの悪さは変わりません。また、手持ちの現金が少なくなった場合には、国際キャッシュカ-ドかクレジットカ-ドでATMを利用して引き出す事も可能です。フランスのATMは日本とは違って道路沿いの壁に埋め込まれているタイプが主流です。引き出す際には、周囲をよく確認しカ-ドや現金を通りすがりの者に盗まれない様に十分に注意しましょう。カ-ドの取り忘れや、飲み込まれてしまわない様にもご注意ください。

もし、現地でどうしても両替をしたい!と言う方に、レ-トが良くて手数料も取られないパリ市内のオペラ界隈にある両替所を3か所ほどご紹介させて頂きますので、必要な時には利用してみて下さい。

・9 rue scribe 75009 Paris
ホテル・スクリ-ブのすぐ近くです。

・12 boulevard de capucines 75009 Paris
地下鉄オペラ駅の近くです。

・36 avenue de l’opéra 75002 Paris
地下鉄オペラ駅の所の大通り上にあります。

 

7. フランスフランに要注意!

ユ-ロが通貨になる前に、フランスではフランスフランと呼ばれる通貨が使用されておりました。現在では使用されていない通貨で、フランスフランで買い物をしようと思っても不可能です。フランスフランからユ-ロになったのは2002年の事で現在では見かける事もありません。しかしながら、筆者自身が最近、パリの観光地で土産物屋で買い物をした時に、おつりに渡されたのがフランスフランでした。その場で気づいたので良かったのですが、観光地には良くない輩も商売しています。フランスフランは既に流通していないので、買い物の際にはお釣りをもらったら、紙幣も硬貨もよく確認される事をおススメします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
フランスでは日本よりもクレジットカ-ドでの支払いが一般的です。フランスでは日本の様に毎日買い物をする習慣もなく、ほとんどが週に1度の買い物で1週間分の食材のまとめ買いをします。その為に1度に支払う金額が大きい為にカ-ドで支払う事が通常です。筆者も常にまとめ買いをしていますが、レジで現金で支払いをする人を見かける事は滅多にありません。そして日本からフランスへ乗継便で来られる方で、通過国にて待ち時間がある場合にはユ-ロ圏の国でしたら余分な両替が要らずに立ち寄り国でお茶をしたり免税店でお買い物が出来たりするので、日本での両替は絶対に便利です。おつりでコインを貰ったら、どこの国のコインなのか確認してみて下さいね。きっと色んな柄がある事に驚かれると思います。最後に、トラベラ-ズチェックはフランスではあまり流通していないので御注意下さい。高額紙幣同様に使える事もあるけれど歓迎はされません。せっかくフランスへ来るのですから、通貨で苦労や不愉快な思いをされません様に気を付けて下さいね。

 

フランス通貨を徹底調査!旅行前に知りたい7つのポイント

1. 通貨の種類について
2. 紙幣の種類について
3. 10ユ-ロ硬貨について
4. 高額紙幣には注意しましょう
5. クレジットカ-ドのご用意を!
6. 両替について
7. フランスフランに要注意!



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!