アイルランドのセントパトリックスデー!在住経験者に聞く7つのおもしろ知識!

アイルランドのセントパトリックスデー!在住経験者に聞く7つのおもしろ知識!

みなさんは、セントパトリックスデーをご存知ですか?アイルランド発祥の3月に行われるお祭りで、日本でもアイルランド大使館が中心になり東京などの大都市で緑のイベントが催されるようになってきましたよね。

しかし、実際に現地アイルランドで行われるセントパトリックスデーは、桁外れ!今回は、セントパトリックスデーに関する現地情報を詳しくご紹介していきます。

 

アイルランドのセントパトリックスデー!在住経験者に聞く7つのおもしろ知識!

 

1. そもそも、セントパトリックスデーとは?

#dublin #irelandstpatricksday #templebardistrict

Candace McEndreeさん(@candacemcendree)がシェアした投稿 –

3~4世紀に遡り、もともとケルトの多神教を信仰していたアイルランドに、初めてキリスト教(カトリック)を広めた聖人・パトリックの命日への弔いが始まりでした。彼の功績を讃えアイルランドでは3月17日を国民の祝日とし、現在ではクリスマスに並ぶ一大行事として祝われています。

もともとはアイルランドの聖人を讃えたお祭りですので、もちろんアイルランドのみで祝われる行事でしたが、19~20世紀にかけて不況が続いたアイルランドから世界各地多方面にアイルランド人が入植、その結果ヨーロッパ各地のみならず、アメリカやオーストラリアなどでも大規模なセントパトリックスデーが行われるようになったと言われています。

2. いつ開催されるのか?


先にも書きましたが、祝日は毎年3月17日に制定されていますが、具体的にはその数日前(15日あたり)から街全体で大きなパレードやパブなどでの催しものが開始されます。その都市により規模や日数が異なる他、土日を挟むと延長されることもあるので、もし参加される予定があるのであれば、行く先の街のホームページを参照されることをお勧めします。

3. どんなイベントか?

Crossed off the bucketlist✅🇮🇪🍻🍀

vic+carina ↠☼さん(@runawayblondes)がシェアした投稿 –


もちろん街によって様々な特色がありますが、どこの街でも、メインストリートでは長いパレードが行われます。街の中心では様々な食べ物の出店も並びますし、パブではあちこちからライブミュージック(所によっては無料、有料のところあり)が聞こえてきます。

残念ながら、アイルランドでは外での飲酒は法律で禁じられているため、公園や街角でこの雰囲気を味わいながらのビール、とはいかないものの、街ゆく多くの人がほろ酔い気分で楽しく歌い、踊っている様子が見られますよ。

なんと言っても、彼らは朝からビールやウイスキーを飲み始めるので、午後には道端でつぶれている人も居るくらい。元は宗教的なお祭りだとは言え、現在はみんなで楽しくお酒を飲む機会だと言っても過言ではないです。

4. 参加するには?


街全体がお祭りムードになります。気になるライブミュージックやアイリッシュダンスのイベントを見に行ったり、朝からパブをはしごしたり。パレードの時間は日時が決められているので、行く先の予定を事前に確認してくださいね。

セントパトリックスデー前後は、ホテルはじめ航空チケットや公共交通機関などが満席になることが予想されますので、宿泊地から遠方まで出かけられるのであれば早めに確認されることをお勧めします。

5. ドレスコード

アイルランドは、別名妖精の住むエメラルド島とも呼ばれるほど緑豊かな島です。これにちなみ、セントパトリックスデーではすべてが緑(一部白とオレンジも)で埋め尽くされます。

参加される際には、もちろん緑の何かを身につけて行かれることをお勧めしますし、お土産ショップやユーロショップ(日本の100均のようなところ)などでは妖精の帽子や頭につけるカチューシャなどの小さなアイテムも安く購入できるので、こちらも覗いてみるといいかもしれません。

街ゆく人がそれぞれ緑にちなんだコスプレをしているので、それも見るのもまた楽しめるところではあります。

6. セントパトリックスデー名物と言えば?


人間だけではなく、食べ物も緑色になります。パブでビールを頼むと、樽から直接緑色のビールが出てくるのには驚きます。ビールグラスも、セントパトリックスデー専用のものですので、写真映えは間違いないですよ!(味は通常のおいしいビールですので、ご安心ください。)

出店によっては、緑色のホットドックや緑色のスイーツも販売されますので、こちらも良かったら試してみてくださいね。

7. イベントに参加する時の注意点は?

比較的安全なアイルランドですが、街全体がかなりの人で溢れかえります。盗難やスリ、貴重品の管理には十分ご注意ください。

また先にも書きましたが、アイルランドでは野外の飲酒が禁止されています(パブなどの軒先ではOK)。とはいえ当日は街角で飲み歩く若者や外国人が大勢おり、自分も大丈夫かなと安心して一緒になって飲み歩いているところに警察と出くわすと、直接ご注意を頂くことになりますので、くれぐれも気にとめておいてくださいね(よっぽどでない限り補導される、などといったことは無いかとは思いますが)。

また、本場アイルランド人は朝から翌朝まで飲み続けるツワモノも居ます。一緒のペースで飲み続けると確実に潰れますので、どうか楽しいペースでお酒を楽しんでくださいね(途中一旦お昼寝休憩を挟むのもアリです)。

 

まとめ

いかがでしたか?
セントパトリックスデーがアルコール大国ならではの、とても愉快なお祭りであることが本記事から伝われば幸いです。お祭りは数日間開催されますので、その間に各地を巡って雰囲気を楽しむのもいいかもしれません。安全に気を付けて、是非思い出に残るセントパトリックスデーを過ごしてくださいね。

 

アイルランドのセントパトリックスデー!在住経験者に聞く7つのおもしろ知識!

1. そもそも、セントパトリックスデーとは?

2. いつ開催されるのか?

3. どんなイベントか?

4. 参加するには?

5. ドレスコード

6. セントパトリックスデー名物と言えば?

7. イベントに参加する時の注意点は?

 


あなたにおすすめの記事!


タイトルとURLをコピーしました