グアムの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

グアムの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

(yuki5287)

グアムといえばやっぱり何といってもビーチリゾートとして世界的にも有名です。グアムに行ってビーチに行かない人はいないでしょう。そうなるとやはり知りたいのはグアムの天気です。せっかくグアムに行ったのに、旅行中ずっと天気が悪ければテンションも下がります。そこで今回は、グアムのお天気情報について詳しくご紹介します。




 

グアムの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

 

1. 天気の特徴

「グアム=常夏」というイメージ通り、年中夏と言って間違いありません。服装も日本で着る夏服を持っていけば問題ありません。もちろん水着はマストアイテムです。海洋性亜熱帯気候であるグアムは、年間の最高気温は約32度です。とはいえ、日本と同じ32度とは少し感じ方が違います。小さな島のグアムには、緑が多く周りは海に囲まれています。そのおかげで、体感気温はそれほど暑くないでしょう。風が吹けば、涼しいと感じることもあります。年間の最低気温は約21度で、年間を通してとても過ごしやすいです。暑いところが苦手な人でも、「グアムは好き」という人が多いです。

 

2. グアムの雨季

6月から10月は雨期になっており、7月~8月は雨季のピークになります。湿度が70%にまで上がることも珍しくはありません。グアムの雨は、日本のように1日中降り続いているというよりも、スコールのような短時間のうちにバケツをひっくり返したような大量な雨が降るイメージです。短期間でやむ場合がほとんどですが、まれに1日中降ったり止んだりすることもあります。朝起きて雨が降っていても、そこまで心配はいらないですが、年の為に雲を確認してみましょう。近くの空が晴れていれば、すぐ雨は止みます。海に行ったときに、雨に出くわしたら大変ですが、それもグアムの気候だと思って楽しみましょう。行や帰りの飛行機の便に影響があるかもしれませんが、それはどうしようもないので、運だと思うしかありません。

 

3. グアムの乾季

11月~5月は乾季です。この時期は雨期とは違い、ジメジメとした湿度もなくカラッと晴れた日が続きます。晴天の南国を肌で感じることが出来るでしょう。グアムに行ってまで、雨に邪魔されたくないという人は乾季を狙って行くのがいいかもしれません。

 

4. 旅行のベストシーズン

グアムのベストシーズンは何といても、乾季シーズンです。年末年始にグアムで過ごすのもいいかもしれません。ベストシーズンは、雨に遭う確率が低くなるのでやはり航空券の値は少し上がります。それでも気にしないという人は、冬休みの期間に寒い日本から暑い南国へ行くのもいいかもしれません。

 

5. 旅行に悪い時期

逆にグアム旅行すべきではない時期についてですが、正直あまりないと思います。年中安定した気温ですので、1年中ベストシーズンと言ってもいいかもしれません。たしかに雨季は雨が降りやすく、海やウォーターアクティビティで遊ぶ場合、支障が出るかもしれません。しかし、1日中降り続くわけではないので、少し雨が降っても雨が止めば楽しめます。それでも不安な人や、グアムの滞在日数が少ない人は乾季を選んで行くのがいいかもしれません。

 

6. グアムの紫外線

グアムの紫外線は、日本の約7倍とも言われています。はっきり言って日本の日焼け止めを塗るだけでは、元の肌の色の状態で帰国することは難しいでしょう。日焼けをしたくないという人はグアム旅行に適しているとは言えません。筆者がグアムに行ったときに、1日プールで泳いだだけで、顔とビキニ焼けがくっきりできました。日焼け止めを多めに塗り、数時間ごとに塗り直したにも関わらずあまり意味がありませんでした。真っ赤に焼けて、ブラやキャミソールの紐が肩に当たるだけでものすごくヒリヒリしました。どうしても日焼けをしたくない人は、長袖のウエットスーツを来て海に入りましょう。もちろん日中で歩くときに、忘れてならないのはサングラスです。紫外線が目から入り込んで、日焼けするとも言われているので、グアムでサングラスはマストアイテムです。現地の人でも、グアムの日差しは良いと思っているのでみんなサングラスをしています。

 

7. グアムでの服装

基本的に夏服なので、半袖半ズボンで過ごせます。デニムの長ズボンだと雨季の時期はジメジメとして過ごしにくいです。水着になる時も、水着の上に半袖や半ズボンを履いていれば着替える時にとても簡単です。しかし、気をつけなければいけないのがモールやホテルの中はクーラーがとても強いので、カーディガンを持ち歩くと心強いです。クーラーが苦手な人は、外と中の気温差がありすぎて体調を崩すかもしれません。

 



まとめ

いかがでしたか?
基本的に1年中楽しむことが出来るグアムは、日本からも3時間30分で行くことが出来ます。「週末グアム」が出来るほど私たちの身近な存在になりつつグアムの事を知って、より楽しいグアム旅行にしてください。

 

グアムの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

1. 天気の特徴
2. グアムの雨季
3. グアムの乾季
4. 旅行のベストシーズン
5. 旅行に悪い時期
6. グアムの紫外線
7. グアムでの服装

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!