ドイツの葬式・葬儀にまつわる6つの豆知識!

ドイツの葬式・葬儀にまつわる6つの豆知識!

(Oxfordian)

ドイツでお葬式に急に出席することになってしまったあなた!ドイツのお葬式でのマナーや葬儀の流れなんて初めての事だらけで全然分かりませんよね。そして、たくさんの人が集まるお葬式という場で失礼な事をしてしまわないか心配だと思います。ドイツではキリスト教徒が大半ですが、宗派や住んでいる地域によっても葬儀の流れやマナーに違いがあると聞きます。そこで今回は、ドイツの宗教の事やお葬式・葬儀での基本的なマナーや流れなどをご紹介します。




 

ドイツの葬式・葬儀にまつわる6つの豆知識!

 

1. 宗教の違い

ドイツではキリスト教を信仰している人が大半、そして若い人には無宗教の人もたくさんいます。キリスト教でもカトリック、プロテスタント、正教会などいろいろな種類があり、教会によってしきたりも様々です。お葬式に出席する際は、故人が何を信仰していたのか念のため確認しておくといいかもしれません。

 

2. 訃報を受けたら

近しい方がなくなった場合、電話やメール、又は黒い縁のついた手紙で連絡を受けます。地元の新聞にも訃報が掲載されます。たいていは亡くなってから数日~数週間後に葬儀があるので、日本のようにバタバタと準備をする感じではありません。葬儀に出席するかしないかは個人の判断に任せられます。出席したいけれど、その日はもう予定が入っていて無理だという方は、カードにHerzliches Beleid(お悔やみ申し上げます)と書いて送ります。人によると思いますが、私が以前見せてもらったカードには、亡くなった人との思い出や、励ましの言葉などがとても丁寧に書かれていて、このカードもひとつの救いになるなと感じました。

 

3. 服装について

ドイツ人はわりとカジュアルな服装でお葬式に出席します。日本のように全身黒の喪服というものはないように思います。もちろん暗めの色の服を着ますが、黒を始め、紺やグレーなどの服や、ジーンズをはいている人も中にはいます。女性に関しては、ミニスカートやタンクトップなど、露出が多い服装は控えてください。靴も特に決まりはなく、比較的自由ですが、やはりサンダルや派手な靴はお勧めできません。日本より決まりは少ないですが、いくらカジュアルといえども、ある程度の常識をもって洋服を選んでくださいね。

 

4. 葬儀の流れ

教会で葬儀が行われる場合は、まず教会の入り口に置いてある名簿に名前を記入します。お悔やみのために個人で白い花のリースを用意した方は、教会の前方に置かれている棺の近くにお供えし、席に座ります。葬儀は、牧師さんが故人の話をしたり、参列者たちで讃美歌を歌ったり、お祈りをしたりと約30分~1時間ほどかかります。その後、土葬の場合はお墓まで参列者全員で歩き、棺も男性達が担いで運びます。お墓に着き、棺を穴に埋め、参列者たちは各々花などを投げ入れ、土をかけます。棺を穴に埋める作業も、自分たちで行うか、業者にお願いするかなど選べるようです。キリスト教では、死んだあとまた復活すると言われているため土葬が主でしたが、現在はエコロジーの事を考えたり、合理的に判断して、火葬を選ぶ人も多くなってきたようです。火葬の場合、ドイツでは日本よりも高温の炉を使用するらしく、故人の骨は残らず全て灰になってしまうようです。また、日本のように火葬場まで入って見送る事はできません。葬儀後は、参列者でカフェやレストランに行き、軽食をとりながら、故人について語り合います。日本と同じように、久しぶりに親戚や家族が集まる場でもあるので、故人をしのびつつも、話が盛り上がる事も多々あるようです。

 

5. 香典ってあるの?

ドイツでは香典というものはありませんが、お金を持ってくる人もいます。相場は20~50ユーロくらいです。お金よりも白い花のリースやカードを用意してくる方が多いです。そして、香典がないため、香典返しもありません。こういうところは、とても合理的で、葬儀を行う家族の負担も少なく、ドイツらしいなと思います。

 

6. ドイツのお盆

毎年11月1日にAllerseelen(アッラーゼーレン)という日があり、その日は日本のお盆に近いのではないでしょうか。Allerseelenは日本語で万霊節や死者の日と翻訳することができます。この日にはドイツ人もお墓参りに行き、先祖のお墓に花を飾ります。

 



まとめ

いかがでしたでしょうか?
ドイツでお葬式に参列するという機会はあまりありませんが、全く無いとも言いきれません。私はドイツではまだ一度しか葬儀に参列した事はありませんが、お葬式のマナーや服装など知らない事がたくさんあり、準備の段階からすこし緊張していた事を思い出しました。キリスト教の葬儀のマナーは分からずとも、故人を心から偲ぶことが一番大切な事だと思いますので、お葬式に参列する際は、故人との思い出などを思い出浮かべながら最後のお別れをしていただければと思います。

 

ドイツの葬式・葬儀にまつわる6つの豆知識!

1. 宗教の違い
2. 訃報を受けたら
3. 服装について
4. 葬儀の流れ
5. 香典ってあるの?
6. ドイツのお盆

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!