ブラジル通貨を徹底調査!旅行前に知りたい6つのポイント

ブラジル通貨を徹底調査!旅行前に知りたい6つのポイント

(flickr By Mark Hillary)

旅行で必ず使うのがお金。最も重要なだけに心配事もたくさんありますね。ブラジルではレアルと呼ばれる独自の通貨があります。見たことがある人は少ないのではないでしょうか。今回は、ブラジルの通貨について色々な角度からトピックをご紹介します。



 

ブラジル通貨を徹底調査!旅行前に知りたい6つのポイント

 

1. ブラジルの通貨は?

ブラジルの通貨の単位はREAL(日本ではレアルとされることが多いがブラジルでの発音はヘアル)で国際通貨コードはBRLです。複数形はREAIS(ヘアイス)で金額などは数字の前にR$ と書かれています。

 

2. ブラジルの硬貨

ブラジルの硬貨(moeda/モエダ)の単位はCENTAVO(センターボ)と言い、1、5、10、25、50があり、1レアルの硬貨もあります。古い硬貨も出回っているため、違うデザインのものもあります。1センターボはほとんど出回っていません。それというのもブラジルではお会計はおおよそ四捨五入で計算されるので1センターボ足りなくても買い物が出来るのです。もしくは多めに出してお釣りが帰ってこないパターン。面白いのは、筆者はまだないですが小さい商店などでお釣りが足りない時、店に置いてあるアメなどで返されることもあるらしいですよ!

 

3. ブラジルの紙幣はヘアル

ブラジルの紙幣はREALで1、2、5、10、20、50、100があり、1レアル札は現在廃止されているのでほとんど出回っていません。こちらも新旧紙幣が出回っていますので注意してください。100レアル札は小さい商店などは使えない場合があります。できれば50レアル以下に崩しておきましょう。

 

4. ブラジルの紙幣は架空の人物?

紙幣表面デザインの肖像画、普通はその国を代表する人物が描かれていることが多いですよね?ブラジルは架空の人物が描かれているんです。しかも裏面は珍しい縦のデザインもあり(新紙幣は横)こちらはブラジルならではのアマゾンの動物が描かれています。変わっているのでコレクションするのもいいですね!

 

5. ブラジルはカード社会

ブラジルは日本よりはるかにカード社会です。もちろん現金しか扱っていないところもありますが、タクシーやデリバリー、野菜を買う市場でさえカードの端末が置いてあるところがありますので現金を持つ必要があまりありませんし、防犯上もカードの方が安全です。例えばお菓子やアイス1つでもカードで払う人もいますし、少し高額のものは分割払いをして購入します。露店や小さい商店はカードが使えないところもあるのでもちろん現金は必要です。現金の強みは値切りできるところ!何かをまとめ買いする時や大きな買い物をする時に現金で交渉するとかなりの確率で値引きしてくれます。

 

6. お得な両替方法は?

円からレアルに直接換金する手段はあまりありません。円→ドル→レアルとなりますので2重に手数料が発生します。ブラジルに行くには現金をドルで持ち出しましょう。円で換金してもらえるところは少ないですし、換金率も悪いです。そこでオススメなのがクレジットカードからのキャッシングです。手数料も少ないですし、その都度ATMから必要な金額だけ引き出せばいいので便利です。空港で少なめに換金しておいて、できるだけカード払い、必要な時だけキャッシングするのが良いと思います。ブラジルに来る際はVISAやMascarのカードを作りクレジットカードの限度を確認しておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ブラジル独自の支払い方法に筆者も最初はビックリして慣れませんでした。未だにお釣りが無いなら例:RS8,99なんて金額にしなければいいのにと思ってしまいます。しかし、慣れると多少足りなくても『いいわよ!』と言ってまけてくれたりするその気楽さが好きになってきてしまうのです。そんなやり取りもブラジルステイの醍醐味!!でもお金の管理はしっかりしてくださいね!間違っても街中で財布を開かない様に!ポイントをしっかり頭に入れて楽しい旅を!

 

ブラジル通貨を徹底調査!旅行前に知りたい6つのポイント

1. ブラジルの通貨は?
2. ブラジルの硬貨
3. ブラジルの紙幣はヘアル
4. ブラジルの紙幣は架空の人物?
5. ブラジルはカード社会
6. お得な両替方法は?

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!