ANA一般カードとワイドカードの違いは?おすすめ8つの選び方!

ANA一般カードとワイドカードの違いは?おすすめ8つの選び方!

ANAクレジットカードのおすすめについて紹介します。ANA一般カードとワイドカードがたくさんあってどれを選べばよいのか環迷いいますよね。実は私もそうでした。クレジットカードについて無知だった私ですが、ANA Suicaカードを作ってからたくさんのメリットがあることに気付きました。今ではANAカードだけでなく他のカードも利用して上手くお買い物を楽しんでいます。

そこで今回はANA一般カードとワイドカードどれがおすすめなのか解説していきます。

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

ANA一般カードとワイドカードの違いは?おすすめ8つの選び方!

 

1. ANAスイカカードについて

まず、ANAが発行している一般カードにはおよそ12種類ものカードがあり、年会費がかかるものからかからないものまで幅広くあります。その中でもおすすめのカードがANA Suicaカードです。

長所としてこのカードは三井住友カードと全日本空輸が提携しているカードでその名の通り、クレジット機能以外にも電車に乗る際に使えるスイカ機能が付帯されています。海外旅行など空の旅で使えるだけでなく、地上でも使える大変便利なカードです。よく電車に乗る際は券売機でわざわざ料金を払って、行き先を調べるのに苦労したこともあるかもしれません。しかし、このカードを持っていれば改札口でかざすだけでokで、しかも同時にマイルもたまります。無駄な時間を省きたい人、電車に乗ると同時にマイルもためたい人にオススメの一枚になっています。

短所として学生向けのカードなのでステータス性はありません。ステータス性を求める人にとってはお勧めできませんが、グレードアップするにはこのカードから始めた方が審査が通過しやすいのでこのカードを使い続けてみるべきです。

 

2. ANAワイドカードについて

ANAワイドカードは一般カードとそこまで機能が異なっているわけではありません。

まず、短所としてワイドカードになるとスイカ機能がなくなります。電車になりたい時などは使えないので少し不便かもしれません。また一般カードだと年会費は税込みで2160円と手ごろな値段でしたが、このカードは税込みで7830円かかります。初年度年会費無料などの優遇措置もありません。そしてこのカードは学生向きではなく安定した収入のある社会人向けです。したがって学生の発行はできません。

一方で、ポイントについては年会費が高くなる分、ポイントの付与率は1.5パーセントほど上がります。ANAに頻繁に乗る人は多少年会費がかかっても、ポイントを考えると元が取れるかもしれないです。長所として年会費が高い分ステータス性があります。国際ブランドもAmexやダイナーズも選べるためさらにランクアップできます。

 

3. ANAスイカカードとワイドカードのワールドプレゼントについて

カードを利用してたまったポイントはsuicaにチャージ出来たり、様々な景品と交換することが出来ます。例えば、900ポイントたまると電動歯ブラシと交換できたり、数万ポイントをためると車と交換することもできます。車と交換するには一生全ての支払いをカードで行っても難しい感じがしますが、ご利用金額によってはそのくらいたまる人もいます。食

べ物だと3000ポイント程度からお中元と交換もできます。これらの景品が欲しい方はカード払いでショッピングをすることをお勧めします。

 

4. ANAスイカカードの年会費2160円が割引になります

Web明細サービスやマイペースリボに登録しておくと、2160円の年会費が税抜きで1500円になります。どのカードでも大体1000円程度割引になる感じです。1000円でも少ないと思わず、上記のサービスに登録すると年会費の節約にもなります。

マイペースリボに登録すると一括で支払いたくても自動的にリボ払いになるのではないかと不安になる人も多いかと思います。しかし、マイペースリボに登録してもリボ払いをするかしないかはwebで設定できるため、年会費の割引だけの目的で登録することも可能です。

 

5. スイカカードワイドカード共に旅行損害保険が付帯

これはどのカードにもついている保険ですが、最高で1000万円まで旅先でけがなどを負った場合には保険がおります。多くの人は上位のゴールドカードや、プラチナカードにしか付帯されていないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、最近ではノーマルカードにも付帯されていてますます私たちの身に何があっても安心になりました。

 

6. ANAスイカカードからゴールドカードやプラチナカードへランクアップ

ANA スイカカードを使い続けて、しばらくすると上位カードに切り替えたいと思う人もいることでしょう。そんな人はまず回カードから持ってみることをお勧めします。

というのもこのカードに限らずいきなり上位カードから申し込もうとすると却下されることが多いです。その理由は年収や勤続年数が足りないからではなく、そもそもカード会社があなたのカードの利用実績をを知らないためです。

カード会社は年収ももちろんですが、遅れず支払いを完了しているかに重きをおくので、まずはカード会社から認められる人になる必要があります。

 

7. ANAスイカカードとワイドカードを使ってボーナスマイルを獲得!

このカードを持って飛行機に乗ると毎回ボーナスマイルがもらえます。いくらもらえるかは利用金額や、旅先によっても異なります。もちろん金額が高ければ高いほどポイントが一気にたまっていく仕組みなので、お金に余裕がある人は豪華な旅をしてみてはいかがでしょうか。

 

8. スイカカードワイドカードに限らずマイルは様々なサイトでも使えます

マイルと言うと旅行代金にしか使えないと思うかもしれませんが、実は様々な用途で使うことが出来ます。例えば、ブルックスブラザーズと言う衣料品サイトがあり、このサイトでは1000マイルからオンラインサイトで使える割引クーポンに交換できます。しかし制限があり3000円以上お買い物をしたお客様のみとなっています。

 

まとめ

カードの使用目的は色々あると思いますが、基本的にクレジットカードを使うときはお金が財布に入っていない場合が多いです。しかし、この記事でも触れたようにお金が財布にあってもお得にポイントを貯めたい場合はぜひカードを積極的に使っていきましょう。現金払いではポイントもたまりませんし、カード会社から返済力があるとも認められません。

このようにクレジットカードのには現金払いにはないメリットがたくさんあります。私のオススメとしてはまず一般カードから始めてみることをお勧めします。ワイドカードはある程度使い慣れた方が持つ傾向があるので、最初から高い年会費を払うことは避けた方がいいでしょう。

 

ANA一般カードとワイドカードの違いは?おすすめ8つの選び方!

1. ANAスイカカードについて

2. ANAワイドカードについて

3. ANAスイカカードとワイドカードのワールドプレゼントについて

4. ANAスイカカードの年会費2160円が割引になります

5. スイカカードワイドカード共に旅行損害保険が付帯

6. ANAスイカカードからゴールドカードやプラチナカードへランクアップ

7. ANAスイカカードとワイドカードを使ってボーナスマイルを獲得!

8. スイカカードワイドカードに限らずマイルは様々なサイトでも使えます

 

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!

The following two tabs change content below.
英語や韓国語など、他言語の役立つフレーズなどを紹介しています。現地在住ライターによるレアな情報も掲載!世界をもっと、地球をもっと近くに感じられるような役に立つ知識・情報をお伝えしていきます!