タイのコンセント調査!旅行前に知っておきたい5つの特徴

タイのコンセント調査!旅行前に知っておきたい5つの特徴

海外旅行において、現地のコンセントというのは、頭を悩ませるものですよね。仕事やご旅行でタイに行かれる場合、当然押さえておかなくてはいけない点なのですが、果たして日本と同じ形状なのか、電子機器をそのままタイでも使えるのか、ちょっと難しい問題ですよね。そんなお悩みをお持ちの皆様のために、今回は「タイのコンセント調査!旅行前に押さえておきたい5つのポイント」をお送りします!



 

タイのコンセント調査!旅行前に知っておきたい5つの特徴

 

1.コンセントの形を知る

突然ですが、最初にクイズです。「タイのコンセントは日本のコンセントと同じ形でしょうか?」このクイズに回答する際に、一瞬だけ、皆様の周りのコンセントを眺めてみてください。日本のコンセントはご覧のとおり、2つの平型ピンが横に平行に並ぶ形になっていますね。さて答えですが「半分イエス」で「半分ノー」。なんだか中途半端な答えでごめんなさい(笑)詳しく説明していきますね。

 

2.タイのコンセントの種類は3つ

実は、タイのコンセントは3つ種類があります。さきほど出た日本のタイプは一般的に「Aタイプ」と呼ばれる形状です。タイでは、最近ではこの「Aタイプ」も多いのですが、平型のピンが3本付いた「BFタイプ」と、丸型のピンが2つ付いた「Cタイプ」の場合もあります。特に旧式のホテルなどでは「Cタイプ」を見ることも多いです。

 

3.変換プラグを手に入れる

「BFタイプ」や「Cタイプ」の形状のコンセントの場合、日本と異なっていますから、変換プラグが必要となります。変換プラグとは、電化製品とコンセントとの間に付ける器具のことで、日本の電気屋さんの海外旅行コーナーなどで低価格で購入できます。マルチタイプといったような複数のコンセントの形状に対応した変換プラグも売っていますので、タイだけでなく他の国にもよく行かれる方はこちらのタイプの購入をおすすめします。また、ホテルによっては貸し出してくれるところも多いですので、日本から持っていくのを忘れてしまったら、フロントスタッフに尋ねてみましょう。

また、さきほどお伝えしましたように、最近では日本と同じ「Aタイプ」が多くなっています。このように、コンセントの形状が同じとくれば、日本の電化製品も「そのまま使える」ということになります。ただ、電圧に注意してください。タイの電圧は220Vで、日本の電圧は100Vなんです。日本の電化製品は基本的に100Vに対応したものとなっていますので、コンセントの形が同じだからと、このような電化製品をタイでそのまま使用すると故障してしまいます。ついついあまり考えずに日本の電化製品をそのまま使用してしまいますが、220Vに対応していない器具ですと、「シューッ」と白い煙と焦げたにおいを発して、一発で故障ということになってしまいます。

一方で、最近では海外でも自在に使えるように、100V~240Vまで対応した電化製品が増えてきていますので、このような電化製品であれば、タイでもそのまま使用できます。例えばノートパソコンの裏などに「AC100-240V」などと書いてあれば、タイの220Vの電圧に対応できる電子機器であるということになります。

 

4.タイの電圧は220V

ここで再度確認いたしますが、タイの電圧は220Vである一方で日本の電圧は100Vです。このように、タイの電圧は日本の電圧よりも強いです。間違っても濡れた手でコンセントに触ったりするのはやめましょうね。ただ、日本と同じ形状ですので、220Vの電圧に対応可能な電子機器であればそのまま日本の電化製品をコンセントに差し込んで使用することができます。世界的に販売されているiPhone、デジタルカメラ、ノートパソコンの充電器等は大抵220Vに対応しています。ご自分の電子機器に「AC100-240V」の表記はあるか、事前に確認しておきましょう。

 

5.変圧器とスタビライザー

では、220Vに対応していない電化製品をタイで使用したい場合には、どうしたらよいのでしょうか。その場合には、変圧器を使いましょう。変圧器は、今回のように電圧が異なる場合に、電化製品とコンセントとの間につなげて、電圧を変換させるもので、これがあれば日本の製品も普通にタイで使うことができます。変圧器は念のために日本の電気屋さんで購入されるといいですね。

一方、220Vに対応した製品でもタイの電流の状態が不安定という問題が実はあります。停電も日本よりも頻度が多いですし、場合によっては230V以上の電圧となっていることもあります。いずれにしても電子機器にとって環境はよくありません。故障の原因にもなってしまいます。それを避けるためには、スタビライザーという、電圧を安定させる器具を使うのもおすすめです。スタビライザーについては、現地のデパートなどでも購入可能ですので、大切な電子機器を使うのであれば必ず使いましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
コンセントの形や電圧が違うなど、日本の普段の生活では全く気にしないところですよね。タイに限らず、各国のコンセントは異なる仕様ですので、事前に調べる癖を付けた方がいいです。今回ここではタイについて詳しくご紹介しましたが、これらの5つのポイントは他の国へ行くときでも必ずチェックしたほうがいいものですので、是非参考にしてくださいね。あなたのタイ旅行が楽しいものになる事を祈っています。いってらっしゃい!

 

タイのコンセント調査!旅行前に知っておきたい5つの特徴

1.コンセントの形を知る
2.タイのコンセントの種類は3つ
3.変換プラグを手に入れる
4.タイの電圧は220V
5.変圧器とスタビライザー

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!