超便利タガログ語辞書!旅行で必ず使う22フレーズ

超便利タガログ語辞書!旅行で必ず使う22フレーズ

近年、日本や韓国から英語留学の渡航先としても注目を集めているフィリピン。そういった背景もあり、日本からの渡航者も増えてきています。もともとはアメリカの植民地で英語を公用語として採用しており、フィリピン人の英語能力はアジアの中ではトップクラス。しかし現地のフィリピン人が日常的に使っているフィリピン語はタガログ語と呼ばれる言葉。タガログ語は国の標準語の様なもので、色々な地域の人々が小さい頃から国語として学ぶ言語なので基本的にはフィリピン人ならだれでもしゃべる事ができます。タガログ語はフィリピンがスペインの植民地時代にできた言葉なので、言葉や発音などスペイン語と近いものも沢山あります。スペイン人との混血も多くフィリピン人はラテン気質の人がたくさん。陽気でよく笑います。そんな彼らにぜひタガログ語で話しかけてみてください。きっと喜んでくれて、すぐ仲良くなれることでしょう。今回は、フィリピン旅行中いろいろな場面で使える超便利タガログ語22フレーズをご紹介します。



 

超便利タガログ語辞書!旅行で必ず使う22フレーズ

 

<挨拶の表現>

1. Salamat (ありがとう / サラーマット)

フィリピンに来たらまず最初に覚える言葉。いろんな所で使います。「Salamat」のあとにPo(ポー)をつけるとより丁寧な言い回しになります。

 

2. Walang anuman (どういたしまして / ワラン アヌマン)

「Walang anuman(どういたしまして / ワラン アヌマン)」はフィリピン人に「Salamat」と言われたらこう返してください。この言葉は「Salamat」と「Walang anuman」はセットで覚えましょう。

 

3. Taga Japan ako (私は日本出身です / タガ ジャパン アコ)

よくタクシーの運転手や、レストランなどで 「Where are you from?」 と英語で聞かれる事があります。そんな時はタガログ語でこう返してください。ちなみにTaga(〜出身です/〜人です)という意味で、ako(私)という意味になります。逆に(あなた)は イカウ / Ikaw と言います。

 

4. Magkano? (いくらですか? / マグカーノ?)

フィリピンの市場やローカルな飲食店にいくと値段が書いてないことが多いので、こう聞いてみましょう。「Magkano」のあとに「ito」をつけると、これはいくらですか?という表現になります。「Magkano ito?」覚えておきましょう。

 

5. Meron ba kayong〜? (〜はありますか? / メロン バ カヨン〜)

これはあなたが買い物などに言った時によく使う言葉です。「Meron ba kayong shampoo(シャンプー)?」 でシャンプーはありますか?となります。求めている品物の名前は最後につけてください。

 

6. Oho meron ho (はい。あります。 / オホ メロン ホ)

「Meron ba kayong shampoo?」と訪ねて、シャンプーがその店にある場合、店員さんはこう答えます。「Oho meron ho(はい。あります。 / オホ メロン ホ)」もしくは「Meron(ある)」だけの場合もあります。「oho」が「はい」という意味で、「ho」は「po」と同じく丁寧な言い回しの時に使います。

 

7. Wala ho (ありません / ワラ ホ)

シャンプーがその店に無い時はこう言います。「Wala ho(ありません / ワラ ホ)」もしくは「Wala(ない)」のみです。「Meron(ある)」と「Wala(ない)」は意外とよく使うので、是非覚えておいてください。

 

8. Kukunin ko ito (これをください / ククーニン コ イト)

お店であなたが欲しいものを見つけた時、店員さんにこの言葉を言ってあげてください。「Kukunin ko」で(わたしに〜をください)「ito」が(これ)ですね。

 

<簡単な返答の表現>

9. Sige (OK / シゲ)

10. Hindi puwede (ダメ / ヒンディ プウェーデ)

これは簡単な受け答えです。フィリピン人は「Sige」を「Sige Sige」と連続して言うことのほうが多いです。

11. Sige na! (頼むよ! / シゲ ナ!)

「Sige na!」これは「Sige」とよく似ているのでついでに覚えておきましょう。お願いの時の表現です。

 

 

<食事の時の表現> 

12. Masarap (おいしい / マサラップ)

13. Talagang masarap (とてもおいしい / タラガン マサラップ)

14. Hindi masarap (おいしくない / ヒンディ マサラップ)

フィリピン料理を食べた後に是非使ってください。この中で出てくる「Talagang」は「とても〜」という意味。「ヒンディ」は否定の時に使います。

 

<基本的な挨拶の表現>

15. Magandang umaga (おはよう / マガンダン ウマーガ)

 16. Magandang tanghali (こんにちは / マガンダン タンハーリ)

 17. Magandang gabi (こんばんは / マガンダン ガビ)

 18. Good night (おやすみなさい / グッド ナイト)

こちらは基本中の基本の挨拶の表現集。「Magandang umaga(おはよう / マガンダン ウマーガ)」は日本と違い、日付が変わった瞬間(0時)から午前11:00までの挨拶になるので要注意。「Good night(おやすみなさい / グッド ナイト)」は英語がそのままタガログ語としても使用されています。

 

<相手の状況を尋ねる表現>

19. Kumusta ka? (お元気ですか? / クムスタ カ?)

いかがですか?のような意味。英語の「How are you?」のように全体的に調子はどうですかという意味合いで頻繁に使われます。

 

20. Mabuti naman (元気です / マブーティ ナマン)

「Kumusta ka? (お元気ですか? / クムスタ カ?)」と聞かれた時に使いましょう。そして「Salamat(ありがとう / サラーマット)と感謝の気持ちも忘れずに。

 

<別れの表現>

21. Paalam (さようなら / パアラム)

22. Aalis na ako(さよなら / アアリス ナ アコ)

別れの時はこの言葉を使ってください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
フィリピン人の場合はほとんどの方が英語を喋れることもあって外国人の旅行者には英語で話しかけてくることがほとんですが、そんな彼らもやはり現地の言葉をしっかり覚えてきて使ってくれれば嬉しいものです。今回紹介したフレーズをしっかりと覚えて、現地のフィリピン人の方とタガログ語でコミュニケーションをとってみてください。

 

超便利タガログ語辞書!旅行で必ず使う22フレーズ

1. Salamat (ありがとう / サラーマット)

2. Walang anuman (どういたしまして / ワラン アヌマン)

3. Taga Japan ako (私は日本出身です / タガ ジャパン アコ)

4. Magkano? (いくらですか? / マグカーノ?)

5. Meron ba kayong〜? (〜はありますか? / メロン バ カヨン〜)

6. Oho meron ho (はい。あります。 / オホ メロン ホ)

7. Wala ho (ありません / ワラ ホ)

8. Kukunin ko ito (これをください / ククーニン コ イト)

9. Sige (OK / シゲ)

10. Hindi puwede (ダメ / ヒンディ プウェーデ)

11. Sige na! (頼むよ! / シゲ ナ!)

12. Masarap (おいしい / マサラップ)

13. Talagang masarap (とてもおいしい / タラガン マサラップ)

14. Hindi masarap (おいしくない / ヒンディ マサラップ)

15. Magandang umaga (おはよう / マガンダン ウマーガ)

16. Magandang tanghali (こんにちは / マガンダン タンハーリ)

17. Magandang gabi (こんばんは / マガンダン ガビ)

18. Good night (おやすみなさい / グッド ナイト)

19. Kumusta ka? (お元気ですか? / クムスタ カ?)

20. Mabuti naman (元気です / マブーティ ナマン)

21. Paalam (さようなら / パアラム)

22. Aalis na ako(さよなら / アアリス ナ アコ)

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!