日帰り韓国旅行を超満喫する9つのテクニックとは?

日帰り韓国旅行を超満喫する9つのテクニックとは?

近年急速に発達したLCC航空のおかげで、気軽に、そしてリーズナブルに海外旅行ができるようになりました。特に短時間で行けて飛行機の便数も充実している韓国は、朝出発して夜帰ってくる日帰り韓国旅行をする人が増えています。ホテルの予約はもちろん必要ありません。海外旅行とは思えない身軽な格好で、パスポートとお財布さえあればすぐ行けてしまうその感覚はまさに国内旅行並です。実質、現地での滞在時間は7〜8時間程になるので、限られた時間でいかに効率良く観光を満喫するかが最大のポイントになってくるでしょう。事前にしっかり下調べをしておけば、現地での動きもスムーズになり時間の無駄なく過ごせるので、旅行プランを立てることをおすすめします。今回は旅行プランに役立つ、日帰り韓国旅行を超満喫する9つのテクニックをご紹介します。

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

日帰り韓国旅行を超満喫する9つのテクニックとは?

 

1. 荷物は機内に持ち込めるサイズにしよう

せっかく入国審査をスムーズに通過したのに、手荷物の受取に時間が掛かってしまうのはもったいないですね。空港内での時間を短縮するためにも、日帰り旅行では荷物は預けずに、機内に持ち込めるサイズにまとめましょう。また、買い物をたくさんする予定の人は、帰りの便だけ事前に荷物を預ける予約をすると、当日申請するより安く預けることができます。機内では、入国申告書と旅行者携帯品申告書が配られるので、こちらも到着する前に忘れずに書いておきましょう。

 

2. 空港から市内までは”A’REX”で移動しよう

仁川空港から市内への移動は空港鉄道A’REXがおすすめです。渋滞の心配がなくて、時間に正確なので安心です。車両は一般(各駅停車)と直通の2種類があり、乗り換えなしでソウル駅まで行くことができます。

【所要時間】直通:約45分/一般:約55分
【本数】直通:25〜40分間隔/一般:7〜16分間隔
【料金】直通:14500ウォン/一般:3950ウォン

仁川国際空港駅は、仁川国際空港旅客ターミナル地下1〜3階と繋がっています。直通と一般の改札口は分かれていて、切符は改札横にあるタッチパネル式の自動発券機、もしくは改札横の案内センタ−で購入します。ソウル市内で地下鉄を利用する予定があれば、T-money(現金チャージ式の交通カード)を購入しておくことで、地下鉄でいちいち切符を買う手間がはぶけるのでおすすめです。明洞に行く場合、ソウル駅で4号線に乗換えて行くこともできますが、駅内が広くて乗換移動に時間が掛かるので、一般車両に乗って弘大入口駅で降りて2号線で乗換え、乙支路入口駅(明洞)に向かうと便利です。

また、車内は日本語音声・文字案内があるので安心して目的地に行くことができます。金浦空港から市内への移動は、A’REXの他に5・9号線が連絡しているので、目的地に合わせて乗車しましょう。

 

3. 明洞で両替しよう

ソウル市内に着いたら、まずは両替をしましょう。空港でも両替はできますが、手数料を取られたりレートもあまり良くないので、最低限必要な金額だけを両替して、あとは市内の両替所で両替しましょう。韓国一の繁華街”明洞”の両替所は、レートも良くて、ほとんどの両替所で手数料が取られません。同じ明洞内の両替所でも多少レートが違い、中でもレートが良いのは、中国大使館前にある”大使館両替所”です。年中無休で営業時間は9:00〜22:00です。また、夕方からの明洞は海外から来るたくさんの観光客や韓国人であふれ、道を歩くだけで一苦労します。それに比べて日中の明洞は人が少なく、コスメショップも9時頃から開店するので、のんびりショッピングのにおすすめの時間帯です。

 

4. 外国人向けサービスを有効活用しよう

たくさん買い物をして荷物が増えてしまったら、明洞中心にあるMプラザビルの5階の”ソウルグローバル文化センター”(営業時間10:30〜19:30)に行きましょう。こちらでは、外国人観光客向けの便利なサービスを提供していて、無料で使えるPCやコインロッカー(大3000、中2000、小1000)は地下鉄にあるものより安く利用できます。他にも無料で韓服の試着などもできるので、あまり観光ができない日帰り旅行でも、しっかり韓国文化を体験できます。ソウル市内の各観光スポットには、赤いユニフォームを着た観光案内人さんがいます。行きたい場所やお店の名前を言えば、日本語で親切に教えてくれるので、道に迷ったときは聞いてみましょう。

 

5. 時短グルメ?!”三秒サムギョプサル”を食べよう

韓国旅行で何と言っても楽しみなのがグルメですね。せっかく韓国に来たのだから、時間は無くても美味しいものを食べましょう。ご紹介するお店は、江南駅からほど近い駅三洞にある”三秒サムギョプサル”(ソウル特別市江南区駅三洞834-46)明洞から江南まではタクシーで約30分で、料金は10000ウォン程です。炭を焼いて高温に温めた黄土窯に豚の三枚肉を入れてると、お肉が3秒でこんがりした黄金色に焼けるので三秒サムギョプサルと呼ばれ、一気に焼くことで肉汁を中に閉じ込めることができます。窯から出されたお肉を、今度はテーブルの鉄板上で1〜2分焼くと完成です。通常のお肉よりふわっと柔らかくジューシーで絶品です。この地区は芸能事務所も多いので、運が良ければ芸能人に出会えるかもしれませんね。また、お洒落なカフェも多いので、食後に利用してみてはいかがでしょう。

 

6. スイーツはコーヒーチェーン店で食べよう

韓国は街の至る所で数えきれない程のコーヒーチェーン店を見かけます。お店のシステムは日本とほとんど同じで、注文はカウンターでの先払い式で、出来上がりは振動タイプのベルで知らせてくれます。そして、コーヒーチェーン店で注目したいのが、デザートメニューです。最新の流行をいち早く取り入れたスイーツや、季節メニュー、個性溢れるオリジナルメニューなどとても種類が豊富です。お店で直接焼き上げるプレッチェルが人気の”TOM N TOMS”、”A two some place”はお店で直接作るケーキやマカロンなど味に定評があります。韓国のデザートは見た目にインパクトがあるものや、ボリュームがあるものが多いので、注文するときは1人1つではなくみんなでシェアすることをおすすめします。また、wi-fiなどの通信環境が整っているので、日本のケータイも使うことができます。時間が足りない分、過密スケジュールになってしまう日帰り旅行、甘いデザートを食べて休憩も忘れずにしましょう。

 

7. 時短エステを受けよう

どうしてもエステは受けたいそんな時は、時間がない日帰り旅行にぴったりな、手軽に短時間でできる時短エステを受けましょう。所要時間は30分〜50分程で、短時間でもいろんなエステメニューを選べます。事前にネット予約しておくと割引サービスがあったり、待ち時間なしですぐに受けられるので安心です。サロンを選ぶ判断基準として思い浮かぶのが、サービス内容、店内の雰囲気、料金設定等ですね。それから日本語が通じるかどうかもエステを楽しむうえで大切になってきます。ただ値段が安いだけで選んでしまうと残念な結果になる場合もあるので、 実際に行ったことがある人に聞いたり、ネットの口コミを見たり、しっかり下調べをしてサロン選びをする事をおすすめします。

 

8. 免税品の購入可能時間をチェックしよう

空港で免税店を利用する場合はその場で商品を受け取れますが、市内にある免税店を利用した場合、空港の専用引渡しカウンターで商品を受け取ることになります。そのため、市内免税店では出国前に購入可能時間がきちんと決まっているので、各店舗や出国する空港や時間によって当日の購入可能時間が違うので予めチェックしておきましょう。受け取りの際は購入時に貰った交換券が必要です。また、受け取り専用カウンターが込み合う場合もあるので、ぎりぎりの時間にならないように気を付けましょう。仁川空港は免税店の他に、無料で伝統工芸品作りや伝統公演の鑑賞ができる体験館や、フードコートでは韓国料理をフライト前に味わうことができます。24時間営業のマッサージやサウナもあるので、少し早めに空港に到着して旅の疲れを癒すのもいいでしょう。

 

9. 海外旅行保険に加入しよう

韓国の交通事情は決して良いとは言えず、バイクが歩道を走ったり運転が荒かったりと危険な面が多々あります。たった1日だから大丈夫だろうと安心していても、海外では何が起こるか分かりません。もし事故に遭い、思いもよらない高額な医療費を支払うことになったり、言葉の通じない海外の病院で不安な思いをすることがないように、出発前に外旅行保険に加入することをおすすめします。インターネット申請や、国際線出発フロアにある海外旅行保険受付カウンターでも申し込むことができてるので、出発当日でも手続きすることができます。保険料は1日1000円程〜です。他にも、海外旅行保険付帯クレジットカードや、日本の健康保険に加入していれば、現地の医療機関に支払った医療費の一部を帰国後に申請すれば給付してもらえる制度もあるので、旅行前にしっかり下調べをして、もしもの時に備えた安全な旅行にしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は日帰り韓国旅行を超満喫する9つのテクニックをご紹介しました。日帰り旅行を充実させるポイントは、下調べをしっかりした旅行プランを立てることです。しかし、あまり欲張って予定を詰め込むとバテてしまうので、目的は3つくらいに絞って行動しましょう。また、日帰り韓国旅行を体験した人たちのブログを読むと、旅行のイメージがしやすいのでおすすめです。いくら気軽な日帰り旅行とはいえそこは外国です。安全面をしっかり考えて、海外旅行保険は忘れずに加入しておきましょう。LCC航空の発達で益々行きやすくなった韓国ですが、あなたも9つのテクニックを使って、ぜひ日帰り韓国旅行にチャレンジしてみましょう。

 

日帰り韓国旅行を超満喫する9つのテクニックとは?

1. 荷物は機内に持ち込めるサイズにしよう
2. 空港から市内までは”A’REX”で移動しよう
3. 明洞で両替しよう
4. 外国人向けサービスを有効活用しよう
5. 時短グルメ?!”三秒サムギョプサル”を食べよう
6. スイーツはコーヒーチェーン店で食べよう
7. 時短エステを受けよう
8. 免税品の購入可能時間をチェックしよう
9. 海外旅行保険に加入しよう

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!

The following two tabs change content below.
英語や韓国語など、他言語の役立つフレーズなどを紹介しています。現地在住ライターによるレアな情報も掲載!世界をもっと、地球をもっと近くに感じられるような役に立つ知識・情報をお伝えしていきます!