韓国ミュージカルの人気の秘密?押さえるべき7つの知識!

韓国ミュージカルの人気の秘密?押さえるべき7つの知識!

(Republic of Korea)

韓流といえば日本ではドラマやK-popが主流でしたが、近年、じわじわと注目を浴びはじめた新たなカテゴリーがミュージカルです。すでに日本でも優れた韓国ミュージカルが公演され、多くのファンを獲得しています。また、日本のミュージカル界に進出して才能を余すことなく発揮している韓国人ミュージカル俳優も少なくありません。そこで今回は、日本でも徐々に人気を集めつつある韓国のミュージカルについて気になっているあなたのために、押さえるべき知識を7つご紹介します。



 

韓国ミュージカルの人気の秘密?押さえるべき7つの知識!

 

1. 韓国ミュージカルの最大の魅力は2つ

すでに日本でも韓国ミュージカルの魅力にはまってしまった人たちがいますが、その最大の魅力は2つに集約することができます。それは徹底した訓練を基礎とした「感情表現」と「歌唱力」です。実際、舞台にふれてみると納得できますが、ほとばしる感情をその息づかいまでが伝わるような演技力で観客の感情に訴えるエネルギッシュな舞台は、中毒になります。また、鍛えられた歌声やリズム感は観る者を圧倒せずにはおれません。

 

2. ほとばしる感情を伝える演技力

まず韓国ミュージカル第一の魅力である「感情表現」は何よりもミュージカル俳優の抜きん出た演技力によるものです。加えて韓国ドラマに見られるような登場人物の情感がたっぷり詰まったストーリー展開によって、俳優たちにその演技力を十二分に発揮させるのです。

 

3. 圧倒的な歌唱力

韓国ミュージカルのもう一つの魅力が「歌唱力」です。韓国の歌、というとK-popを思い浮かべる人も多いかと思います。K-popアーティストたちの優れた歌唱力はその養成システムにあると言われていますが、ミュージカル俳優の場合も、極めて合理的・戦略的にプログラムされた養成プロセスを経て舞台に立っています。K-popと大きく異なる点はK-popの場合はあくまで各芸能プロダクションが養成しているのに対し、ミュージカルの場合は大学にそのための学科を設置し、国費を投じて優秀な学生には海外留学も積極的にさせる、というように国家的事業としてミュージカル俳優たちが養成・輩出されていることです。

 

4. シナリオの力

上にあげたミュージカル俳優たちの演技力と歌唱力を引き立てているのがシナリオです。韓国のシナリオライターの平均的な年齢は日本よりずっと若い30代。俳優たちと同様に、ミュージカルのシナリオライターもまた国家的事業の一環として養成システムが整備され、若く優秀なシナリオライターが輩出されているのです。

ストーリー展開も韓国ドラマ顔負けのテンポがよく、また観客をハラハラドキドキさせるものが多く、最後まで飽きさせません。今日のような韓国ミュージカルの全盛時代は俳優とシナリオライターが力をあわせて築き上げた、彼らの努力の賜物と言えるでしょう。

 

5. 韓国ミュージカルの聖地「大学路(テハンノ)」

80年代、民主化闘争の最中に現在の場所に移転するまでソウル大学があったソウル市内の「大学路(テハンノ)」。もとソウル大学があった場所には現在、韓国版放送大学である韓国放送通信大学のキャンパスがあります。その周辺には中小150あまりの劇場があります。これらの劇場では、明日のミュージカルスターを夢見る数多くのミュージカル俳優たちの公演が毎日行なわれています。あらかじめネットなどでお目当ての俳優をみつけて公演を観るもよし、明日のスターを自らの目で発掘しに行くもよし、韓国ミュージカルに出会いたければまず、大学路を訪ねてみましょう。

 

6. 初心者はまず既知の作品を

大学路で公演される作品は基本的に韓国オリジナルミュージカルです。ということは、セリフや歌は韓国語になり、ストーリーを完全に理解しようと思えば相応の韓国語力が求められます。もちろん、韓国語はほとんどわからなくても、上にあげたような俳優たちの抜きん出た演技と歌唱の能力を堪能することはできます。

しかし、やはりストーリーもちゃんと理解したい、というあなたには、まず、大劇場で上演される海外でも有名なシナリオのミュージカルがオススメです。ソウル市内の大型劇場ではブロードウェイやオフブロードウェイ作品、ウェストエンド(ロンドン)作品が、韓国人キャストによって多く上演されています。日本の劇団四季がソウルで、韓国人キャストによる『ライオンキング』を公演したこともあります。

そして、もう一つのオススメはドラマを原作とした作品(ドラマカル)や映画を原作とした作品(ムービカル)です。たとえば漫画が原作でJYJのユチョンが主演したドラマ『成均館スキャンダル』などの作品がミュージカルとなって公演されています。あらかじめ大まかなストーリーを知っていれば、言葉の壁があっても十分に楽しむことができるでしょう。

なかには、韓国オリジナル作品であっても日本語や英語の字幕が電光掲示板やスクリーンに表示される作品もありますので、ネットで情報収集してみてください。

 

7. チケットはインターネットで事前に確保

これまでお読みいただき、「韓国ミュージカル、観たい!」と思ってくださったあなた、チケットは日本語対応のサイトで事前購入することをオススメします。たとえばソウル市が運営している観光公式サイト「Visit Seoul」では公演中もしくは公演間近のミュージカルを検索することができ、お目当ての公演があればサイトでチケットを予約することもできます。

会場のチケット売り場では日本語が通じないことも多いので、こういった日本語サイトで事前にチケットを確保しておくのがベストです。もちろん、会場の場所もサイトでチェックするのを忘れずに、地図はプリントアウトして持参しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
徹底した訓練を基礎とした「感情表現」と「歌唱力」が魅力の韓国ミュージカル。日本の劇団四季でも2013年に日本初演の「リトル・マーメイド」でヒロイン・アリエル役に抜擢されて評判となった谷原志音(本名:チェ・ジウン)をはじめ、韓国人ミュージカル俳優の実力は実証されています。さあ、あなたも韓国で実際に韓国ミュージカルのエネルギッシュな舞台にふれてみてはいかがでしょうか。きっと中毒になること間違いなしです。

 

韓国ミュージカルの人気の秘密?押さえるべき7つの知識!

1. 韓国ミュージカルの最大の魅力は2つ
2. ほとばしる感情を伝える演技力
3. 圧倒的な歌唱力
4. シナリオの力
5. 韓国ミュージカルの聖地「大学路(テハンノ)」
6. 初心者はまず既知の作品を
7. チケットはインターネットで事前に確保

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!