シドニーの治安調査!旅行前に注意すべき7つのポイント!

シドニーの治安調査!旅行前に注意すべき7つのポイント!

気候と自然に恵まれ、フレンドリーな人が多く、海外の中でも治安がよいと言われるオーストラリア。もちろんその評価は、オーストラリア最大の都市シドニーにおいても適用されます。ただ、かといって油断してせっかくの海外旅行中に危険な目に遭っては台無しです。

そこで今回は、シドニーの治安事情について7つのポイントから詳しくご紹介します。どういった危険が潜んでいるのか、そして危ないときはどこに行けばよいのかなどを具体的に解説しますので、旅行前にしっかり押さえておきましょう。それではご覧ください。




 

シドニーの治安調査!旅行前に注意すべき7つのポイント!

 

1. すり、引ったくりの発生状況を知る

シドニーでも観光客が特に集まるオペラハウス、サーキュラーキー、ロックス、ダーリングハーバー、チャイナタウンなど人ごみではすり被害がよく起きています。特に携帯電話の操作等で周りに注意が向かない場合は狙われやすくなるので、所持品をポケット内などに入れない、バッグの開口部は閉めておく、バッグは車道と反対側の体の前に来るように持ち、ストラップをかけてつかむ、など防犯対策しましょう。

また、できるだけ多額の現金を持ち歩かないようにすることです。ただし、もし、バッグを強引に引ったくりされそうになったら、ストラップに無理にしがみつかず、危険と感じたら手を離しましょう。無理に引っ張るとバッグごと引きずられて大怪我する可能性があります。

 

2. 置き引きはよく起きる

駅、バスターミナル、空港、ホテルロビー、ユースホステル、フードコート、レストラン、パブ、インターネットカフェなどでの荷物の置き引きもよく起こります。当たり前のことですが、自分の荷物からけして目を離さず、椅子の背もたれ側でなく、足の間、またはひざ上に置くようにしましょう。その際、バッグの開口部を必ず締めておくのも大切です。

また、携帯電話や財布などの貴重品をテーブルなど目に付く場所に置くのは控えましょう。また車を運転する場合、車中の持ち物やGPSを狙った置き引き事件も多いため、駐車する時は貴重品をトランクか足元の見えない場所に移動し、なるべく目立つ場所に駐車しましょう。

 

3. 暴行や詐欺に注意!

特に日本人女性を狙った暴行事件では、観光案内や英語を教えるといって近づき、油断した隙に襲われるというケースがあります。いくらフレンドリーでも会ったばかりの人を簡単に信用せず、相手のくれる食べ物(特に飲み物)をもらわない、相手の家に行かない、特に夜の公園や公衆トイレなど人の少ない場所に行かない、など用心してください。

最近では親切心につけこみ「お金を貸してほしい」と頼まれる詐欺もあるので、曖昧な返事をせず、はっきり”No”という勇気を持ちましょう。また、夜は街灯のない道、公園そばの道での一人歩きは背後から襲われる危険性が高いのでお勧めしません。

 

4. ナイトライフは常に緊張感を持って

南半球最大の繁華街といわれるキングスクロスではナイトクラブが密集し、充実したナイトライフが楽しめます。しかし最近ではアルコールや麻薬の影響による暴力事件や死亡事件が頻発し、政府の危険地区指定を受けている場所なので、普段以上に周りに注意し、一人で出歩かない、深酒をしない、人通りの少ない場所、薄暗い場所に行かない、知りあったばかりの人から食べ物や飲み物をもらわない、など、常に自分の身を守る心がけを持ちましょう。

 

5. テロの脅威

ISISやアルカイダに代表される過激派によるテロ事件の影響はシドニーにも及んでおり、2014年にはシドニー中心地のカフェで親IS派を名乗るイラン系の男による人質立てこもり事件が発生、人質2人が犠牲になりました。また2015年はISに影響されたイラク系の15歳の高校生がシドニーの警察本部庁舎前で警察職員を射殺し、世間に衝撃を与えました。移民国家のオーストラリアでは、こうした国内の移民の中から生まれるテロリズムへの警戒を強め、テロ警戒レベルを5段階中上から3番目の「起こりうる」に設定しています。人の多いエリアやランドマークの近くで不審な動きを見かけたら、直ちにその場を離れるようにしましょう。

 

6. 人種差別

比較的親日家の多いオーストラリアですが、戦時中は敵国同士であったため、戦没者関係の記念日(4/25 アンザック・デー、1/26 オーストラリアン・デーなど)では日本人と分かると暴言などの嫌がらせを受ける可能性があります。大使館・領事館などのサイトからメールマガジン登録すると、こうしたイベントに関する注意喚起のお知らせメールが事前に来るので、身を守るために役に立つでしょう。また実際に被害に遭った場合は大使館や領事館にて相談できますので、詳細をメモしておくとよいでしょう。

 

7. もし被害に遭ったら

もし犯罪被害にあったら、まず警察に連絡しましょう。電話の場合は無料でかけられる000、オペレーターが出たらPolice(警察)、Fire(消防)、Ambulance(救急)のいずれか聞かれるので、Police(警察)と伝えましょう。また英語に不安がある場合は通訳サービスも受けられるのでその旨を伝えましょう。クレジットカードやトラベラーズチェックの盗難時はカード会社や銀行にすぐ連絡し、パスポートの盗難・紛失の場合は警察に届けてから最寄りの領事館(シドニー領事館:02 9250 1000)に問い合わせ、再発行の手続きを行ってください。

また、旅行に出発する前に外務省ホームページなどで事前の情報収集をしておき、現地ではホテルスタッフやインフォメーションセンターで行き先を伝えて、危険な場所がないかどうかチェックしておくとよいでしょう。必要なら旅行者保険に加入するのも賢い選択でしょう。

 



まとめ

いかがでしたか?
最近ではシドニー空港から市内へのタクシーで遠回りのぼったくりが起きるなど、これまではなかったタイプの犯罪を耳にするようになりました。現地に着いたらもう海外だということを忘れず、ここでご紹介したことをしっかり覚えて、あなた自身で安全な旅を確保できるようになりましょうね。

 

シドニーの治安調査!旅行前に注意すべき7つのポイント!

1. すり、引ったくりの発生状況を知る
2. 置き引きはよく起きる
3. 暴行や詐欺に注意!
4. ナイトライフは常に緊張感を持って
5. テロの脅威
6. 人種差別
7. もし被害に遭ったら

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!