ロンドンのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!

ロンドンのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!

(Jean-Marc Astesana)

待ちに待ったロンドン旅行。ガイドブックやネットを検索しながら訪れたい場所をリストアップするのは楽しいものです。でも限られた日程で効率よく観光するには、バス・電車・タクシーなど適切な移動手段を選ぶことが大切です。ロンドン市内の交通費は日本に比べて若干高めですが、お得なチケットも販売されているので、それらをしっかりと知り、適切なチケットを購入したいですよね。

そこで今回は、現地在住の筆者が、ロンドン旅行に役立つ交通事情についてご紹介します。

 

ロンドンのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!

 

1. ヒースローエクスプレスのチケットは事前に購入

ロンドンのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!ヒースローエクスプレス

(JCDecaux Creative Solutions)

日本からロンドンへの直航便の多くはロンドンヒースロー空港に到着します。ヒースロー空港からロンドン市内へはバス、タクシー、地下鉄などで移動可能ですが、おすすめはヒースローエクスプレスです。

ヒースローエクスプレスは空港からロンドンのパディントン駅まで15分ほどで繋いでおり、空港からあっという間にロンドン市内中心部に到着可能です。

ヒースローエクスプレスは当日にチケットを購入すると割高ですが、事前に購入する事により安価なチケットの購入が可能で、早めに購入すれば購入するほどチケットの料金は安くなります。

なお、イギリスは入国審査に時間がかかることで有名ですので、事前にチケットを購入する際は、飛行機到着後2時間後ぐらいの時間帯のチケットを購入することをおすすめします。

 

2. ロンドン市内移動手段

ロンドンのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!バス

(Steven Hughes)

ロンドン市内を移動するにはロンドン名物の赤い2階建バス、ダブルデッカー、地下鉄(通称チューブ)、そしてオーバーグラウンドが便利です。

地下鉄は11路線あり、また主な路線は金曜日、土曜日の夜は終夜運行しています。

バスはとても多くの路線があり、いくつかの路線は24時間運行しており、また夜間のみ運行している路線もあります。バスはバス停も多いため、慣れると地下鉄より便利な移動手段で、また2階の一番前の席に座れば、ロンドン市内を大きな窓から眺めながら観光気分で移動が可能です。

オーバーグラウンドは地下鉄ほど路線も多くなく、運行本数も少なめですが、地下鉄ほど混みあわず、また車窓からの風景も楽しむことができます。

なお、どのように移動するのが便利かは、Transport for London (通称TFL)の「Plan a journey」のページで検索可能です。

 

3. ゾーンとピーク時間に注意

ロンドンのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!ゾーン

(Duncan Hull)

ロンドン市内の地下鉄の料金は「ゾーン」により変わります。ロンドン市内の人気観光地のほとんどはゾーン1からゾーン3内にありますが、ゾーン1内のみを移動するのと、ゾーン1からゾーン3までを移動するのでは、交通費が大きく変わってきます。

また、オンピーク(平日朝7時から10時と夕方4時から7時)とオフピーク(オンピーク以外の時間帯)では、料金が異なります。オンピーク時間は料金が割高になり、また車内も大変混み合いますので、可能であればオンピーク時間は避けて観光することをおすすめします。

 

4. バス移動はお得

ロンドンのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!バス2

(Steven Hughes)

上記で地下鉄の料金はゾーン、ピーク時間によって変動することをお伝えしましたが、バスの料金はどのゾーン、どの時間帯でも、ゾーンを超えての移動をしても一律1.5ポンドです。また90分以内の乗り換えの場合、2台目に乗車した際に新たに1.5ポンド支払う必要はありません。

なお、バスのデイリーキャップ(1日の請求限度額)は4.5ポンドに設定されているため、バスのみで移動の場合、1日のうち何度バス乗車しても4.5ポンド以上請求されることはありません。ただし、1度でも地下鉄を利用してしまうと、上記のデイリーキャップは適用されませんので、注意してください。

 

5. オイスターカードまたはトラベルカードを購入

ロンドンのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!オイスターカード

(Amanda Slater)

現在バスでは現金での乗車ができません。オイスターカード、トラベルカード、コンタクトレスカードのいずれかでのみ乗車が可能です。

また地下鉄はその都度現金でチケットを購入するのと、上記のいずれかのカードで移動するのでは、チケットの料金が大きく変わります。

日本で発行されたクレジットカードもしくはデビッドカードはロンドン市内でコンタクトレスカードとして使用ができないため、ロンドン市内を観光する際にはオイスターカードもしくはトラベルカードのいずれかを購入することをおすすめします。

 

6. オイスターカードvsトラベルカード

ロンドンのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!トラベルカード

(지호 박)

次にオイスターカード、トラベルカード、どちらを購入すべきか、両者のメリット、デメリットをご紹介します。

「オイスターカード」
▼メリット
・十分にチャージすればどのゾーンでも利用可能
・各ゾーンごとにデイリーキャップ(1日の限度額)があり、デイリーキャップを超えた場合はそれ以上支払わなくて良い
・オイスターカード上にトラベルカードを追加することが可能
・購入後オイスターカードのサイトにアカウントを作っておけば、紛失した場合、カード内に残額があった場合は返金してもらえる
・有効期限はない

▼デメリット
・最初に5ポンドのデポジットが必要

「トラベルカード」
▼メリット
・1日、1週間、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月などの短期間から長期間の期間を選択できる
・追加でチャージする必要はなし

▼デメリット
・事前にゾーンを決める必要がある
・ゾーン、移動量、期間によっては、オイスターカードのデイリーキャップの方が割安になる
・紛失した場合、返金されない
・有効期限がある

もし1週間以内の滞在でゾーン1内(主な観光地はゾーン1内にあります)のみを移動するのであれば、オイスターカードを購入されることをおすすめします。

 

7. ロンドン名物ブラックタクシー

ロンドンのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!ブラックタクシー

(Andy Smith)

ダブルデッカーと並んでロンドン名物であるブラックタクシー。ロンドンは深夜でも公共の交通機関の利用が可能ですが、深夜外出の場合はタクシーの利用をおすすめします。市内には多くのタクシーが市内を走っていますので、流しのタクシーを比較的簡単に拾うことができます。

なお、日本と違い、乗車前にまず行き先を告げ、それから乗車します。自動ドアではありませんので、自分でドアを開ける必要があります。車内はゆったりと広く、スーツケースなどもトランクではなく、車内に持ち込めるほどです。料金はほぼ東京と同じ程度で、深夜10時以降は割り増し料金となります。

 

まとめ

いかがでしたか?
ロンドン旅行の際に役立つ移動方法、またお得なチケット情報をご紹介しました。行きたいところや滞在日程に合わせて、バス・地下鉄・タクシーなどをお選び下さい。移動時間も楽しい時間の1つですので、上記情報を参考にしながら効率的で快適な旅を計画しましょう!

 

ロンドンのタクシー事情やおすすめ移動手段!旅行前に知るべき7つの事!

1. ヒースローエクスプレスのチケットは事前に購入
2. ロンドン市内移動手段
3. ゾーンとピーク時間に注意
4. バス移動はお得
5. オイスターカードまたはトラベルカードを購入
6. オイスターカードvsトラベルカード
7. ロンドン名物ブラックタクシー

 


あなたにおすすめの記事!