韓国人メイクと日本のメイクの9つの異なる特徴とは?

韓国人メイクと日本のメイクの9つの異なる特徴とは?

すっかり身近な存在になった韓国ドラマや韓流スター、アイドルグループの活躍を通じて、韓国人のメイクや韓国コスメに興味を持つ人が増えています。韓国人の顔立ちは一見、日本人とあまり変わりがないように見えるかも知れませんが、メイクの特徴で簡単に区別がつくとも言われています。そこで今回は、韓国人メイクと日本のメイクの9つの異なる特徴について詳しくご紹介します。



 

韓国人メイクと日本のメイクの9つの異なる特徴とは?

 

1. メイクで一番重要なのは、潤った陶器のような肌をつくること!

韓国人がメイクで最も重要視するのは、理想的な肌の質感です。メイクといえばアイメイク等のカラーメイクをまず連想しがちですが、韓国人はとにかくベースメイクに時間とお金をかけ、いかに肌を美しく見せるかに徹底的にこだわります。毛穴ゼロは基本、ナチュラルな透明感とツヤ感のある白い陶器のような肌を理想とし、目障りなホクロやシミはレーザー治療で気軽に取ってしまうのが一般的です。

 

2. 肌にもトレンドがある!艶やかな光を放つ「ムルグァン肌」、「ハチミツ肌」

某ドラマで有名女優の艶やかな肌メイクが話題になったことをきっかけに、昨年から続いているトレンドは「ムルグァン肌」です。「ムル=水」「グァン=光」を意味し、潤いと光沢のあるハチミツを塗ったような肌を演出することがメイクで最も重要視されています。また、「ムルグァン」という言葉が大流行し、「ムルグァンファンデ」「ムルグァンミスト」等の製品が大ヒットし、皮膚科での「ムルグァン注射」も大人気です。以前はお粉でサラサラのマット肌に仕上げていたトレンドが一変し、テカリとは一線を画した自然なツヤと、肌自体が光を放しているようなムルグァンメイクを一日中キープするためのテクニックが常に話題となっています。

 

3. 韓国人のメイクにチークはいらない?!

日本ではやわらかなピンク系やオレンジ系のチークが一般的ですが、韓国人は意外とチークを使わないという人が多いのです。丸く描かれたチークを「古くさい」と感じる人もいるようで、チークはあくまでもシェーディング程度の活用です。チークを塗るとどうしても「メイクしました!」感が出てしまうので、手間をかけて仕上げたナチュラル肌が台無しになると考える人もいるようです。

 

4. 眉毛は太く並行に

韓国人女優やアイドルの眉に、細いカーブ眉はあり得ない?!と言っても過言ではないほど、ナチュラルな太めの眉が主流です。太めといっても全くお手入れしていないボサボサ眉ではなく、丁寧に形作った自然な並行眉に、薄いブラウン系シャドウで色を乗せるのがポイント。決して細くカットしたり、カーブをつけたりしません。

 

5. 意外?!アイシャドウとマスカラは控えめ

日本のファッション雑誌を見ると、色々なカラーを使ったアイシャドウのグラデーションテクニックが紹介されていますが、韓国人のメイクでアイシャドウはあまり重要ではありません。ブラウン系の薄づきシャドウをハイライトとして塗る程度でしょうか。マスカラも日本のメイクに比べるとかなり軽めです。下まつ毛にはマスカラを塗らないという人も多く、つけまつ毛やエクステ率もかなり低いようです。アイシャドウやマスカラが重すぎるとせっかくのナチュラル感が損なわれ、「夜のお仕事」に行くような印象になることもあります。

 

6. くっきりアイライン&カラーコンタクトの最強コンビ!

アイシャドウとマスカラは軽めの韓国メイクですが、アートメイクでアイラインを入れている人も多く、アイラインだけは決して欠かしません。黒いアイラインで目尻を「く」の字で囲むようにしっかり描くのが韓国流。以前は目尻でハネ上げるメイクが主流でしたが、最近のトレンドはハネ上げず、たれ目気味に仕上げます。ハネ上げないアイラインがナチュラルな可愛らしさ、童顔を演出する秘訣なのです。また、黒目を大きく見せるために、カラーコンタクトレンズの装着率がとても高いのも特徴です。黒いアイラインとカラコンのコンビが、最強の韓国アイメイクと言えるのかもしれません。

 

7. ぷっくり涙袋は忘れずに

アイメイクでお肌の透明感、ナチュラル感を引き立たせるのは、何と言ってもぷっくりとした涙袋のメイクです。つい忘れがちですが、涙袋のメイクはまぶたのアイシャドウよりも重要なポイントです。パール感のある白いシャドウで涙袋を際立たせ、立体的に仕上げます。

 

8. 明るめの立体グラデーション唇をつくる

韓国人のメイクでリップは輝く陶器肌を引き立たせる大切なツールです。ただし、唇全体にべったりとリップを塗ってしまうと、せっかくのナチュラル感が台無しです。最新のトレンドはグロスでも口紅でもないティント!唇に染み込むような血色の良いティントを、唇の内側、真ん中だけにポンポンと乗せた後、全体を透明グロスで仕上げるとナチュラルで瑞々しい唇のグラデーションが完成します。

 

9. 最新!韓国人のメイク必須アイテム

最後に、韓国人のメイクに欠かせない必須アイテム、話題のヒット商品を厳選して紹介します。ベースアイテムでは、BBクリームに続き絶大な人気を得ているCCクリームが必需品です。BBクリームよりも軽く自然な仕上がりで、白浮きすることなくお肌のムラをカバーしてくれる優秀アイテムです。BB、CCクリームを上手に使い分けるのが、韓国人メイクの基本になりつつあります。BB、CCクリーム用の専用ブラシを使うと、透明肌が一層アップ。次に、「ムルグァン肌」「ハチミツ肌」に欠かせないエアークッションファンデが、各メーカーから競って販売されており大ヒットしています。今までのファンデに比べ、水分含有量が圧倒的に高い点、ポンポンとクッションを叩くようにスポンジに取る使い方が特徴です。リップメイクではティントが、アイメイクではジェルタイプのアイライナーとカラーコンタクトが必須アイテムと言えるでしょう。その他には、美容目的で皮膚科に定期的に通ったり、アイラインや眉に自然なアートメイクを施したりすることも、韓国人にとっては基本的なお手入れとして受け止められています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
「女性の肌は権力」という韓国の大手化粧品メーカーのコマーシャルが話題になったことがありますが、韓国人女性にとってメイクとは、何よりもまず、肌をどのような質感でいかに美しく見せるか…に尽きると思います。輝く陶器肌はそれ自体が周囲の羨望と憧れの対象となり、女性としてのプライドそのものなのです。また、最近のトレンドはあくまでも自然な透明感を失わないこと。丁寧に手をかけたメイクでありながら、決してケバさやメイクの濃さを印象づけてはならない…。これが韓国人の追求する究極のメイクと言えるでしょう。韓国人のメイク方法を参考にして、あなたもぜひ、輝く「ムルグァン肌」「ハチミツ肌」を演出してみてくださいね。

 

韓国人メイクと日本のメイクの9つの異なる特徴とは?

1. メイクで一番重要なのは、潤った陶器のような肌をつくること!
2. 肌にもトレンドがある!艶やかな光を放つ「ムルグァン肌」、「ハチミツ肌」
3. 韓国人のメイクにチークはいらない?!
4. 眉毛は太く並行に
5. 意外?!アイシャドウとマスカラは控えめ
6. くっきりアイライン&カラーコンタクトの最強コンビ!
7. ぷっくり涙袋は忘れずに
8. 明るめの立体グラデーション唇をつくる
9. 最新!韓国人のメイク必須アイテム



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!