意外と知らない英単語!気をつけるを英語で言うと?

意外と知らない英単語!気をつけるを英語で言うと?

意外と知らない英単語特集!今回は「気をつける」です。気をつけるは英語だと「be careful」です。ビジネスでも日常会話でも使うフレーズですのでしっかりここで覚えましょう。他にも色々な言い回しがあるので、それらと合わせてご紹介します。



 

意外と知らない英単語!気をつけるを英語で言うと?

 

1. be careful to はどこでも使える!

あなたが「気をつける」と聞いて一番最初に思いつくフレーズかもしれませんね。何か相手に注意してもらいたいときに使うフレーズです。

Be careful not to let the camera fall.
カメラを落とさないよう気をつけてください。

 

2. 「注意を払う」は「pay attention to」がぴったり!

payはご存知のとおり「(お金を)払う」という単語ですが、それを使って「注意を払う」という言い回しができます。

Pay attention not to let the camera fall.
カメラを落とさないよう気をつけてください。

 

3. be sure to, make sure to も「気をつける」と同じように使える!

be sure to / make sure to も直訳すると「〜することを明らかにする」となりますが、これで「気をつける」と同等の意味になります。

Be sure not to let the camera fall.
= Make sure not to let the camra fall.
カメラを落とさないようにしてください。

 

4. don’t fail to も便利!

この言い回しもネイティブはよく使います。直訳すること「〜するのを失敗しないでください」となりますが、これも「気をつける」という意味で使えます。

Don’t fail not to let the camera fall.

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
気をつけるというフレーズ、意外にも沢山あることがわかったと思います。各フレーズそれぞれ意味は少し違いますが、どれも同等に使われますので、是非この機会に習得してください。

 

意外と知らない英単語!気をつけるを英語で言うと?

1. be careful to はどこでも使える!
2. 「注意を払う」は「pay attention to」がぴったり!
3. be sure to, make sure to も「気をつける」と同じように使える!
4. don’t fail to も便利!

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!