チェコの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

チェコの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

(anonymous to you)

チェコに旅行に行くとき、どんな服装で行けば快適に過ごせるか気になりますよね。旅行前にチェコの天気の特徴や、ベストシーズン、季節のイベント、そして持っていくと便利な必須アイテムを知っておくことで、あなたの旅行計画はさらに充実するはずです。

そこで今回は、チェコ旅行に行く前に知っておくべきお天気の情報について詳しくご紹介します。




 

チェコの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

 

1. チェコの天気の特徴

チェコは周囲をドイツ、ポーランド、スロバキア、オーストリアに囲まれた海のない内陸国で、乾燥した大陸性気候です。日本と同じく四季があります。北緯は北海道程のところに位置しているので、夏は涼しく冬の寒さはとても厳しいです。年間を通して東京よりも5度から10度ほど低いと考えてください。チェコは全体的に平坦なので、地方による気候の差は少なく、チェコ内を周遊するときにも全く同じ服装で問題ありません。また雨が降ってもすぐに降りやむことが多いですが、どの季節に訪れる時にも折り畳み傘は持っていった方が良いでしょう。

 

2. 旅行のベストシーズン

ベストシーズンは5月から9月の春から秋にかけてです。気候が温暖で、夏場は日照時間が長く朝5時頃から夜9時近くまで明るいので観光にはもってこいです。また冬場になると閉まってしまう観光地も多くあるので、暖かい時期なら観光を十分に楽しめます。但し、7、8月のバカンスシーズンはヨーロッパ各地からの旅行客でホテルが込み合うことがあるので注意が必要です。次章から季節ごとのチェコをご紹介します。

 

3. 春のチェコ

チェコの春はイースターのお祭りと共にやって来ます。4月頃になるとようやく暖かくなり、5月は観光に一番良い時期です。各月の平均気温は下記の通りです。

4月の最高気温 13℃ 最低気温 2℃
5月の最高気温 18℃ 最低気温 7℃

イースターの2週間くらい前から各地でイースターマーケットが開かれ、お店の飾り付けもイースター1色になります。毎年5月12日から3週間ほどは世界的に有名な「プラハの春」国際音楽祭が開催され、市民会館や教会などでコンサートがあります。

まだ朝晩は冷え込むので、5月上旬頃まではダウンなど厚手の上着が必要です。日中は温度が上がるので、着脱できる重ね着をして調整しましょう。またプラハは石畳なので、季節を問わずスニーカーなど歩きやすい靴で出掛けてください。ヒールのある靴はやめておいた方が良いでしょう。

 

4. 夏のチェコ

6月からは気温がぐんぐん上がり、日差しも強くなってきます。7・8月はバカンスシーズンで、ヨーロッパ中から観光客が訪れます。各月の平均気温は下記の通りです。

6月の最高気温 21℃ 最低気温 11℃
7月の最高気温 23℃ 最低気温 12℃
8月の最高気温 23℃ 最低気温 12℃

6月や8月後半の天気が悪い日、また朝晩にはかなり冷えることがあるので、夏場だと油断せずにある程度厚手のジャケットなどを持参しましょう。また日中の日差しはかなりきついので、薄手の長袖やサングラス、帽子、日焼け止めなどで日焼け対策をお忘れなく。30度まで上がる日もありますが湿気が少ないので長袖でもそれほど不快ではありませんよ。

夏は音楽祭などのイベントがたくさんあります。6月中旬から世界的に有名な音楽家、スメタナの故郷リトミシュルでスメタナ・リトミシュル国際オペラフェスティバルが、7月上旬にはカルロヴィ・ヴァリでヴェネチア、カンヌと並ぶカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭が、7月下旬には世界遺産の街チェスキー・クルムロフで国際音楽祭チェスキー・クルムロフが開催されます。バカンスシーズンなのに加えてイベントがあるとホテルも込み合うので、予約はぜひお早めに。

 

5. 秋のチェコ

チェコの秋は短く、10月も下旬になると本格的に寒くなってきます。10月がチェコの紅葉シーズンで、木々が黄色く染まりとても美しいです。各月の平均気温は下記の通りです。

9月の最高気温 19℃ 最低気温 9℃
10月の最高気温 13℃ 最低気温 4℃

9月でも日中との寒暖差が大きいので、厚手のジャケットなどは必要です。10月の後半からは、本格的なダウンなどの防寒具を持っていきましょう。

秋は実りの季節です。9月にはワイン祭りが各地で開催され、ワインの収穫を祝って、ワインの製造過程で出来るブルチャークという微炭酸の飲み物を飲みます。人気のブルチャーク屋台の前には行列が出来るほどの賑わいです。また、9月下旬から10月上旬頃にはビール祭りもあります!ピルスナービール発祥の地であるプルゼニュにてビール祭りが開催され、ビールと共にチェコ料理や生バンドの演奏なども楽しめます。

 

6. 冬のチェコ

11月からは長い冬がやって来ます。12月後半から2月頃にかけては、最高気温が0度に届かない日もあります。各月の平均気温は下記の通りです。

11月の最高気温 6℃ 最低気温 0℃
12月の最高気温 2℃ 最低気温 -3℃
1月の最高気温 0℃ 最低気温 -5℃
2月の最高気温 3℃ 最低気温 -4℃
3月の最高気温 8℃ 最低気温 -1℃

特に12月から2月の真冬の時期は、寒波が来るとマイナス20度ぐらいまで冷え込むこともあるので防寒用肌着や厚手の靴下、ダウンのコートと手袋、帽子、マフラーなどで完全防備して下さい。ただし、室内は暑いこともあるので着脱しやすい服装がお勧めです。雪が降ると除雪されても滑りやすくなるので、底のしっかりしたウォーキングシューズやブーツなどをはいていきましょう。現地のものの方が滑りにくいので、時間に余裕のある方は現地購入でも良いかもしれません。また非常に乾燥しやすいので、リップクリームなど乾燥対策もお忘れなく。

12月には各地でクリスマスマーケットが開かれ、街は幻想的な美しさになります。クリスマス用の食材やお菓子、ホットワインなどのお店はもちろん、コンサートなどのイベントもあわせて開催されます。また元旦にはプラハのカレル橋近くで花火が上がり、ヴルタヴァ川沿いには多くの人が見物に訪れます。2月のカーニバルの時期には、各地で思い思いの仮装行列などが開催されます。

 

7. オフシーズンの楽しみ方

11月から3月のオフシーズンは、寒い時期で観光地を巡るには厳しいかもしれませんが、この時期ならではの楽しみ方があります。ハイシーズンには込み合うプラハの観光も、この時期は比較的空いていてゆっくり見ることができます(プラハ市内の観光地は冬でもほとんど開いています)。日が短く午後4時頃には暗くなってくるので、夜景やクリスマスマーケットも長い時間楽しむことができます。またオペラやバレエも冬がシーズンです。オーケストラの演奏やチェコ名物マリオネット劇場とあわせて、チェコの芸術に触れるにはもってこいの季節です。そしてバカンス時期には国外に出ているチェコ人の日常を見られるのも冬の旅ならではの楽しみです。

 



まとめ

いかがでしたか?
チェコはいつ訪れても季節それぞれの顔を見せてくれる美しい国です。お伝えした服装対策をしっかりとして、魅力あふれるチェコの旅を楽しんでくださいね。

 

チェコの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

1. チェコの天気の特徴
2. 旅行のベストシーズン
3. 春のチェコ
4. 夏のチェコ
5. 秋のチェコ
6. 冬のチェコ
7. オフシーズンの楽しみ方

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!