オーストリアのコンセント調査!旅行前に知るべき5つの知識!

オーストリアのコンセント調査!旅行前に知るべき5つの知識!

(WieEhNa)

これから海外旅行、海外出張へ行かれるというあなた!現地のコンセント確認を忘れていませんか?海外へ頻繁に行かれる人でも忘れがちなのがコンセントです。オーストリアのコンセントの形状、電圧はどんなものかしっかり押さえておきたいですよね。そこで今回は、オーストリアのコンセント事情についてご紹介します。




 

オーストリアのコンセント調査!旅行前に知るべき5つの知識!

 

1. 日本のコンセントとの違い

所変わればもちろんコンセントも変わります。ということで、コンセントのチェックは重要です。日本のコンセントのタイプは、Aタイプというもので、主に東南アジア、アメリカでもこのタイプが使用されています。なので、海外旅行は主にハワイやベトナムなど、近場に行かれている方は今までコンセントの心配をされたことがないかもしれません。

しかし、ヨーロッパは違います。オーストリアを含むヨーロッパで主に使われているコンセントはCタイプというものです。穴の形がAタイプとはまったく違うので、日本のプラグをオーストリアのプラグに挿すことはできません。なので、絶対的に変換プラグを持参しましょう。

 

2. オーストリアは電圧も違うの?

オーストリアは電圧も違います。日本は100Vに対し、オーストリアは230Vです。そのため、旅行中に日本の電化製品を使用したいという方は変圧器を持って行くことをおすすめします。ただ、変圧器はとても重いです。筆者も変圧器はできるだけ持って行きたくないといつも思っています。

 

3. オーストリアに変圧器を持って行く必要はある?

では、本当に変圧器は必要なのでしょうか。もし所持品を最小限に抑えたいのであれば、自分が持っていくアイテムが海外電圧に対応しているかどうかを確認しましょう。例えば、デジカメ、スマホ、パソコン等はほとんどの製品が海外電圧に対応していますので変圧器は不要です。充電ケーブルなどに電圧の範囲が記載されていますので、念のため出発前に一度確認してみましょう。

 

4. 変換プラグを忘れてしまったら…

もしオーストリアに旅行に行く際、変換プラグを忘れてしまったらどうしたらよいでしょうか。

まず、日本の旅行会社によるツアーだったら、ツアーコンダクターの方に変換プラグを借りれないか聞いてみましょう。たいていの場合貸してくれます。もし、フリーツアーでツアーコンダクターの方がいない場合は、滞在するホテルに聞いてみるのもありです。ただ、様々な国から旅行者が来るオーストリアなので、日本の変換プラグを運良く持っているかはわかりません。

どうしても無ければ、現地の電気屋さんに聞いてみましょう。携帯の充電器などは1000円以下で購入できます。

 

5. コンセント使用における注意点

では、オーストリア滞在中に注意しなければならないのはどんなことでしょうか。まず、先述した通り最近の電化製品は海外電圧に対応しているものが多いですが、未確認のままいきなりオーストリアで使うのはやめましょう。しっかり電圧が対応しているか確認して海外へ持参してください。

もし、海外電圧に対応していない電化製品を誤って挿してしまうと大変なことになってしまいます。ショートして電化製品自体が使い物にならなくなるだけでなく、火花が散る場合もあるので危険ですので、絶対にやめましょう。

 



まとめ

いかがでしたか?
ところ変われば言葉も変わり、コンセントや電圧も変わります。オーストリアだけでなく海外に行かれるときは、今一度自分の持ち物の電圧を全部チェックしてみましょう。また、変換プラグも高いものではないので、いくつか持って行くと安心ですよ。現地でコンセントトラブルにならないよう、しっかり事前準備をして楽しい旅行にしてください。

 

オーストリアのコンセント調査!旅行前に知るべき5つの知識!

1. 日本のコンセントとの違い
2. オーストリアは電圧も違うの?
3. オーストリアに変圧器を持って行く必要はある?
4. 変換プラグを忘れてしまったら…
5. コンセント使用における注意点

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!