韓国のリュック特集!日本人にも人気な7つの理由

韓国のリュック特集!日本人にも人気な7つの理由

韓流ドラマや韓国アイドルの影響か、日本の若者の間で韓国のファッションへの関心も高まっています。なかでも最近、特に気になるアイテムの一つが「韓国リュック」。子供から大人までリュック使用率の高い韓国には、こだわりを持つ人やリュックの流行に敏感な人がとても多いので、デザインが豊富で機能的に優れたリュックを手軽に購入できます。今回は、韓国のリュック特集と題し、日本人にも人気な7つの理由についてお伝えします。



 

韓国のリュック特集!日本人にも人気な7つの理由

 

1. 幼稚園から大学生までリュック生活

韓国では幼稚園児から大学生まで、「通学用バッグ=リュック」です。リュックという言葉は韓国では通じず、「チェッカバン(本カバン)」あるいは、「バックパック」という呼び方が一般的です。幼稚園児、保育園児は園の名前やロゴ入りのリュックを、小学校から高校までは自分の好みのリュックを通学カバンとして使います。大学生や大人になってもリュック愛用者が多いため、韓国のリュック市場の規模は大きく、あらゆるブランドがリュックを販売しています。毎年新学期が始まる3月の直前には、デパートやマートでリュック専門コーナーが設置され、数十種類の最新リュックがずらりと並びます。特に中高生はリュックへのこだわりが高く、ブランド名に敏感で、買い替えも頻繁なようです。

 

2. とにかく豊富なデザインとカラー

韓国では世界的なファッションブランドからスポーツブランド、キャラクターブランドに至るまで、あらゆるブランドのリュックが販売されています。リュックは学生へのプレゼントとしても定番なので、筆者も以前、中学生の甥っ子に入学祝いとしてリュックをプレゼントしたことがあります。まずは中学生男児に人気のブランドをリサーチし、カラーやデザインの好みを聞き出します。ところがいざそのブランドの売り場に行ってみると、デザインやカラーがあまりにも豊富で、選ぶのに一苦労しました。韓国リュックが人気な理由の一つは、ブランド数の多さ、豊富なデザイン、大胆なカラーバリエーションにあるのではないでしょうか。

 

3. ライフスタイルに合わせた機能性

韓国リュックの多くは学生の通学カバンとして使われることを前提にしているため、機能的にも優れたものが多いようです。何よりも軽いこと、肩が痛くならない人体工学的デザイン、長時間使用しても背中がムレない設計、ノートパソコンの専門スペースやイヤホン、マウス等の小物収納力、大容量なのに型崩れしないデザイン…等々、若者のライフスタイルを細かに計算した製品が人気の秘密です。小学生用のリュックには、中身が重くなった時のためにキャリアが付いた製品や、3D立体デザイン、夜光素材、防水機能、水筒スペース等のある、立てやすく型崩れしない製品が人気です。サイズのバリエーションも豊富なので、シーンに応じていくつかのリュックを使い分ける人が多いようです。

 

4. とにかくカラフルなアウトドア用リュック

韓国では通学用リュックはチェッカバン(本カバン)、アウトドア活動や旅行用リュックは「バックパック」と呼ぶことが一般的です。韓国ではここ数年、登山やキャンプ等のアウトドア活動がブームとなり、アウトドアブランドの売上が爆発的に伸びています。海外ブランドから国産ブランドに至るまで、韓国のアウトドアファッションはとにかくカラフル。原色や蛍光カラーが特に人気です。アウトドアブランドのリュックもデザイン、カラー共にかなり豊富で、機能的にも優れた製品が多いようです。通学用リュックとは別に、アウトドアブランド発の機能性リュックも是非チェックしてみてください。日本にはない奇抜なカラーやデザインが見つかるかも知れません。

 

5. 人気のリュックブランドは?

韓国人はブランドや流行にとても敏感です。リュックの人気ブランドも移り変わりが激しく、子供の通学用リュックを買い求める時も、必ず最新の人気ブランドを周りに確認する親が多いようです。小学生に人気のブランドはFILAやナイキ、アディダス等のスポーツ系ブランドや、キプリング、DAKS等の海外ブランドです。キャラクター入りのリュックは低学年までという感じで、高学年になるにつれ、スポーツブランド率が高くなります。中高生になるとスポーツブランドが圧倒的で、デサントやニューバランス、昔から定番のJansport、NORTHFACE等が根強い人気です。Bean PoleやHTML等、日本では知られていない韓国国産ブランドの存在感も大きく、アップル製品使用者にはINCASEが人気です。

 

6. 女子高生の憧れ、MCMリュック

MCMというブランドは日本でもかなり前に一時的にヒットした時期がありましたが、韓国では今でも根強い人気ブランドです。特に女子高生や女子大生の憧れのリュックブランドとして、MCMは常に上位の座にあるほどです。MCMのリュックは10万円以上もする高級品ですが、流行に敏感な女子学生の間では、ある意味でステイタスとなるアイテムのようです。

 

7. 大人のリュックもブレイク中

学生に限らず、大人のリュックもどんどん進化しています。韓国ではサラリーマンやOLがリュックで通勤する姿が珍しくなく、おしゃれなリュックが本当に増えています。素材も軽いポリエステルや綿、イタリア製の高級本革まで多様で、スーツにも似合うカラフルでデザイン性の高いリュックが色々なブランドから出ています。ちなみにリュック愛用者が増えたことを受け、満員の通勤地下鉄ではリュックを前に抱えるか網棚に置きましょう…というエチケットキャンペーンが最近行われていました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
韓国では子供から大人までリュック使用率がとても高いため、消費者の様々なニーズに合わせてリュックの機能やデザインが進化してきました。千円以下のノーブランドのリュックから数万円のリュックまで価格の幅も広いので、是非じっくりお気に入りのリュックを探してみてくださいね。

 

韓国のリュック特集!日本人にも人気な7つの理由

1. 幼稚園から大学生までリュック生活
2. とにかく豊富なデザインとカラー
3. ライフスタイルに合わせた機能性
4. とにかくカラフルなアウトドア用リュック
5. 人気のリュックブランドは?
6. 女子高生の憧れ、MCMリュック
7. 大人のリュックもブレイク中

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!