韓国へ留学する前に必ず準備するべき7つの事とは?

韓国へ留学する前に必ず準備するべき7つの事とは?

最近では、韓国ドラマや映画が多く放送され、K-POPや俳優などの影響もあり、韓国留学する日本人が急増しています。あなたがより充実した韓国留学生活を送れるよう、今回は留学する前に準備するべきことや、生活の事などを7つのポイントでご紹介します。



 

韓国へ留学する前に必ず準備するべき7つの事とは?

 

1. 学校選びは慎重に

語学留学する場合、長い期間毎日通うことになる学校は、学費や通いやすさ、その学校の特色などをよく考慮し、慎重に決める必要があります。マラギ(話すこと)の授業時間が多い学校や、それとは対照的に、韓国語の試験の受験を目標に、単語や文法を中心にスギ(書き)の時間が多い学校もあります。そこでもう一歩踏み込んで考えたいのが、その学校にはどんな人達が通うのかということです。例えば、上記のマラギ(話すこと)の時間が多い学校には、会話がしたい人達が入学します。話したい!と意欲的で活発な性格の人が多く集まります。反対に、スギ(書き)が多い学校では、純粋に勉学に励みたい人が多かったり、女子大などは割と物静かな人が集まる傾向があります。授業や人間関係にストレスを感じ、リタイアしてしまう人がいる事も事実です。留学生活は、放課後や休日にも勉強する事が多いので、クラスメイトとの触れ合いも多くなります。学校の特色と共に、その学校の雰囲気が自分と合っているかにも着目してみるといいですね。

 

2. 資金準備

生活費や、観光に旅行、ショッピングに交際費。留学中は、あたなが思っている以上にお金を消費します。学校へ支払う学費や、期間、現地での自分の生活イメージなどをしっかりと考え、資金を準備しましょう。韓国は、食べ物は比較的安いですが、生活用品が日本より高いです。トイレットペーパーや洗剤類も日本円で千円近くしますし、勉強をしたり、お友達と立ち寄るカフェでは安いものでも500円ほどします。そこで、現地でアルバイトするのも、お金が増え、良い社会経験になるでしょう。しかし、あなたが選ぶ学校にもよっては、宿題・予習・復習・試験勉強など、想像以上に勉強に追われ、アルバイトどころではない場合もあります。アルバイトする事を前提に考えず、十分な資金を準備しましょう。

 

3. 韓国語を勉強してから留学しよう

現地に着くと、当然ながら韓国語が飛び交い、韓国人とのコミュニケーションも必須となります。韓国語をイチから学ぶのも、基礎がしっかり身に付くのでそれもまた一つの選択肢です。しかし、現地でふれあう韓国の方と、教科書通りのやりとりを交わす事はまずありません。聞き取る力や、単語などある程度しっかりと勉強したうえで、留学すると、友人も増え、それにより旅行やパーティ、集まりなど、交友の場が格段に広がります。生きた韓国語をより多く学ぶことができるでしょう。

 

4. 履きなれたスニーカーを持って行って!

留学生活はとにかく歩く事が多いです。留学生のほとんどは、稼ぐお金よりも消費するお金が多いため、節約を心掛けている人が多いです。一駅二駅くらいは歩こう!となってしまうこともしばしば。その上、お買い物や観光と、とにかく歩きます。韓国は、坂道が多く、地下鉄の乗り換えまでの道のりが遠い駅もありますので、履きなれたスニーカーを準備する事をおススメします。また、教材類が重いので、リュックの方が楽に過ごせます。スニーカーとリュックに関しては、デザインよりも機能性を重視してください。また、梅雨の時期に留学される方は、道路が洪水のような状態になりますので、長靴を持って行くといいかもしれません。

 

5. 総合風邪薬

韓国の薬は基本的に強めです。また、薬局へ行くと「どこがどういう症状なのか」を聞かれ、喉が痛ければ喉の薬。咳が出る時は咳の薬など、ある一定の部分に特化した薬を出されます。やはり、日本人の身体に合うように作られた薬があると安心ですね。葛根湯や総合風邪薬。また、辛い物が多い韓国なので胃腸薬などもあると便利ですよ。

 

6. 生活用品は現地で買おう

シャンプーやリンス、洗濯用洗剤などを持って行こうか迷っている方も多いと思います。生活用品は日本と比べ割高ですが、持っていく時の重さや、送る時の送料などを考えても、現地で購入した方がいいでしょう。また、韓国の水質と日本製品の相性の問題もあります。洗濯洗剤が溶けきらなかったり、日本で愛用していたシャンプーなのに、髪がパサパサになることも。よほどのこだわりがない限りは、基礎化粧品を含め、現地調達をおススメします。ただひとつ、韓国の生理用品は質がよくないので、生理用品は大量に持って行くことをおススメします。

 

7. 本当にお気に入りの服は持って行かないで!

留学生活中の洋服は、住んでいるところで洗濯しますよね。コシウォン(考試院)やハスク(下宿)、学校の寮で生活する方も多いと思います。水のせいなのか、洗剤のせいなのか、型の古い洗濯機のせいなのか、理由は特定できませんが、洗濯をすると、洋服に毛玉やスレ、色あせなどがすぐに発生します。また、雨に当たった部分だけ、シミになったりもしますので、ずっとずっと長く着たい本当に大切な洋服は持って行かない事をおススメします。

 

まとめ

いかがでしたか?
あなたがどこに住むかにもよりますが、コシウォン、ハスク、寮の場合、部屋は決して広くはないでしょう。備えあれば~とアレコレ準備したくなりますが、現地の物を使ってその文化を体験するのも、きっといい経験になるはずです。あれこれと考えている時間も楽しいですよね!ワクワクしながら、留学準備を進めてください。

 

韓国へ留学する前に必ず準備するべき7つの事とは?

1. 学校選びは慎重に
2. 資金準備
3. 韓国語を勉強してから留学しよう
4. 履きなれたスニーカーを持って行って!
5. 総合風邪薬
6. 生活用品は現地で買おう
7. 本当にお気に入りの服は持って行かないで!

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!