イタリアのお土産調査!買って嬉しい超おすすめ10選

イタリアのお土産調査!買って嬉しい超おすすめ10選

待ちに待ったイタリア旅行!行く前は何を食べよう、どこを観光しよう等、色々考えてしまいますよね。そして旅行中に出くわすステキなイタリア特産物は、お土産としてあれもこれもと持ち帰りたくなるでしょう。今回は、家族や会社の同僚に喜ばれること間違いなしのおすすめイタリアお土産10選をご紹介します。



 

イタリアのお土産調査!買って嬉しい超おすすめ10選

 

1. バラエティーに富んだ日本にないパスタをゲット!

イタリアのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_pasta

すでに日本でもお馴染みのパスタはイタリアのどこでも購入できる手ごろなお土産です。一般的に北部はスパゲッティやタリアテッレなどの長めのパスタ、南部ではリガトーネやオレッキエッティ、ペンネなどの短めのパスタが発祥地ですが、どの都市でも乾燥パスタの種類は混在して販売しているのでこの「パスタが欲しい!」とお土産にこだわって地域ごとに探す必要はないでしょう。通常のパスタではスーパーで0.50€~3€で購入できます。スープ用の粒状のパスタやラザーニャ用の幅の広いパスタも利用でき普段と違ったイタリア料理が楽しめます。パスタは小麦のみのパスタと小麦と卵入りのパスタの2つの種類があり、卵入りパスタは小麦のみのパスタより味もまろやかで食べやすいでしょう。イタリアの旗を表現した緑、白、赤のトリコロールのパスタは、イタリアのモニュメントを模ったものやユニークなものがたくさんありお土産に大好評です!

 

2. オリーブオイルは何といってもエキストラ・ヴァージンオイル!

イタリアのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_olive

主にリグーリア州、トスカーナ州、ウンブリア州などで生産されるイタリアの“しょう油”であり、イタリアの家庭には常にオリーブオイルが置かれています。帰国してからイタリア料理にチャレンジしたいと思っている人は一本お土産に持ち帰りましょう。量や品質など様々なメーカーがスーパーや食品店で5€~13€で販売されています。ペーパーなどに包まれた特級のものは上司や親戚へのお土産にぴったりです。購入の際にはオリーブから直接搾出したエキストラ・ヴェルジネ(olio extra vergine d’ oliva)と表示されているのもを購入します。酸味が少なくサラダやパンの調味料として最適です。また液体は持ち帰りの手荷物として100mlと制限されているので、しっかりと包んでスーツケースに入れて持ち帰りましょう。

 

3. イタリアのアルコール類で乾杯

イタリアのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_pasta_Bellini

イタリアにはキアンティやバローロの銘柄ワインと始めとする世界に絶賛されたアルコールが数多くあり、カプリの大きなフレッシュなレモンを使用した高濃度のリモンチェッロやマルティーニ、スプマンテなど是非お土産に持ち帰りたい品ばかり。カクテルに最適なベネツィア生まれのベッリー二など値段も手ごろなリキュールを手に入れましょう。特にブランドにこだわりがなければスーパーでのセールを利用すれば安上がりにもなります。アルコールが苦手な人はサンビッテルやアペロルなどの濃度の低い食前酒が程よく身体をあたため心地よい気分にさせてくれます。いずれのアルコールもスーパーで簡単に見つけることができますが、お土産としてボトルの重さが気になる人は、リモンチェッロのハンディサイズのかわいいボトルなら数個買っても余裕で収まります。イタリアの国や花瓶スタイルのものが主流に販売されており、飲まなくてもお部屋のステキなインテリアとしてまさに理想的なお土産となるでしょう。

 

4. チョコレートならピエモンテ派?それともウンブリア派?

イタリアのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_Nutella

イタリアはチョコレートもブラボーな美食の国です。夏場は溶けてしまうのでお土産として持ち帰りが難しいですが、それ以外のシーズンでは太鼓判のお土産です。イタリア北部のピエモンテ州で生産されるジャンドゥイア(gianduia)は長方形をしたヘーゼルナッツが入った滑らかな舌ざわりのチョコレート。フェッレロ社が誇る代表のヌテッラ(Nutella)はやみつきになるスプレッドタイプのチョコレート。つづいてモンシェリ(Mon Chéri)やフェッレロロシェ(Ferrero Rocher)、ラッファエッロ(Raffaello)などポケットサイズのチョコレートはバールなどでも購入できお土産の足しに最適です。ウンブリア州の州都ペルージャ、ペルジーノ社ではヘーゼルナッツが丸ごと頂点に入ったイタリアで定評のバーチ(Baci)がお土産として大人気のブランドです。

 

5. 都市間で異なるグリッシーニを買い集めよう

イタリアのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_grissini

グリッシー二(grissini)はイタリアではパンの代わりになる長細い塩味のクラッカーです。伝統的なグリッシー二にはトリノとフェッラーラのものがイタリアでは主流です。トリネージと呼ばれるトリノのグリッシー二は小指のように細長いのが特徴です。一方フェッラーラのグリッシーニは太めでひねりのついたフォームをしておりサクサク感がありパンに近い舌さわりです。メーカーによってはフォームの異なったローズマリーやオニオン、セサミなどのフレーバーなどいずれも2€~3€で販売していますので試してみると良いでしょう。お土産としては軽いですが折れやすいので箱などに入れて持ち帰りましょう。

 

6. トスカーナのお菓子カントゥッチーニ

イタリアのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_cantuccini

カントゥッチー二(cantuccini)はトスカーナの伝統的なビスケットです。トスカーナ州に旅行の予定がある人は、町の行く先々でこのお菓子が目に付くでしょう。お店や量によって値段は変動しますが、スーパーなどでは3€前後で購入できます。固めなので割れることもなく安心してお土産として持ち帰られます。同僚の人と一緒に分けて食べるのも良いですね。中にアーモンドやチョコチップが入ったものがあります。固くても口の中では柔らかくなり香ばしいアーモンドの風味が広がります。イタリアではトスカーナの甘口のワイン、ヴィンサントに浸していただくのが基本です。

 

7. 本格的なイタリアンエスプレッソを自宅で味わう

イタリアのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_Lavazza

真空パックのコーヒーはコンパクトで長持ちすることでお土産として好評です。本場の濃厚なエスプレッソはイタリアの旅行を思い出させてくれます。ラヴァッツァ(Lavazza)やイリー(illy)など様々なメーカーからカフェイン抜きやクリーミータイプなどが販売しているので、好みに合ったコーヒーをお土産に持って帰りましょう。イタリアの洒落たデザインのコーヒーメーカーなどおそろいでお土産としてプレゼントするのも粋です。

 

8. ヴェネチアンガラスで部屋を彩る

イタリアのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_glass

美しいカラーのヴェネチアンガラスはその名の通り、ヴェネチアのムラーノ島で生産される伝統的なガラス細工です。デザインの良い美しさでツーリストを魅了しています。豪華なシャンデリアからキュートなアクセサリーまでその製品はバラエティーにあふれています。比類ない技巧によって生まれるヴェネチアンガラスのお土産は誰にでも歓迎され、世界中から愛されているイタリアの代表的なプロダクトです。値段は購入物によって異なりますが指輪や小物入れは手ごろに購入でき破損の心配も少なくお土産にも安心です。

 

9. 伝統的な革製品を市場でゲット!

イタリアのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_market

イタリアはの革製品は有名ブランド以外にベテランの職人が製作するバッグやジャケットなども引けをとりません。良質の革製品を扱うフィレンツェは、お土産探しにうってつけの市場から革の香りが漂うほど商売が盛んに行われています。市場では値段の交渉もできお目当てのお土産を安めにゲットすることができます。似たような屋台が並んでいるので値段を比較しながら楽しくショッピングをしましょう。フィレンツェのシンボルである、ユリのレリーフが入った折りたたみ式の革製のゴミ箱や小物入れは5€前後で購入でき見逃せない一品です。

 

10. モダンなキッチングッズで料理を楽しもう

イタリアのお土産調査!貰って嬉しい超おすすめ10選_kitchen

キッチン道具は日常お目にかかるものです。イタリアの洗練されたデザインのキッチングッズはトースターから栓抜きまで食卓を明るくするようなカラフルな製品であふれています。おろし器やマグネットはお土産にぴったり、飾りとして置いておくだけでも楽しさが倍増します。

 

まとめ

いかがでしたか?
お土産の予算は個人の目的によって異なりますが、良いものをリーズナブルに購入することがポイントです。スーパーやメルカート(市場)では同じものが比較的安めに売っていますので、これといったお土産が見つからない場合是非利用することをおすすめします。イタリアの旅行中には期待してなかったラッキーなことがふと訪れることがあります。そのひとつに気に入ったお土産を割り引いてくれたとか、お店の人がお土産に匹敵するようなおまけを付けてくれたとか。そんなステキな思い出と一緒に買ったイタリアのお土産は一生ステキなものになるでしょう。

 

イタリアのお土産調査!買って嬉しい超おすすめ10選

1. バラエティーに富んだ日本にないパスタをゲット!
2. オリーブオイルは何といってもエキストラ・ヴァージンオイル!
3. イタリアのアルコール類で乾杯
4. チョコレートならピエモンテ派?それともウンブリア派?
5. 都市間で異なるグリッシーニを買い集めよう
6. トスカーナのお菓子カントゥッチーニ
7. 本格的なイタリアンエスプレッソを自宅で味わう
8. ヴェネチアンガラスで部屋を彩る
9. 伝統的な革製品を市場でゲット!
10. モダンなキッチングッズで料理を楽しもう



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!