フランスのバレンタインはどんな感じ?6つのおもしろ豆知識!

フランスのバレンタインはどんな感じ?6つのおもしろ豆知識

日本ではバレンタインデーになると、普段見かけない特別チョコレートが沢山出回り、女性にとっては見るのも選ぶのも楽しい2月の欠かせないイベントになっております。しかし、愛の国フランスでのバレンタインデーは日本とは違うことだらけです。今回は、日本には存在しないフランス独自のバレンタインイベントをご紹介します。



 

フランスのバレンタインはどんな感じ?6つのおもしろ豆知識!

 

1. フランスのバレンタインは女性のため

日本では2月14日の聖バレンタインデーは女性から男性へチョコレートや贈り物などをする日となっていますが、フランスでは日本とは逆に男性から女性へ愛情表現と共にプレゼントや食事をする日になっています。この日の主役は妻や恋人のみでフランス人男性にとって最愛の女性のみがバレンタインを満喫出来るのです。なので、週末がバレンタインに重なる年は独身の男女にはかなり寂しい日になってしまいます。

 

2. バレンタインデーは夜のレストランはカップル限定がほとんど

フランスではバレンタインデーには夫婦や恋人同士で素敵なレストランや美味しいと有名なレストランで2人きりでディナーを楽しむ人が大勢います。例え、普段は乳幼児の世話に明け暮れているママでも、この日のために旦那さんがレストランを予約し子供はベビーシッターへ任せて夜の外出を楽しみます。日本では乳幼児を他人任せにして食事に行くと言う事は滅多にない事ですが、この日は特別にママもドレスアップして外食します。子供達も慣れたもので両親の外出に泣き喚く様な子は滅多に存在しません。また、フランスの2月14日のディナーでは、レストランが予約で全て埋まってしまうので、予約なしの飛び込みで行かれる方は要注意です。

 

3. バレンタインデーに「義理」は存在しない

日本では2月14日に備えて「義理」チョコをご用意される女性も多いと思います。会社の上司や同僚、学校の先生やクラスメイトetc… とりあえず相手が男性ならば見境なく義理でお配りするのが日本女性の優しさでもあります。しかしフランスではバレンタインの対象者は妻か恋人のみで会社の同僚や女友達など一切関係ありません。必要なのは「愛」だけで「義理」は必要ないのです。日本ではママが息子に愛情表現としてバレンタインチョコをプレゼントする事もありますがフランスでこの様な事は一切ありません。親子愛や家族愛とは異なる「愛情」ですので、フランスのバレンタインは「愛」に関係のない者には全く気付かれる事がないぐらい細やかなイベントです。

 

4. バレンタインデーには赤いバラ

日本ではバレンタインデーと言えば欠かせないのはチョコレートですが、フランスでバレンタインデーに欠かせないものは赤いバラの花です。初めてのバレンタインデーを迎える男性は気合を入れて大きな赤いバラの花束を選ぶ事もありますが一般的には1本だけを素敵にラッピングしてもらう事が多くあります。この日は花屋さんではバラを買う男性客で賑わっており、フランス国内の花屋さんで老若問わずに長蛇の列が出来る日でもあります。この日は朝から街中で赤いバラを持った紳士達をとにかくどこででも見かけられる日でもあり街中にロマンチックな雰囲気が漂っています。レストランでも赤いバラを用意している事が多いので時間がなくて買えなかった男性はレストランで購入する人も居ます。また花屋さんのバレンタイン仕様のウインドウも必見です。近年、チョコレート専門店がバレンタインのプレゼント用にチョコ好きなフランス人女性のために特別仕様のチョコレートを販売していますが実際にチョコレートを贈る人は多くなく有名店の物に関しては期間限定品として観光客がお土産に買っていくのが現状です。

 

5. プレゼントにはランジェリーや香水が一般的

フランスのバレンタインデーは愛する妻や恋人、ただ1人のためのものです。なので、プレゼントには男性が自分の妻や恋人に身に着けて欲しいと思う香りの香水やセクシーなランジェリーが一般的です。バレンタイン間近や当日のランジェリーショップには女性客ではなく男性客の姿が多いのも特徴的です。ランジェリー専門店によっては店員さんが実際に試着して着けた感じを見せてくれる所もありますが男性達にいやらしさ等は一切なく選ぶ姿は真剣そのものです。筆者もうっかり2月14日にランジェリー専門店に入った事がありますが男性客から「こっちか、これかうちの妻にはどっちが似合うだろう?」とか「君はこれ、どう思う?」などと声をかけられた事があります。日本のランジェリーとは異なる点も多いのでフランス旅行の際には機会がありましたら日本の女性には是非、ランジェリー専門店に足を運んで頂きたく思います。

 

6. フランスにはホワイトデーは存在しない

フランスでは男性から女性へプレゼントするのが2月14日のバレンタインデーですが日本の様にお返しの意味を込めたホワイトデーと言うものは存在しません。よってプレゼントや食事を御馳走になっても女性が男性にお返しをする事はなくサッパリとしています。男性に「してもらって当たり前」と言う感覚が非常に強い国なのでバレンタインデーに自分も同じくプレゼントを贈ろうと考える女性も少ない様に思えます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
フランスのバレンタインデーはレストランでは間接照明やキャンドルが多く使われており非常にロマンチックな雰囲気が満載で、どこもカップルしか居ない事に驚くかもしれません。もしこの日にフランスへ居る機会があれば周囲のカップルを観察してみると日本のカップルとの違いが見えるかも知れません。但しお料理の出て来る時間は普段よりも遅めですので時間のない方はご注意下さい。また2月14日限定でハート型のケーキを販売しているパン屋さんも多くありますので甘いものが好きな方には是非おすすめです。

 

フランスのバレンタインはどんな感じ?6つのおもしろ豆知識!

1. フランスのバレンタインは女性のため
2. バレンタインデーは夜のレストランはカップル限定がほとんど
3. バレンタインデーに「義理」は存在しない
4. バレンタインデーには赤いバラ
5. プレゼントにはランジェリーや香水が一般的
6. フランスにはホワイトデーは存在しない

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!