フランスへ移住するあなたに知ってほしい7つのお話!

フランスへ移住するあなたに知ってほしい7つのお話!

(flickr by Patrick Nouhailler)

近年は日本を出て海外へ移住する人も多くなり、ここフランスもその人気候補の1つです。留学の後に仕事を見つけそのままフランスに移住する方や、結婚や海外生活に憧れを抱いている方など様々だと思います。そこで今回は、フランスに移住するにあたって押さえてほしいお話を、在住者の目線からご紹介しようと思います。



 

フランスへ移住するあなたに知ってほしい7つのお話!

 

1. 日本ほど便利で安全な国はない

日本人の持つ「フランスのイメ-ジ」はお洒落で素敵で洗練されていてなど好印象が多くフランスが大好きで何度も旅行に来ていると言う方も多く居ます。短期の留学や旅行では非日常的な生活感覚の方が勝り悪いところはなかなか見えません。日本では24時間営業の店がどこにでもあり、至る所に自動販売機が置かれていたり、子供同士で遊びに出かける事も可能ですがフランスでは24時間営業の店はなく自動販売機もほとんどなく日本の様な便利さは皆無です。良いイメ-ジだけを持ってフランス移住を決めると「こんなはずじゃなかったのに」とパリ症候群を発症し精神を病んでしまう方も多く居ますので要注意です。

 

2. 人種差別や外国人を嫌がる文化がある事を忘れない

フランスへ移住をしてもフランス人にはなれません。国籍は日本のままで滞在許可証だけが発行されます。フランスでの日本人の扱いは、どんなに語学力があろうとも「外国人」です。日本でも同様ですが外国人嫌いな人は全世界に居ます。フランス人はアジアの人間は全て一緒と考える人も多く比較的裕福でアジアまで旅行に行った事のない人々は一切の区別が付かないのが現状です。近年では中国や韓国からの旅行客も多く日本よりも中国の方が有名です。観光地を外れ移住の為に地方都市や田舎に住むとアジア人珍しさのあまり冷やかしや嘲笑などが普通にあります。筆者も16年住んでいますが時折、夫の親戚が住む田舎へ出向くと「シノワ-ズ(中国人)」と言われる事もよくあります。ですが移住を決めたなら、この程度は日常茶飯事ですのでスル-しましょう。

 

3. せっかちな人には不向きなフランス移住

日本の様に時間通りに行動しない事の多いフランス人は約束の時間でも公共の交通機関でも遅れる事が日常的にあります。ストライキで公共機関が予告なく止まったりもします。性格的にキッチリした人にはストレスが溜まるだけなのでフランス移住は不向きです。医者や美容院ですら予約の時間通りの所は皆無です。住居で何か不便な事が起きて業者を呼んでも日本の様に迅速に来る事はなく事態が終息するまでに数日を要する事も日常茶飯事ですので、水回りや電気系統の故障に関する多少の知識は身に着けておいた方が良いでしょう。

 

4. 一番わかりやすいフランス語を話す地域

日本で使用されているフランス語のテキストなどに出て来るフランス語はトゥレ-ヌ地方の「トゥ-ル」と言う場所で話されているもので、とても聞き取りやすい綺麗なフランス語ですので美しいフランス語をしっかり学んで話せる様になりたい方や日本語の補習校もあるのでお子様連れの方におすすめです。パリからTGVで約1時間、車で約2時間半ほどの距離に位置します。古城が多く芸術的な街で日本からの観光客も古城見学に多く訪れている地域ですがパリほど人は多くありませんのでフランス語が出来ればとても住みやすい環境なのでおすすめです。

 

5. フランス移住をするなら車の免許は必需品

フランスは車社会ですので都会に居住しない限り車の免許は最低必需品です。もしあなたが無免許なら日本にいる間に必ず自動車免許を取得してからフランス移住する事をおすすめします。観光旅行や短期留学ならばパリなどの都会が便利ですが移住となると住民税やその他諸々の支払いを安くする為や快適な居住空間を手に入れる為には田舎暮らしをされる方が多く、車がないと身動きが取れない事ばかりですので車の運転が得意でない方は移住先を街の中心地にするなど十分に注意しましょう。

 

6. 家族で仲良く出来る友達を作る

フランスでは土日や祭日には家族や友人を家に招いて食事をします。フランス移住をするのであれば家族ぐるみでお付き合いが出来て互いの家を行き来できる友達を最低でも1組は作りましょう。仲良くなりたいと思ったら初めにアペリティフ(食前酒)に自分の家に誘うと良いでしょう。時間には余裕を持って、ゆっくりお喋りをしながら友好的な関係が築ければ次は相手が自宅へ招いてくれます。その流れで「今度は食事でも」となる事が多いので何か得意な日本料理があると重宝します。高価な食材などは必要ありませんので楽しく美味しく食事を楽しむ様にしましょう。家に招く際には相手方の配偶者やお子様など家族全員を招きます。日本から移住する場合には現地に親戚がいないので家族同様の大切なフランス人のお友達が出来る事もフランス移住の長所です。

 

7. フランス移住生活は質素

フランス人の生活は非常に質素で物は大事に長く使用します。電化製品や洋服、靴などでも修理して使う人が多く日本の様に新商品が出たからと買いに走る人は少ないのが特徴的です。田舎在住の場合は仲良しの友人やご近所から庭で出来た野菜や果物や卵を頂く事も多くあり、お礼に手作りの焼き菓子でお茶をしたりします。4~10月は夏時間で日照時間が長いので日本よりもゆっくりした生活が楽しめます。フランスではお互いの家を行き来する事が多いので常に他人を招き入れられる家にしておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
フランスに移住する際には他力本願ではなく自分で何でも出来る様にしておくと生活しやすくなります。フランス人は人見知りな人も多いですが気を許せば強い味方になりますので、生活しながら生涯の友を作り楽しい移住生活を送りましょう。

 

フランスへ移住するあなたに知ってほしい7つのお話!

1. 日本ほど便利で安全な国はない
2. 人種差別や外国人を嫌がる文化がある事を忘れない
3. せっかちな人には不向きなフランス移住
4. 一番わかりやすいフランス語を話す地域
5. フランス移住をするなら車の免許は必需品
6. 家族で仲良く出来る友達を作る
7. フランス移住生活は質素

 


あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!