イギリス人がファッションでこだわる6つのポイントとは?

イギリス人がファッションでこだわる6つのポイントとは?

ファッション雑誌のオシャレスナップ特集などで度々登場するイギリス。ヴィヴィアン・ウエストウッド、ポールスミス、アレキサンダー・マックイーン等イギリスは多くの有名なファッションデザイナーを輩出しており、バーバリー、アクアスキュータム等、多くの方が一度は耳にしたことのあるブランドもイギリス発祥です。また、ツイッギー、ケイトモスなど多くの女性がそのファッションやライフスタイルの虜になったトップモデルもイギリス出身です。今回は、常に最新のファッションを世界に発信しているイギリスのファッション事情、イギリス人のファッションへのこだわりについてご紹介します。



 

イギリス人がファッションでこだわる6つのポイントとは?

 

1. 女性はかわいらしさよりセクシーさを追い求める

日本人女性は常に年齢より若く見られることを意識しており、洋服を購入する際もかわいらしく見える服を選ぶ傾向がありますが、イギリス人の女性は常にセクシーさを追い求めています。身体のラインを強調する服を着ている人が多く、お店でも、例えばスカートなどはフレアースカートよりペンシルスカートと呼ばれるタイトスカートが多く販売されています。また一年を通して日本より涼しいイギリスですが、冬でも室内はとても温かいので、夏などの温かい時期はもちろんのこと、冬でもコートの下はノースリーブや背中の大きく開いたワンピースなどを着ている女性を多く見かけます。

 

2. アンティークやヴィンテージのものを愛用する

イギリスにももちろん流行はありますが、老若男女問わず、アンティークやヴィンテージのアクセサリーや洋服をとても大切にしています。(アンティークは作られてから100年以上経過しているもの、ヴィンテージは30年〜100年未満のものと言われています。なお30年未満のものはセカンドハンドと呼ばれます。)10代、20代の若い人たちも、自分の両親や祖父母からもらったバッグやアクセサリー、帽子などをうまく自分のコーディネートに取り入れています。日本でも最近は古着屋が増えてきていますが、イギリスにはとても多くのアンティークアクセサリーを扱うショップやヴィンテージの服を販売しているショップがあり、そのようなお店を利用される方がとても多いです。また各地で週末に開催されるマーケットでも多くのアンティークやヴィンテージのストール(お店)が出ており、そこでショッピングを楽しむ方も多くいます。

 

3. 日差しを楽しむ

イギリスは年間を通して日本より気温が低く、ロンドンでも真夏の最高気温が25度に届かないような気候のため、特に夏の期間は少しでも日差しが出ると、イギリス人は思いっきり日差しを楽しもうとします。日本では、特に女性の方は日焼けをしないように、手袋をはめたり、日傘をさしたりしますが、イギリスでは少しでも太陽が顔を出すと、女性も男性も上着を脱ぎ、タンクトップやキャミソール一枚になり、身体中で日差しを吸収しようとしているかのような光景をよく見かけます。

 

4. 好きなものを身につける

日本人は洋服を選ぶときに、男女を問わず、年齢を気にしたり、自分の欠点を隠そうする傾向があります。また他人からどう見えるか、などをとても気にするかと思います。イギリス人は、太めの体型でお腹が出ていたり、スタイルが悪くても、それを隠そうとせず、堂々と自分の好きな洋服を着ています。

 

5. アクセサリーなどをうまく活用する

オシャレなイメージのイギリス人ですが、よく観察していると、実は着ている服自体はとてもシンプルです。男性の場合は、ジーンズにシャツ、女性の場合は、シンプルなトップスとスカートやジーンズ、またシンプルなワンピース、を着ていることが多いです。最近は日本でもピアスをしている男性を多く見かけるようになってきましたが、イギリスでは女性のみならず男性でもピアスやブレスレット、指輪をしている方を多く見かけます。そのようなアクセサリーや帽子、スカーフなどの小物をうまく組み合わせて、シンプルな洋服を個性的に着こなしています。

 

6. ブランドものよりファストファッション

日本でも最近はファストファッションの人気が浸透しつつありますが、イギリスでもTOPSHOP、H&M、PRIMARKなどのファストファッションが大人気です。どのショップも朝から晩まで多くの人でにぎわっており、若い人に限らず、年配の方でもファストファッションをうまく利用していて、ショップ内で年配の方が買い物を楽しんでいる姿を見かけることも少なくありません。もちろんイギリスでも、ハロッズなどの有名百貨店に多くのブランド店が入っており、人気もあります。ただ、日本のように学生が有名ブランドのカバンや服を身に着けている姿はほとんど見かけません。特に若い方はファストファッションを中心に、先の項目で述べた通り、マーケットなどで見つけた掘り出し物のアクセサリーなどをうまく利用して、オシャレを楽しんでいます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
イギリス人は日本人に比べて、老若男女問わず、年齢や他人の目を気にせず、ファッションを楽しんでいます。もちろんイギリスでもダイエットの話題は常に雑誌や友達との会話でも持ち出されていますが、だからといってスタイルが悪くてもそれを隠そうとはせず、堂々と自分の着たい洋服を身につけています。また流行を追うばかりでなく、アンティークのアクセサリーやヴィンテージの服をうまくコーディネートに取り入れ、他の人と同じようなファストファッションの服がベースであっても、自分らしさを表すことが上手です。ファッションにおいて、TPOをわきまえることは重要ですが、ぜひみなさんもイギリス人のように自分らしさを表現できるファッションを思いっきり楽しんでください。

 

イギリス人がファッションでこだわる6つのポイントとは?

1. 女性はかわいらしさよりセクシーさを追い求める
2. アンティークやヴィンテージのものを愛用する
3. 日差しを楽しむ
4. 好きなものを身につける
5. アクセサリーなどをうまく活用する
6. ブランドものよりファストファッション



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!