台湾の天気・気温を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴

台湾の天気・気温を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴

東京から飛行機で約3時間でいける人気観光地、台湾。グルメや情緒あふれる街並み、現地の人々のあたたかい人柄など魅力満載の国です。そんな台湾の天気や気候について、あなたはどのぐらいご存じですか?今回は、台湾の四季の特徴、旅行にはあまり適していないシーズン、快適に旅行するためのコツをご紹介します。



 

台湾の天気・気温を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴

 

1. 四季がある台湾の気候

沖縄からほど近い台湾は沖縄同様、常夏の国だと思われがちですが、台湾にも四季があるのをご存じですか?基本的には1年のほとんどが温暖なのですが、日本より短いものの、春、秋、冬がそれぞれ短く存在します。また、北は亜熱帯気候、南は熱帯モンスーン気候と大まかに分かれており、南部の方が年間を通して比較的気温が高く、北部では冬の間は冷え込むこともあります。

 

2. 温暖で旅行しやすい春

日本と同様に、台湾でも過ごしやすい日が続くのでおすすめです。特に台北の3、4月の平均気温は20度前後、南部に位置する台湾第2の都市高雄では25度前後と過ごしやすく、降水量もまだ少なめなので外を歩いて観光をするのにぴったりの季節です。ただし、気温だけを見ると日本の春~初夏ぐらいの気候で快適かのように思われますが、湿度は日本よりもかなり高いことが特徴です。特に昼間は長袖1枚で快適に過ごせるぐらいの気温ですが、じめじめとしていて暑く感じることもあるので半袖も用意しておいた方が良いでしょう。

 

3. 猛暑と台風の夏

北部、南部共に最高気温が連日30度を超える台湾の夏は、昼間に外を出歩くには大変な季節です。初夏にあたる6月の台北では平均気温が30度を超えない日もあるので屋外観光もできますが、湿度がかなり高く汗をかきやすいので、こまめな水分補給を心がけましょう。その一方で、室内では寒いぐらいに冷房が強く効いていることが多いので、薄手の長袖を1枚携帯しておくと便利です。そして台風が近づくことが多くなりますので、天気予報はこまめにチェックしておきましょう。

 

4. 春同様に快適な秋

日本の秋は暑さがやわらいで旅行に最適な季節になりますが、台湾の場合、特に9、10月は最高気温が30度を超える日がまだまだあり、日本と同じような服装で行くと昼間はかなり暑く感じられるでしょう。一方、11月は春と同じように平均気温が20度前後になり、台風シーズンが終わり降水量も減ってくるので最も観光に適している時期だと言えます。

 

5. 台湾の冬は日本よりも暖かい?

平均最低気温が15度前後と、気温としては日本の冬よりも随分暖かいように思われますが、曇りや雨の日が多く、体感温度は実際よりも低めになるため、ダウンジャケットやマフラーなど、日本の冬と同じぐらいしっかりと厚着をしている人が多く見られます。そして、日本の冬と一番大きく違うところは何といっても湿度です。東京の冬の平均湿度は約40%なのに対し、台湾は冬でも80%、雨が続くと更に上がり、冬でもじめじめとしていることに変わりません。また、台湾中部の玉山や阿里山では平均気温が10度以下になり、特に標高の高い玉山では氷点下になることもありますので、しっかりとした防寒対策が必要になります。

台湾の冬で注意しなければならないのは、室内でも暖房があまり効いていないことです。一般家庭や公共交通機関には暖房がないことが多く、バスや電車に乗っても外と変わらないほど寒く感じられることもあります。日本のデパートや飲食店内では暖房がしっかりと効いているので薄着でも大丈夫ですが、台湾の場合は思ったよりも冷え冷えとしていることがよくあるので、コートの下にもしっかりと厚着をしておいた方が快適に過ごすことができるでしょう。

 

6. 台風シーズン

台湾旅行に最も適さない時期といえば台風シーズンでしょう。毎年の気象条件によってシーズンが始まる時期は変わりますが、日本より南に位置する台湾では台風が直撃することが多く、上陸が予想される場合には会社や学校が休みになってしまいますので、無理に観光に出かけることは避けるべきでしょう。また空の便の混乱も想定されますので、スケジュール通りの旅行ができなくなることも想定しておかなければなりません。

 

7. 快適に旅行するコツ

年間を通して日本よりもかなり湿度が高いので、夜は寝苦しくなりがちです。部屋では快適な睡眠が得られるようにエアコンを適切に使いましょう。ホテルによっては除湿器を設置しているところもあります。また、特に盆地にある台北では雨が多いので、常に折り畳み傘などの雨具を携帯しておくととても重宝します。

日本では蚊の季節といえば夏だけですが、日本より気温が高い台湾ではなんと、ほぼ一年中蚊がいるのをご存じですか?もちろん現地でも購入することができますが、普段から使っている虫よけグッズを持っていくと役に立つでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
台湾は日本より南に位置するため、一年中温暖だと思われがちですが、冬は晴れる日が少なく、室内の暖房もあまり効いていないため防寒着を用意しておくことが必要です。そして旅行に適しているのは初春と晩秋。降水量が比較的少なく平均気温が20度前後と、屋外での観光に適した気温になります。しかし、夏ごろの台風シーズンはスケジュールが乱れる恐れがあるので注意が必要です。これらの情報を役立てて、快適な台湾旅行を楽しんで来てくださいね。

 

台湾の天気・気温を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴

1. 四季がある台湾の気候
2. 温暖で旅行しやすい春
3. 猛暑と台風の夏
4. 春同様に快適な秋
5. 台湾の冬は日本よりも暖かい?
6. 台風シーズン
7. 快適に旅行するコツ



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!