上海で絶対行きたいおすすめ人気カフェ・レストラン8選!

上海で絶対行きたいおすすめ人気カフェ・レストラン8選!

(Pete Watters)

上海は世界各国から多くの人がやって来る中国で最も先進的な大都市です。カフェやレストランも数え切れない位たくさんあります。そんな上海で、おすすめのカフェ・レストランを絞り込むのは至難の業ですが、今回は、筆者独自の視点で厳選した8つの人気カフェ・レストランをご紹介します。

Mainichi Eikaiwa mid pc

 

上海で絶対行きたいおすすめ人気カフェ・レストラン8選!

 

1. モダンとレトロな上海が見渡せる絶景スポット”M on The Bund”

上海で絶対行きたいおすすめ人気カフェ・レストラン8選!M on The Bund

(hjw223)

このお店を外す訳には行きません。新旧の上海を見渡せる眺望が抜群な場所だからです。黄浦江の西側に立ち並ぶ租界時代の石造りの洋館と、川の向こう側に広がる未来都市の様な高層ビル群の対比に圧倒されます。自らも外灘5号という古い洋館の7階に位置しています。カフェ、レストラン、バーの三要素が、モダンとレトロで調和しています。昼間の清々しい眺望、夜のライトアップされたパノラマ、どちらもおすすめです。

・お店の名前:M on The Bund
・おすすめ料理:アフタヌーン・ティー 188元
・営業時間:11:30~14:30(土日~15:00)、18:00~22:30
・料金の相場:200-300元
・住所:黄浦区广东路20号外滩5号7楼
・Wi-Fi有無:不明
・日本語メニュー有無:無

 

2. フランス流中国茶のお店 ”宋芳茶館” (ソン・ファン・チャーグァン)

上海で絶対行きたいおすすめ人気カフェ・レストラン8選!宋芳茶館

(SimonQ錫濛譙)

パリで高級ブランドにお勤めだったフランス人女性オーナーが開いた可愛らしい中国茶館です。1階が茶葉や茶器の売り場で、2階と3階が中国茶館になっています。お店のブランドカラーになっているのが鮮やかな水色。店内に入ると、茶葉を入れる水色の缶がぎっしり並んでいます。

旧フランス租界の古い住宅をお店にしているので、ほっとするひと時を過ごす事ができます。店内で飲む中国茶は本格的な工夫茶。旧租界地で、中国らしさと西洋らしさを味わえるお店です。

・お店の名前:宋芳茶馆
・おすすめ料理:各種中国茶とクッキーアソート (30元〜)
・営業時間:11:00〜19:30
・料金の相場:100元
・住所:徐汇区永嘉路227号
・Wi-Fi有無:無
・日本語メニュー有無:無

 

3. 公園脇に佇む骨董に満ちたカフェ ”古董花園” (グー・ドン・ファーユェン)

上海で絶対行きたいおすすめ人気カフェ・レストラン8選!古董花園

(SimonQ錫濛譙)

市内中心部に位置する复兴公园の西側を南北に通る思南路。落ち着いた佇まいのこの辺りは、のんびり待ち歩きに最適。”骨董の花園”という意味でネーミングされたこのお店は、思南路に面したAntique Garden Shanghaiというサブネームを持つレトロなカフェです。

煉瓦造りの外環、アンティーク家具やディスプレーに満ちた店内は、上海レトロ感満点。夜遅くまで営業しているので、夕食後のひと時を過ごすにも最適な場所です。

・お店の名前:古董花園
・おすすめ料理:芝士蛋糕(チーズケーキ)45元
・営業時間:11:00-23:30(土日は24:30)
・料金の相場:100元
・住所:卢湾区思南路44号
・Wi-Fi有無:有
・日本語メニュー有無:無

 

4. 不思議な仕掛けが楽しい ”穹六人间” (チョン・リュー・レンジェン)

知る人ぞ知るお店。実は筆者的には正直あまり教えたくない店の一つですが特別公開です。ロケーションも目立たず、通りからお店も目立たず、店の前まで行ってもどうやって入るのかわからないという、不思議なお店です。

玄関口右横にある金属製のオブジェの切り込みに手を入れると、センサーでドアが開くという仕掛けになっています。店内も、トイレがどこにあるのかわからなかったり、遊び心に満ちています。シンプルなインテリアで、スノッブな雰囲気を楽しめます。ランチセットがお得です。

・お店の名前:穹六人间
・おすすめ料理:橙汁排骨(豚スペアリブのオレンジ煮)68元
・営業時間:11:30-14:00 18:00〜24:00
・料金の相場:200-300元
・住所:徐汇区岳阳路150号
・Wi-Fi有無:不明
・日本語メニュー有無:無

 

5. 超高層ホテルの空洞の底にあるカフェ ”Grand Hyatt Shanghai Patio Lounge”

上海で絶対行きたいおすすめ人気カフェ・レストラン8選!Grand Hyatt Shanghai Patio Lounge

(shanghai.grand.hyatt.com)

未来都市の様に、摩天楼が聳える浦東新区。世界最高層の称号は譲った88階建ての金茂大厦の53階から87階に位置するグランド・ハイアット上海。世界展開するハイアット・ホテルの上海における基幹ホテルです。中心部分が円形で空洞になっている事で知られ、その円形空洞部分の外周に客室が配置されています。

円形空洞部分と客室の間は、円形の回廊になっているのですが、高層階の回廊から下を覗くと、目が回る様に階下の回廊が連続し、その底にカフェが見えます。そのカフェが、ホテル56階にある”Patio Lounge”です。上海の最先端ホテルの、見上げると空想都市の様な円形の回廊の筒の底で、ホテル珈琲で寛ぐのは如何でしょうか。

・お店の名前:Grand Hyatt Shanghai Patio Lounge
・おすすめ料理:Daily Afternoon Tea set.
・営業時間:11:30-23:00(金土日11:30-24:00)
・料金の相場:200元
・住所:浦東新区浦東世紀大道88号金茂大厦56階
・Wi-Fi有無:有
・日本語メニュー有無:無

 

6. 公園の水辺に建つエキゾチックな ”Barbarossa”

上海で絶対行きたいおすすめ人気カフェ・レストラン8選!Barbarossa

(JULIAN MASON)

上海市の中心に位置する人民公園。市政府に隣接する文字通り上海の中心地にある公園です。日本で言えば、東京の日比谷公園の様な、上海市民の憩いの場所です。鬱蒼とした樹々の公園の一角には池があります。その水辺に建つ摩訶不思議な建物がBarbarossaです。

意外性のある立地と、無国籍な雰囲気からか、駐在欧米人が多いのも特徴です。ブランチ、珈琲、エスニックな料理、夜はバーと、一日の中で表情が変わります。深夜2時まで営業しており、週末は中国とは思えない程、多国籍で現代的なクラブの雰囲気が楽しめます。

・お店の名前:Barbarossa
・おすすめ料理:Moroccan Tajine(モロッコ風タジン)
・営業時間:11:00-翌2:00
・料金の相場:200-300元
・住所:黄浦区南京西路231号人民公園内人工湖
・Wi-Fi有無:
・日本語メニュー有無:無

 

7. 得和茶館 (ドゥ・ホー・チャーグァン)

折角中国に来たのなら、本格的中国茶を楽しまない手はありません。しかし、茶所ではない上海では、本格的中国茶の茶館の存在は余り目立ちません。昨今は、スターバックス等、欧米系のカフェが流行しているので、伝統的な中国茶館が埋没している感があります。筆者は中国茶通なので、上海に行くと必ず足を運ぶ茶館があります。本当は教えたくない隠れ家なのですが、思い切ってご紹介してしまいましょう。

こんな場所に本格的な中国茶館があるとは普通想像しない卢湾区体育場の総合棟ビルの二階に所在しているので、とても穴場です。中国茶をお奨めしたい最大の特徴は、何杯も飲み続けられる事。日本茶と違って好い茶葉の場合10煎以上飲む事も可能です。この茶館に限らず、中国茶館では、お湯のお替りは自由なので、茶葉の味覚が続く限り、いつまでも飲み続ける事ができるのが、最大の楽しみです。

また、お茶請けという、各種お菓子や点心が食べ放題で、お茶の値段に含まれています。このお店では、果実、豆類、お菓子、点心、炒飯や炒め物、餃子や小龍包等、見た感じ100種類以上の食べ物がビュッフェ形式で並んでいるので、好きなものを好きなだけ食べる事ができます。筆者は上海に着いた当日は、夕方必ずこの茶館に脚を運んでお茶を楽しみ、お腹がすいて来たら、焼きソバや点心等をほおばり、フルーツを食べ、深夜まで過ごします。お茶代だけで、本格中国茶と食べ物を楽しめるので、とてもお得です。

ちなみにお茶は、茶盤の上に、茶壷、茶海、茶漉し、茶杯が載って来て、各自で淹れて飲みます。飲み方がわからない場合は、店員さんが最初だけ教えてくれますので、その後は真似て飲んで下さい。店内はとても広く、テーブル席から様々なインテリアの個室まで用意されていて、上海市民が思い思いに一日中楽しんでいます。体育センターのビルの中とは思えない位、重厚な中国家具やインテリアも見ごたえがあります。

・お店の名前:得和茶館
・おすすめ料理:各種中国茶と点心
・営業時間:9:00~16:30、17:30~翌1:00
・料金の相場:200元
・住所:卢湾区建国西路135号2階
・Wi-Fi有無:無
・日本語メニュー有無:無

 

8. 日本のホテル・オークラが運営するオーソドックスなホテル・ラウンジ ”オアシス”

上海で絶対行きたいおすすめ人気カフェ・レストラン8選!オアシス

(gardenhotelshanghai.com)

かつてフランス租界時代に建築されたフランス倶楽部の洋館と庭園を踏襲し、ビル棟を増築してホテル化した、日本のホテル・オークラが運営する本格的ホテルである上海花園飯店。世界の要人も多数宿泊している事でも知られる、上海で最も歴史と伝統と格式を誇る高級ホテルです。その一階にあるのがカクテル・ラウンジ”オアシス”です。

三階までの吹き抜け構造は、明るさと解放感に溢れ、旧フランス租界の午後のひと時を優雅に過ごす事ができます。ペニンシュラ・ホテルに代表されるハイティーセットがおすすめです。オーソドックスなホテルカフェで、寛ぎの上海タイムはいかがですか?

・お店の名前:オアシス
・おすすめ料理:オークラガーデンハイティーセット(328元/2人様)
・営業時間:8:00-23:00
・料金の相場:100-200元
・住所:黄浦区茂名南路58号
・Wi-Fi有無:有
・日本語メニュー有無:有

 

まとめ

いかがでしたか?
世界中から多くの人たちが集まる上海には、魅力溢れる飲食店が多数存在しています。その中から8つに絞るのは至難の業でしたが、筆者の好みで、それぞれに違う趣のカフェ・レストランをご紹介してみました。観光ガイドブックには余り登場していないお店ばかり(8を除く)ですので、穴場だと思います。上海に行かれる機会があれば、ぜひ足を運ばれてみて下さい。

 

上海で絶対行きたいおすすめ人気カフェ・レストラン8選!

1. モダンとレトロな上海が見渡せる絶景スポット”M on The Bund”

2. フランス流中国茶のお店 ”宋芳茶館” (ソン・ファン・チャーグァン)

3. 公園脇に佇む骨董に満ちたカフェ ”古董花園” (グー・ドン・ファーユェン)

4. 不思議な仕掛けが楽しい ”穹六人间” (チョン・リュー・レンジェン)

5. 超高層ホテルの空洞の底にあるカフェ ”Grand Hyatt Shanghai Patio Lounge”

6. 公園の水辺に建つエキゾチックな ”Barbarossa”

7. 得和茶館 (ドゥ・ホー・チャーグァン)

8. 日本のホテル・オークラが運営するオーソドックスなホテル・ラウンジ ”オアシス”

 

Mainichi Eikaiwa bottom pc

あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!

The following two tabs change content below.
扇ガ谷道房

扇ガ谷道房

家族で中国に駐在しておりました鎌倉在住のコンサルタントです。サッカー観戦、楽器演奏、腕時計収集、帽子、海外旅行、街歩きが趣味のおじさんです。中国に関するコンサル、講演、執筆、ガイド等も承ります。生身の中国を是非多くの皆さんに知って頂きたい想いでお仕事させて頂いております。どうぞ宜しくお願い致します。