パラグアイの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

パラグアイの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

(María Eugenia Lujan)

南米の桃源郷ともいわれるパラグアイでは、のどかな風景が広がっています。そんな素敵なパラグアイを旅行する時、天気はどんな特徴を持っているか気になりますよね。いつも暑いイメージのパラグアイですが、実は冬季と夏季があり、筆者がパラグアイを訪れた時は大変な経験をしたこともあります。そこで今回は、パラグアイの天気の特徴や、旅行前に知っておくべき大切なことなどをご紹介します。




 

パラグアイの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

 

1. パラグアイはどこにある?

パラグアイは南アメリカの中央南部に位置しており、ブラジルとアルゼンチン、そしてボリビアに囲まれている内陸国です。パラグアイはリオ・デ・ラ・プラタ盆地を形成しているパラグアイ川にちなんで命名されました。このパラグアイ川によって二つの地域に分かれています。東部地方は湿地帯で、壮大な草原や湖、そして深い森からなっており、人口はこの東部地方西南部に集中しています。

西部地方は大きな平原に無数の川が流れており、人口密度が低いことから多くの野生生物が生息しています。

 

2. パラグアイの天気の特徴

南半球にあるパラグアイは日本とは正反対の気候で、日本が夏の時にはパラグアイは冬になります。パラグアイの気候は亜熱帯性で平均気温は17~24.5℃ですが明け方や雨上がりなどは気温が一気に下がることもあり温度差が激しいです。赤道から南下する熱風と、パタゴニアの方から北上する寒風がパラグアイ上空でぶつかりあうためだと言われています。

 

3. パラグアイの季節は?

日本がでは冬にあたる11月から3月にかけては夏季で、高温多湿となり、時には40℃を超えることもあります。クリスマスやお正月シーズンはみな半袖で過ごし日本とは違った過ごし方をします。また日本では「春は桜」というイメージがありますが実はパラグアイにも「ラパチョ」と言われる桜に似た気があります。花の形は違うのですがパラグアイでは春になると「ラパチョ」の街路樹がピンクと白の花を咲かせ、まるで桜のように美しい姿をみせます。パラグアイでは冬にあたる5月から8月は気温も下がり過ごしやすい季節です。

 

4. 夏の季節

パラグアイの夏は11月から3月にかけて非常に暑くなる季節です。特に平均気温34℃で非常に気温が高く観光するには厳しい天候でしょう。暑い日には40℃以上になることがあり、日中に外を歩くと汗が止まらないほどムシムシして暑いので、あまり観光には適していないシーズンです。もし夏の時期に旅行をされるのであれば、熱中症にならないよう水分補給など十分な注意が必要です。

筆者は2月のかなり暑い時期にパラグアイに訪れたのですが、じりじりとした太陽が照り付けていました。日中、町散策のために外を歩きましたが5分歩くだけで暑さのためヘトヘトに疲れていました。また夜もじめじめとして非常に寝苦しかったので暑さ対策は各自で必要だと感じました。女性は紫外線対策として日焼け止めや、帽子など日焼け対策も怠らないように注意が必要です。

パラグアイ人はよく木の陰で冷たいマテ茶のテレレを飲みながら休憩しています。疲れたらぜひ現地の人と一緒に木陰で休んでくださいね。

 

5. 冬の天気

冬は5月から9月ですが昼間の平均気温を見ると5月は25℃そして9月は26℃ほどと温暖で非常に過ごしやすい季節です。ただ冬の時期は17時ぐらいにはもう暗くなってしまうので、観光の際は暗くなる時間帯を考えながら行動することをおすすめします。平均降水量は他の季節よりも少なく、観光しやすい季節といえます。昼の温度は平均24℃ですが夜は13℃ほどまで下がり温度差があります。

 

6. ベストシーズンはいつ?そしてその時期に開催されるイベントとは?

パラグアイ旅行には冬にあたる5月から8月が最適です。ただ、夜の寒さのために防寒具も用意しておく必要があります。ベストシーズンの7月にはパラグアイを代表する伝統民芸品「ニャンドゥティ」のお祭りがイタグア村で開催されます。首都のアスンシオンからは少し遠いですが、繊細な手編みレースの製品の展示や伝統舞踊なども披露されるため、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

10月は少し暑くなりかけた頃ですが、世界アルパフェスティバルガ開催され世界中のアルパ奏者達が200名以上集まり演奏を披露するのでこちらも見どころです。

 

7. パラグアイで必要なもの

過ごしやすい冬にパラグアイへ旅行する際でもジャケットなどの羽織ものがあれば便利です。昼と夜には温度差があるため朝晩は冷え込んだり、ホテルやレストランなど冷房が効いたりして、寒すぎることがあります。温度差は激しいほど体調は崩しやすくなりますので、無理な行動は控え、観光していても多く休憩をしてこまめに水分補給を行ってください。

また蚊を媒介してデング熱などが流行っているため、蚊よけスプレーやかゆみ止めを持参するといいでしょう。

 



まとめ

いかがでしたか?
パラグアイにはたくさん歩いたりするような観光地や遺跡があるわけではありませんが、どうしても旅行に来ると外を歩くことが多くなるため、なるべく高温になる夏季は避けたほうがよさそうです。また比較的涼しい冬季でも寒くなることもありますので羽織るものを忘れないようにしてくださいね。楽しくパラグアイ旅行ができるよう季節に配慮しながら旅行の計画を立ててみてください!

 

パラグアイの天気を徹底調査!旅行前に知りたい7つの特徴!

1. パラグアイはどこにある?
2. パラグアイの天気の特徴
3. パラグアイの季節は?
4. 夏の季節
5. 冬の天気
6. ベストシーズンはいつ?そしてその時期に開催されるイベントとは?
7. パラグアイで必要なもの

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!