オランダのインフルエンザや風邪にまつわる6つの豆知識!

オランダのインフルエンザや風邪にまつわる6つの豆知識!

(Bert Kaufmann)

中欧の北部に位置するオランダ。南アルプスから遠いため、首都アムステルダムなどは比較的冬でも暖かい気候です。夏も日本ほど暑くならないので、一年を通すと日本ほどの寒暖差はありません。そんなオランダですが、風邪やインフルエンザが日本と同じように流行します。

今回は、オランダで流行る病気やその治し方など、オランダで病気になったときに役に立つ情報をご紹介します。




 

オランダのインフルエンザや風邪にまつわる6つの豆知識!

 

1. 風邪は季節の変わり目に流行る

日本と同じように、風邪は季節の変わり目に流行します。季節の変わり目と言っても、オランダは夏の気温がそこまで高くなく湿気もありません。暑い日でも29度になるくらいです。また、冬も同じ中欧のドイツやオーストリアに比べて北部は暖かく、冬でも8度程度。日本ほど季節の寒暖差が大きくはありません。日本でいう秋にはすでに寒い、春はまだ肌寒いなど、季節の変わり目がはっきりしていません。この緩やかな季節の変わり目に油断して風邪が流行することが多いようです。

 

2. 冬にはインフルエンザが流行

オランダは一年を通して乾燥しているため、ウイルスが繁殖しやすくなります。特に、冬の気温が低い時期には、日本と同じようにインフルエンザが流行します。オランダだけでなくヨーロッパでは、インフルエンザに限らず、少しでも体調が悪いときは学校や会社を休むのが礼儀。特に無理して出て行って、インフルエンザだったなどということになると、かなりマナー知らずの人間だと思われます。オランダで病気になったら働くのを潔く諦め家で治療しましょう。

 

3. マスクはしない文化

アジア以外の欧米諸国を通して言えることですが、風邪をうつさないように、風邪の予防にマスクをするという文化はありません。したがって、日本の電車でマスクをしている姿や、中国で空気が悪くてマスクしている姿はかなり特異に見えているようです。欧米でマスクをしていると、物凄く重い感染症を疑われかねません。マスク文化がないこともあり、体調が悪ければすぐに仕事や学校を休むのが普通とされています。また、マスクをしてないことにより風邪やウイルス性の病気が感染しやすいという面もあるようです。

 

4. 風邪を治すならとにかくビタミン

オランダでもし病院にかかったとしても、日本のような抗生物質など強力な特効薬をもらえるとは限りません。時にはビタミン剤を出されて終わることも。オランダでは、風邪や体調不良のときはとにかくビタミンを摂ります。ビタミン剤専門店やスーパーマーケット、ドラッグストアなどには飲むタイプや噛むタイプ、様々なビタミン剤が売られています。風邪のときは日本人がおかゆを食べるように、ビタミンを摂るオランダ人。特にお湯に溶かす錠剤のビタミン剤が人気のようです。ビタミン剤だけでなく、果物でビタミンを摂る、ハーブティーを飲むなども一般的なようです。

 

5. 風邪なのに安静にしない!?

ヨーロッパの広域で見られる、日本人にとって奇妙な点は、風邪を引いても安静にしていないこと。風邪っぽいからずっと寝ているべきという日本人にとっての常識はオランダでは非常識になりかねません。オランダでは、「風邪を引いたから散歩する」と外に出て行く人も多くいます。これは、壁の分厚く空気のこもりやすい室内ではなく、外に出て新鮮な空気を吸った方が、風邪が治るという考え方によるもの。もちろんインフルエンザなど高熱が出たらさすがに散歩できませんが、散歩も立派な病気の対処法のようです。オランダでは風邪の予防として散歩することも多く、「新鮮な空気、野菜や果物、睡眠」が代表的な風邪予防となっています。この面では、何かとサプリメントや薬に頼りがちな日本人より健康的かもしれませんね。

 

6. 薬はもらいやすいシステム

日本とオランダの医療で大きく異なる点は、医薬分業である点。オランダでは、薬は処方箋を持っていれば、薬局で購入することができます。処方薬の再購入の際、医師の再受診が必要でなく、電話などで医師に事前連絡をしておけば、処方箋を持参することなく購入可能です。日本よりも薬をもらいやすい環境です。ちなみに、オランダはホームドクター制が一般的。日本のように色々な病院にかかることは少なく、主治医がいるのが普通です。オランダに長期滞在するのであれば、日本語や英語で対応してくれる主治医をあらかじめ探しておく必要があります。

 

まとめ

いかがでしたか?
オランダの医療システムは効率的で合理的。ですが、薬は西洋人用に出来ているため、日本人が服用して効かない場合、効果が強すぎる場合もあります。また、単なる風邪ぐらいだと薬よりはビタミン剤を処方されることも多いため、日本の感覚とかなり異なる点も多いようです。人によっては、日本で風邪を引くよりオランダで引いてしまった方が長引く可能性も。オランダ長期滞在の際は、日本の常用薬を持っていくことをおすすめします。Beterschap!(早く良くなってくださいね!)

 

オランダのインフルエンザや風邪にまつわる6つの豆知識!

1. 風邪は季節の変わり目に流行る
2. 冬にはインフルエンザが流行
3. マスクはしない文化
4. 風邪を治すならとにかくビタミン
5. 風邪なのに安静にしない!?
6. 薬はもらいやすいシステム

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!