お疲れ様です等ビジネスで使える超便利ヒンディー語10フレーズ!

お疲れ様です等ビジネスで使える超便利ヒンディー語10フレーズ!

インドのビジネス現場ではオフィスでのコミュニケーションはヒンディー語、文書やメールでは英語が使われています。筆者もそんな中、メールや書類等は英語、会話はヒンディー語という環境で長年仕事をしていました。

以前、仕事終わりに「お疲れ様です」とインド人スタッフに声を掛けた際「お疲れ様ってどういう意味?」と聞かれました。日本語に込められた意味を考え説明をしたことを思い出します。インドにない挨拶ですが、長年仕事をしていくうちにインド人スタッフも自然と使うようになり、今では「お疲れ様でした」と言って会社をあとにします。

そこで今回は、ビジネスの現場で使われるビジネスフレーズをヒンディー語でご紹介します。

 

お疲れ様です等ビジネスで使える超便利ヒンディー語10フレーズ!

 

1. काम की तकलीफ के लिये धन्यवाद / カーム キ タクリーフ ケ リエ ダンニャワード / お疲れ様です(あなたの仕事の努力にありがとう)

तकलीफ / タクリーフ=苦労という意味です。“お疲れ様”はお仕事ご苦労様という意味合いで使われますよね。仕事の苦労を労う意味で“仕事の苦労にありがとう”というヒンディー語で表現してみました。インドでは特に日本語のお疲れ様のように使うフレーズはなく、“Thank you !”や”धन्यवाद / ダンニャワード”で伝えています。

なお、ヒンディー語のありがとうは「ありがとうをヒンディー語で言おう!超便利15フレーズ!」に詳しく特集していますので、合わせて一読ください。

 

2. हमेशा सेवा करने के लिए धन्यवाद / ハメシャー セワー カルネー ケ リエ ダンニャワード / いつもお世話になっております

サンスクリット語から由来するヒンディー語のसेवा / セーワーは、奉仕、力添え、世話の意味を持ち、日本語の世話の語源ともいわれています。सेवाはアルファベット表記はsevaセヴァと表記しますが、ヒンディー語のवはwワと発音します。

類似表現:हमेशा आपकी मदद के लिए धन्यवाद / ハメシャー アアプキ マダド ケ リエ ダンニャワード / いつもあなたの手助けに感謝します

 

3. आपसे मिलकर अच्छा लगा / アープセ ミルカル アチャー ラガー / あなたにお会いできて嬉しいです(よろしくお願いします)

はじめまして、よろしくお願いしますのシーンでNice to meet youの意味で良く使う表現です。これから一緒に働く相手に対してのよろしくお願いしますとしては、“一緒に働くことにワクワクしています”の意味で मैं आपके साथ काम करने के लिए उत्साहित हूँ / マェイン アープケ サート カーム カルネー ケ リエ ウトゥサーヒト フン が良いでしょう。メールの文末で“よろしくお願いします”のような決まったフレーズとしては सादर / サーダルが使われます。

なお、ヒンディー語の挨拶は「インド旅行で必ず使う便利なヒンディー語(インド語)あいさつ20選」にまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

 

4. हलो / ハロー / もしもし

電話口での“もしもし”は英語と同様にハローが使われます。

 

5. क्या आपसे बात कर सकता(सकती ) हूँ? / キャアープセ バート カル サクター(サクティー) フン / ご相談させてください(あなたとお話することができますか?)

ちょっと話しをしたい、相談をしたいという時に良く使います。男性はसकता / サクタ―、女性は सकती / サクティーと変化します。

他の表現として英語のdiscusを使って मैं आप के साथ कुछु डिसकस करना चाहता(चाहती) हूँ / マェイン アープケ サート クチュ ディスカッシュ カルナー チャハター(チャハティー) フン“私はあなたとちょっと議論をしたい”と言うこともできます。

 

6. मैं सब लोगों की खुशीयाँ आशा करता(करती) हूँ / マェイン サブ ローゴン キ クシヤーン アシャー カルター(カルティー) フン / 皆様のご多幸を心からお祈りしております

खुशीयाँ / クシヤーンは खुशी / クシー / 幸せ の複数形。आशा / アーシャー は願うの意味。友人などに1人の相手に対して“あなたの幸せを願ってます”は मैं आप की खुशीयाँ आशा करता(करती) हूँ / マェイン アープ キ クシヤーン アシャー カルター(カルティー) フンになります。手紙の文面や別れ際によく使えるフレーズです。

 

7. मैं समझ गया (गई ) / マェイン サマジュ ガヤー(ガイー) / 承知しました

समझ गया (गई ) / サマジュ ガヤー(ガイー)はunderstood、理解したという意味で使います。気軽に“わかった”“OK”と伝えるときはठीक है/ティーク ヘイをよく使います。

 

8. आपकी व्यस्त के समय माफ कीजिए… / アープ キ ビヤスト ケ サマイ マーフ キージエ… / お忙しいところ恐縮ですが…

व्यस्त / ビヤスト=忙しいの意味。माफ कीजिए / マーフ キージエ=ごめんなさい。インドの基本的なカルチャーとして遠慮という言葉はあまり似合いません。ごめんなさいもあまり言いません。忙しくても忙しくなくとも対応してくれるのがインド人ですね。

 

9. ऐसी बात नहीं थी / エーシー バート ナヒーン ティー / そういうつもりではありませんでした(誤解を解くために)

そういうこと ऐसी बात / エーシー バートではありませんでしたという表現です。似た表現でऐसा मतलब नहीं है / エーサー マトラブ ナヒーン ヘイ=そういう意味ではありませんという表現もできます。बातは女性名詞、मतलबは男性名詞のため、ऐसी 、ऐसाと変化します。

 

10. मैं आपसे दिल से माफ़ी मांगना चाहता हूँ बहुत माफ़ कीजिए / マェイン アープセ ディルセ マーフィー マングナー チャハター フン バホット マーフ キージエ / 大変申し訳ありませんでした(私は心からお詫び申し上げます)

親しい間柄や友達同士で気軽に“ごめんなさい”という時はSorryや मुझे माफ़ करो / ムジェ マーフ カローを使います。また、インドで謝る際によく使うジェスチャーとして親指と人差し指で自分の耳たぶを挟んで कान पकड़ो / カーン パカロー(耳を挟んでの意味)で“ごめんなさい”を意味します。言葉なくても耳たぶを挟むだけで謝罪を表現できます。

 

まとめ

いかがでしたか?
日本語のビジネスフレーズにはとても相手に敬意を示し、心遣いや思いやる気持ちが込められている気がします。ヒンディー語では使わないフレーズもありますが、インドと関わりお仕事をされている日本人の方、日本と関わりお仕事をされるインド人の方にご参考頂けたら幸いです。現在多くの日系企業がインドへ進出され、現地の方々と一緒にお仕事をされています。ヒンディー語の一言で、相手との良い関係が築けること願っております。

 

お疲れ様です等ビジネスで使える超便利ヒンディー語10フレーズ!

1. काम की तकलीफ के लिये धन्यवाद / カーム キ タクリーフ ケ リエ ダンニャワード
お疲れ様です(あなたの仕事の努力にありがとう)

2. हमेशा सेवा करने के लिए धन्यवाद / ハメシャー セワー カルネー ケ リエ ダンニャワード
いつもお世話になっております

3. आपसे मिलकर अच्छा लगा / アープセ ミルカル アチャー ラガー
あなたにお会いできて嬉しいです(よろしくお願いします)

4. हलो / ハロー
もしもし

5. क्या आपसे बात कर सकता(सकती ) हूँ? / キャアープセ バート カル サクター(サクティー) フン
ご相談させてください(あなたとお話することができますか?)

6. मैं सब लोगों की खुशीयाँ आशा करता(करती) हूँ / マェイン サブ ローゴン キ クシヤーン アシャー カルター(カルティー) フン
皆様のご多幸を心からお祈りしております

7. मैं समझ गया (गई ) / マェイン サマジュ ガヤー(ガイー)
承知しました

8. आपकी व्यस्त के समय माफ कीजिए… / アープ キ ビヤスト ケ サマイ マーフ キージエ…
お忙しいところ恐縮ですが…

9. ऐसी बात नहीं थी / エーシー バート ナヒーン ティー
そういうつもりではありませんでした(誤解を解くために)

10. मैं आपसे दिल से माफ़ी मांगना चाहता हूँ बहुत माफ़ कीजिए / マェイン アープセ ディルセ マーフィー マングナー チャハター フン バホット マーフ キージエ
大変申し訳ありませんでした(私は心からお詫び申し上げます)

 


あなたにおすすめの記事!